通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 kitagawa777
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに少スレ・少イタミ有り。折れ等。その他出品のガイドラインに準じます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ) 単行本 – 2006/9/1

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,485

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)
  • +
  • ロジカル・ディスカッション (Facilitation skills)
  • +
  • ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくり(ファシリテーション・スキルズ)
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 151pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

議論を描けば、会議が変わる!
ミーティングやワークショップを効果的に進行するスキルを豊富なビジュアルを用いて解説

◆――ファシリテーション・グラフィックとは、話し合いの内容を、ホワイトボードや模造紙などに文字や図形などを使って分かりやすく表現して、「議論を見える化」する技法です。メンバーの力を引き出し、すぐれた問題解決に導くファシリテーターに欠かせないコアスキルです。
◆――ファシリテーション・グラフィックには、次のようなメリットがあります。だから、意見が出る! 意見がかみ合う! 意見がまとまる! つまり、話し合いがハッピーになる!
1)議論の全体像やポイントが見える
2)議論のポイントにメンバーの意識を集中できる
3)話し合いの共通の記録として残る
4)発言を定着させて、発言者に安心感を与える
5)発言者と意見を分けるので、冷静に議論できる
6)発想が広がり、達成感も高まる
◆――キーワードの抽出や要約、グラフィックの描き方から具体的な場面別の活用法まで、人気ビジネススキル=ファシリテーションのコアスキルを1冊に集約しました。
◆――会議だけでない多様なシーン別の活用法、進行と記録を両立させる上級テクニック、さらにマニアックな小技まで、ファシリテーターの必須スキルを紹介します。
◆――ファシリテーターが話し合いを進行させながらグラフィックを描くプロセスをシナリオ形式で徹底研究。実践の参考になる作例も多数収録しています。
◆――著者の堀公俊氏と加藤彰氏は、ファシリテーションに関する著書を多数執筆している、本分野の第一人者です。
◆――ファシリテーションを構成する個別スキルを深く解説した「ファシリテーション・スキルズ・シリーズ」や関連書籍で、実践力をさらに高めることができます。
「チーム・ビルディング」――メンバーのハートに火をつけろ!
「ワークショップ・デザイン」――楽しいからこそ成果が生まれる!
「ロジカル・ディスカッション」――こうすれば議論がまとまる!
「ディシジョン・メイキング」――もう「決まらない」とは言わせない!
「アイデア・イノベーション」――どんなチームでも極上のアイデア!
「教育研修ファシリテーター」――面白い! 身につく! 役に立つ!

内容(「BOOK」データベースより)

議論を描けば会議が変わる!ミーティングやワークショップを効果的に進行する必須スキルを豊富なビジュアルを用いて解説する初めての入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2006/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532312884
  • ISBN-13: 978-4532312886
  • 発売日: 2006/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,221位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2007/6/4
形式: 単行本
仕事上の必要があって、ファシリテーションに関する書籍を漁ったなかの1冊。

著者の堀氏は日本ファシリテーション協会の会長で、著作も多い。

本書は、ファシリテーションの個別スキルであるファシリテーション・グラフィック、

すなわち「板書」について解説したものである。

会議で板書をするのはいちばん下っ端の若い人ということが多いが、

実はそれは大変な間違いで、板書をする人こそが会議において最も影響力を持ちうる、

と本書はいう。

なぜなら、板書をする人が個々の意見をどのように要約するか、整理するかで、

議論の組み立てを舵取りできるから(p2)である。

従って「板書」はファシリテータの最重要スキルのひとつということになるのだが、

実際にはリアルタイムで進行する議論を構造化したりグループ化したりするのは

容易なことではない。

本書では、「朝まで生テレビ!」を聴きながら板書する、という訓練方法を紹介しているが、

想像するだけでへこたれそうである。

ともあれ、これまで板書を会議スキルとして正面から扱
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
議論を描くということに関して、これほどまでに丁寧で分かり易い上に

内容ギッシリの本が他にあるだろうか?と思うぐらい素晴らしい本です。

ファシリテーション・グラフィックというのは、

ホワイトボードや模造紙等に、文字や図形を使って分かり易く表現し、「議論を描く」ことを言います。

グラフィックというと、何か難しいものを想像される方が少なくないと思いますが、

決してそんなことは無く、アンダーラインや枠囲みなど、

書くことに慣れていない人でも、すぐさま使えるテクニックが沢山あります。

でも、この本で一番優れているのはテクニックの部分では無いのです。

テクニックも満載なのですが、一番優れているのは

「私も描いてみたい」

と思わせる手書きのサンプル(図)が沢山あることです。

一番大切な「やってみたい」を感じることが出来る本なんです!

まずは綺麗に描けなくても良いのです。

本書で述べられているように、

『「上手下手」よりも「描くか描かないか」の方がはるかに重要』なのです。

...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
帯のタイトルは「議論を描けば会議が変わる!」である。

巻頭の8頁のカラーページにより各章のポイントをビジュアルで提示。

それ以降のページも2色表示で、「図・絵・写真」が豊富で紙質も良い。

文章もこなれていて非常に読みやすく、楽しく通読できました。

「ビジュアル表示のコツ」を書いた書であるから、

当たり前と言ってしまえばそれまでだが、「看板に偽りなし」といった所。

「色」の使い方について、色相環や補色などの説明はなく、

「著者の好みで言ってる?」と思われ、突っ込みたくなる部分もありますが、

それを補ってあまりある「ビジュアル化」の「コツ」「工夫」を紹介しています。

初心者は最初から読み進めることで、視覚化のコツが分かります。

上級者は「第4章」の「研究編」からの、実際のミーティングを想定して、

白紙に徐々に書き込んでいく過程を解剖した解説が参考になります。

ファシリテーター、プレゼンテーターの「虎の巻」となる1冊ですね。

ちなにに、著者お薦めの、三菱「PROCKEY」は私も愛用の1本。

本書だけでなく、このペンも、私のお薦めです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「議事録の書き方」を習ったことがあるでしょうか。私はありませんでした。先輩の書き方を真似する程度にしかやってきていませんでした。あるときから議事録の書き方で会議の進め方が大きく変わることに気づき、それ以来、自分が議事録の取り方を教えられるよう努力してきました。
 そんなときに出会った本がこれ。ファシリテーションをテーマとした本はたくさんありますが、「グラフィック=板書」に着目した本は数少ないと思います。
 本書からファシグラの価値を改めて実感させられました。そしてその機能をより広げてくれました。図解、ロジカルシンキング、マインドマップなど様々な要素を取り入れて、いかに「議論を見える化」するかというテクニックを披露してくれています。
 もうひとつ注目すべきところは、「楽しさ」が伝わるところ。さらにたくさんの図例、たくさんの推進例によって「議事録を描く」ことが楽しいことなんだと教えてくれます。
 最近、私の部署では3色をつかって議事録を取ることにしました。ファシリテーショングリップを活用して。まわりのメンバーにも良い効果を与えています。みなさんも「楽しむ」ファシグラを実践してみてください。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー