通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014年11月13日発行分、1回読みましたが状態は目立ったイタミ、書き込みはなく良好です、帯つき、ハガキ等付属品はありません、しっかり梱包し郵便局より安全配送レターパックライトにて発送いたします、どうぞよろしくお願いいたします。(ハードカバー2)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ 単行本 – 2014/10/31

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ
  • +
  • ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)
総額: ¥3,127
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ファシリテーションとは、会議や議論で参加者・チームの意見をどう引き出し、より良い結果を導き出せるか、そのマネジメントの手法である。著者は、大手企業やビジネススクールで数多くのファシリテーションを行い、ファシリテーターの「プロ」育成も手がけてきた経験を持つ。グロービスの講師育成に携わってきた。本書のアプローチは、リーダーシップの中核をなす総合的なスキルとして、ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングを使いながら、参加者の個々の感情やコミュニケーションを重視している。ファシリテーターの頭の中(思考プロセス)をどう作り上げていくか、すぐに実践できるノウハウも収録している。

内容(「BOOK」データベースより)

会議や議論の場でチームの力を引き出し、どう成果をあげていくか?そのためのファシリテーターの頭の中をどう作るか?すぐに実践できるノウハウが満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 204ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2014/10/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492533486
  • ISBN-13: 978-4492533482
  • 発売日: 2014/10/31
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
ファシリテーションの「教科書」というタイトルが示しているように、ファシリテーション
の経験が不十分の方や初心者にとっては、大変分かりやすく説明されている。例示
も適度にあり、図解表現と併せて、実践することを想定した作りになっている。著者
自身が、ビジネスシーンで数多くのファシリテーションを経験されており、体験談など
も豊富で納得感がある。
ファシリテーションの本は、最近裁き方の表面を上手になぞるようなものが散見され
る。板書の仕方や、場づくりなどに傾注したもの、発散思考でアイデアを出すことば
かりを取り上げる書籍など…。それらを否定するものでは全くない。それらもファシリ
テーションに必要であると言えるし、大切なパーツだ。しかし、そのパーツがファシリ
テーションの全体像の中のどこに必要なのかを示さない限り、宝の持ち腐れとなって
しまうだろう。
その意味では、本書は「教科書」。ファシリテーションの全体像を俯瞰し、必要な知識
も提供し、今後学ぶべき事柄も示唆している。
「情」と「理」のコントロール。これに習熟することがまず先決だと本書は教えてくれる。
表面のテクニックはその次の話だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とっても分かりやすく取り入れやすい内容で、早速やってみました!
もちろん付け焼き刃のため、全てがうまくいったわけではないのですが、「肚(はら)落ち感」は、少しだけ持たせられたかなと思います。
また、私は図がないと理解できないことが多いのですが、小さなことでも「今はココの話を言ってるんだよ!」と分かるような配慮もあり、とても助かりました。

繰り返しながら身につけていきたいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
急にファシリテーションが流行になりました。
その結果、ハウツー本が乱造されています。
たくさん読んでも、書いてあることは全部一緒なので、全てが書いてあるこの一冊で良いと思います。
教科書なので、読んですぐに出来ることは書いてないです。
やってみて、失敗して、読んで、考えて、やってみて。これを繰り返すしか無いです。
ファシリテーションの才能のある人も、ない人もいますが、無い人でも上達はします。
でも、なんぼやってもうまくいかないんだったら、ファシリテーターは人にやらせましょう。
それだけがリーダーの資質ではないです。
リーダーに一番求められるのは、最後の決断とそれに付随する責任を取る能力(投げ出さないこと)です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ファシリテーションの本は数多ありますが、この本はビジネスの現場で使うのにとても適しています。
ビジネスの現場では、議論した結果、何らかのアクションををとることが意思決定され、その意思決定に沿って誰かが行動することになります。
その時、必ずしも内発的な動機では集まっていない参加者が含まれるかも知れませんし、意思決定を行う時間は有限であり、スピードを求められます。そして、ファシリテーターはその意思決定に関して、当事者、関係者になることが大半です。
この状況において、ファシリテーターは何を準備すればいいか? どのように振る舞えばいいか? それが命題になります。

問題が複雑になると、一般論や抽象論を述べてやり過ごすことが多い中、この本は、とても具体的なところが秀逸です。
会議の現場で起きている「あるある」的な場面に対して、それがなぜ起きているかを分解、分析し、得たい結果のためにどのように打ち手を考え、行動していくかが非常に論理的で、腹落ちしやすく述べられています。

ファシリテーターが意思決定に責任を負っていく意味では、「組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ」という副題も正に適切だと思いました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
急な必要に迫られて、読みました。ファシリテーションだけでなく、チーム、あるいは関係(対立?)部門と仕事を進める上で必要なことがとても詳細に丁寧に書かれています。素晴らしいです。要素はたくさんありますが、私がざくっと(私に必要な)要点ととらえたのは2点。
1.事前シュミレーション:著者が「しこみ」と言われているものの一つ。事前に、どんな展開になりそうか書きだしてやってるみると、かなりのシミレーションができ、本番にうろたえずにすみました(^^;)
2.傾聴:参加者が何を考えているのか引き出し、じっくり聞く。特に重要なのが、発言の本当の意図を汲み取る、そして、それを他の参加者が理解しやすい言葉や構造におきかえて共有すること。私は本番で失敗してしまったのですが、参加者の言葉を表層的にのみとらえ、その人が表現しきれなかった本当の思いを深堀りできませんでした。他の人の発言からそのポイントに戻ってくることができたので、「あー、あの人もこれを言いたかったのか~」とようやく気づいた次第。
ファシリテーションの前に、毎回、読み直し、筆者の言うとおり場数を踏みながら、スキルを上げていきたい。この本を読みながらだとスキルをあげていけると確信しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック