通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫 – 2014/6/20

5つ星のうち 4.6 66件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 675
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 540
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 文庫 (上)(下)セット』

セット買いは こちら




click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

整理整頓好きの青年が図書館司書である確率は高い? 30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか? はたしてあなたは合理的に正しい判断を行なっているか、本書の設問はそれを意識するきっかけとなる。人が判断エラーに陥るパターンや理由を、行動経済学・認知心理学的実験で徹底解明。心理学者にしてノーベル経済学賞受賞の著者が、幸福の感じ方から投資家・起業家の心理までわかりやすく伝える。

出版社からのコメント

松井彰彦氏(東京大学経済学部教授)
人間は必ずしも合理的でない。では、どう合理的でないのか。
本書を片手に、人間のファストな「直感」とスローな「論理」を科学しよう。

森山和道氏(サイエンスライター)
自分の心が思いどおりにならない理由は何だろうか。
意思決定のメカニズム、心の成り立ちを知りたい全ての人に。

西内啓氏(統計家/『統計学が最強の学問である』著者)
本書を読めば新たな視座から、人間を、そして自分自身を理解出来るようになるだろう。

柏野雄太氏(バクフー代表取締役)
職業人がより良い意思決定をするための実践的指南書。
バイアス研究の世界的権威が噛み砕いて伝授!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 早川書房 (2014/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504105
  • ISBN-13: 978-4150504106
  • 発売日: 2014/6/20
  • 梱包サイズ: 15.6 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 66件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
心理学・行動経済学を研究している著者が書いた本ですね、過去に
東大で販売された月間書籍のうち、1位を取ったこともある本のようです。

人間が目の前で起こった事象からどのような思考回路で判断を下すか、
思考のプロセスを数々の研究とともに紹介されています。

正直、かなり勉強になります。

本書のサブタイトル通り、人間が行う意思決定のプロセスが分かります。

頭の意思決定のパターンは

①自動で素早くこなすパターン(本書ではシステム1)
②じっくり考えて決定するパターン(本書ではシステム2)

の2種類のパターンで構成されていることから始まります。

基本的に①で自動的に意思決定(判断)されていて、①では素早くこたえを
出せないときや①の判断が疑われる場合は②のシステムが働きだす
と言うのが人間の意思決定の基本原理であると言われています。

例えば、

1.5×4の答えは?
  ・・・このような簡単な事象や計算であれば、システム1が自動的に計算する。

2.72×58の答えは?
  ・・・このような考えないといけない事象
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私流にこの本の主旨を述べると「直感と熟慮の対決」ということになる。
直感を著者は「Fast thinking」早い考えとし、これを「システム1」
と名づけた。熟慮は「Slow Thinking」遅い考え、名前は「システム2」である。

人間はさまざまな直感に影響されて、誤りを犯す。
有名な「リンダ問題」を作ったのも著者である。

「リンダは31歳の独身女性。外交的で大変聡明である。専攻は哲学だった。
 学生時代には差別や社会正義の問題に強い関心を抱いていた。
 また、反核運動に参加したこともある」
「リンダは次のうちどちらの可能性が高いか」

・リンダは銀行員である。
・リンダは銀行員で、フェミニスト運動の活動家でもある。

おそらく人は(・リンダは銀行員で、フェミニスト運動の活動家でもある)
という後者を選ぶだろう。
その判断基準は直感「Fast thinking」「システム1」によっている。
心理学的にいうとこれをヒューリスティクスという。
ヒューリスティクスとは、「困難な質問に対して、適切ではあるが、
往々にして不完全な答を見つけるための単純な手続き」と定義される。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
行動経済学の基本を網羅的に正しく理解できる書籍だと思います。
これまで読んできた、マーケティング、消費者行動論などの書籍では網羅できていなかった、
消費者の心理的な部分を論理的に説明してくれている良書でした。
消費者の購買について考えることが多いお仕事についていらっしゃる方、営業職の方などには、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 今さらと言われそうですが、読んでみました。
 大枠の考え方はいろんな紹介文でつかんでいたつもりでしたが、やはりこの上下2巻に直接当たれば、相応に理解は深まりました。
 それにしても帯、凄いですね。文庫の上下巻とも、デカデカと「東大でいちばん読まれた本/東大生協本郷書籍部2014年9/1~9/30/1位」と印刷されています。

 で、面白かったんですが、やはり気になるのがシステム1とシステム2という概念。
 著者が提示する最初の定義は、文庫上巻p41にある。
システム1=自動的に高速で動き、努力はまったく不要か、必要であってもわずかである。また、自分のほうからコントロールしている感覚は一切ない。
システム2=複雑な計算など頭を使わなければできない困難な知的活動にしかるべき注意を割り当てる。システム2の働きは、代理、選択、集中などの主観的経験と関連づけられることが多い。

 ところが一方、著者はこの2つのシステムについて、「はっきりと、これらが架空のキャラクターであることを言っておかねばならない。システム1と2は、相互作用する部品から構成されたシステムという一般的な意味でのシステムではないし、どちらのシステムも脳のどこかに属しているわけではない」(上巻p57)、「架空のシステムを設定することで、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー