¥ 907
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫 – 2014/6/20

5つ星のうち 4.6 56件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 87,579 ¥ 826
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1,083

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
  • +
  • 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

整理整頓好きの青年が図書館司書である確率は高い? 30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか? はたしてあなたは合理的に正しい判断を行なっているか、本書の設問はそれを意識するきっかけとなる。人が判断エラーに陥るパターンや理由を、行動経済学・認知心理学的実験で徹底解明。心理学者にしてノーベル経済学賞受賞の著者が、幸福の感じ方から投資家・起業家の心理までわかりやすく伝える。

出版社からのコメント

松井彰彦氏(東京大学経済学部教授)
人間は必ずしも合理的でない。では、どう合理的でないのか。
本書を片手に、人間のファストな「直感」とスローな「論理」を科学しよう。

森山和道氏(サイエンスライター)
自分の心が思いどおりにならない理由は何だろうか。
意思決定のメカニズム、心の成り立ちを知りたい全ての人に。

西内啓氏(統計家/『統計学が最強の学問である』著者)
本書を読めば新たな視座から、人間を、そして自分自身を理解出来るようになるだろう。

柏野雄太氏(バクフー代表取締役)
職業人がより良い意思決定をするための実践的指南書。
バイアス研究の世界的権威が噛み砕いて伝授!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 早川書房 (2014/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504105
  • ISBN-13: 978-4150504106
  • 発売日: 2014/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 812位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
筆者は心理学者だが、行動経済学の分野でも活躍し、ノーベル経済学賞を受賞している。学術間の縦割り化が著しいわが国では、なかなかこういうことはイメージしにくいのだが、優れた学術研究は学術の枠を飛び越えてしまうのである。本書を読むと、筆者が突き止めようとしたのは人間の意思決定のメカニズムであり、それを心理学と呼ぼうと、行動経済学と呼ぼうと、筆者にとってはどうでも良かったのだろう。本書がとにかく優れているのは、ノーベル経済学賞を受賞した研究を、一般の読者向けに噛み砕いて説明しているところである。学際的な点や、ノーベル受賞者が象牙の塔に閉じこもらず、このように一般向けの本(ただし、水準は極めて高い)を書いているところは、我が国の学術界も大いに見習うべきである。

人間の意思決定システムの分析に向けた筆者のアプローチは非常に知的好奇心をそそらせてくれるものばかりである。そして本書がとりわけ優れているのは、実用的な教訓もリストアップしてくれているところである(ここが、一般の読者向けの配慮であり、素晴らしい)。人を説得したいのなら、文章を印刷して見せろ。自由闊達に議論したいのであれば、事前に各自の意見を書面で提出してもらえ。相手が受け入れそうな最低値はいくらぐらいかを考え、交渉決裂となった場合に相手が被る損失を計算し、アンカリング効果に対抗せよ。ビジネス書の大半がハロー効果と結
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「プロスペクト理論でノーベル経済学賞を取った心理学者の本なら買って損はないだろう」と、あなたが意思決定をしたとしたら……本書でダニエル カーネマンが改めて語っている心理学用語でいうところのハロー効果(Halo effect)に影響されたと気づいた方が良いでしょう。後光効果と訳せる。キリストやブッダの後ろに輝いている、あの光のことです。

ハロー効果は、人物や状況の評価で頻繁に見受けられる意思決定のプロセスで本書でいう“システム1”と呼ぶ「速い思考」、動物的直観のようなものが優勢に働いていた思考なのだそうだ。システム1は自動機械のようにすぐに結論をだしてしまう思考らしく「好き・嫌い」など二項対立で物事を判断しやすい。

「プロスペクト理論なんて聞いた覚えもないけれど本書を本当に買って損がない本だろうか」と、あなたが考え始めたとしたら……本書が“システム2”と呼ぶ「遅い思考」が嫌々ながら腰を上げて働き始めたといえる。システム2は複雑な理論や分析や難解な計算などを行なうときにしか働かない思考でとても面倒くさがりなのだそうだ。

私はプロスペクト理論というものが何なのか分からずに本書を手にとった。ダニエル カーネマンという名前をどこかで見た覚えがあるからです。これは「第5章 認知容易性」で書かれているところの「慣れ親しんだものを好
...続きを読む ›
コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本書では、人間の判断と選択をシステム1とシステム2という2つのシステムによるものとし、それぞれのシステムの役割と特徴を具体的な事例、すなわち筆者や他の研究者が実施した被験者による実験の結果をもとに説明を行っている。システム1は自動的かつ高速で、印象、感覚に左右されやすい。システム2は単純には判断できないことについて、注意深く考えるが、厄介なことに怠け者という性格がある。このため、どちらのシステムが優勢になるかは、判断や選択が迫られている内容はもちろんのこと、疲れや慣れなどといった要因などにも左右されてしまう。時には合理的、正しいとは思えないような判断と選択を行ってしまうことのメカニズムとして、連想、慣れ親しんだ考え方ややり方を優先する、見たものがすべて、より簡単な質問に置き換える、統計データにおける少数のバイアスの見落とし、数字による暗示などが紹介されている。

筆者らによる実験は、被験者に複数の選択肢を提示し、どちらを選択するかを求めるものが多い。ここでは、経済学の主流である期待効用仮説とは異なる実験結果が得られることを示し、期待効用仮説の限界を示し、それに代替されものとして、プロスペクト理論や四分割パターンによる説明を提唱している。さらに、エコン(経済学が想定する合理的な人間)とヒューマン(実際の人間)との対比が描き出されている。

私自
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者ダニエル・カーネマンは、人間の意思決定論を専門にする認知心理学者だが、プロスペクト理論の創始者であり、行動経済学の先駆者&代表的な学者としてノーベル経済学賞を受賞している。

上下2冊、本文合計で500ページはちょっと歯応えがあるかもしれないが、本書を読めば、近年流行の行動経済学の様々な入門書に登場する代表的な心理実験例などのほとんどが、著者並びに著者と関わりの深い研究者によって行われたものであることを知るだろう。

私にとって本書の新しさは、合理性から乖離する人間の行動を、2つの異なる仮想的なキャラクターを人間の中に想定することで解き明かすアプローチだ。
すなわち、速い思考をする直感的なシステム1と、遅い思考をする熟考・分析型のシステム2、この2つがまるで漫才のコンビのようにボケとツッコミのやりとりを繰り返し、頭の中でせめぎ合う結果としてヒューリスティックな現象を説明している。

また金融投資行動で合理的な選択をするためには、システム2の訓練が欠かせないことを強く感じさせる。システム2が訓練で強化された人は、システム1にほとんど依存している人に対して、決定的な優位に立てるということだ。 例えば不況時に安い価格で叩き売られる資産を買う投資家行動が、しばしば世間の情緒的な反発をかうのは、もしかしたら、そうした行
...続きを読む ›
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック