通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファウスト〈1〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ファウスト〈1〉 (新潮文庫) 文庫 – 1967/11/28

5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファウスト〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • ファウスト〈2〉 (新潮文庫)
  • +
  • 若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 102pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界の根源を究めようとする超人的欲求をいだいて、ファウストは町へ出る。理想と現実との乖離に悩む彼の前に、悪魔メフィストーフェレスが出現、この世で面白い目をみせるかわりに、死んだら魂を貰いたい、と申出る。強い意志と努力を信じる彼は契約を結び、若返りの秘薬を飲まされて、少女グレートヒェンに恋をするが――前後六十年の歳月をかけて完成された大作の第一部。

内容(「BOOK」データベースより)

世界の根源を究めようとする超人的欲求をいだいて、ファウストは町へ出る。理想と現実との乖離に悩む彼の前に、悪魔メフィストーフェレスが出現、この世で面白い目をみせるかわりに、死んだら魂を貰いたい、と申出る。強い意志と努力を信じる彼は契約を結び、若返りの秘薬を飲まされて、少女グレートヒェンに恋をするが―前後六十年の歳月をかけて完成された大作の第一部。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 381ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1967/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102015035
  • ISBN-13: 978-4102015032
  • 発売日: 1967/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,925位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ありとあらゆる知識・教養を身に付けながら、なお心が満たされないファウスト博士。そんな彼に、悪魔メフィストーフェレスは契約を持ちかけます。ファウストの探究心を満足させ、「時よ、とどまれ、お前はじつに美しい」と言わせれば、ファウストの魂は悪魔のもの、そう言うまでは、メフィストーフェレスはファウストの下僕として働かなければならない。ファウストはこの賭けに乗り、彼の探索の冒険が始まります。
全編を通して、聖書、ギリシア神話などを題材に取った様々な興味深い逸話が散りばめられていて、いやでも引き込まれていきます。第一部の中では、特にグレートヒェンとの悲恋、そしてワルプルギスの夜の騒乱の場面が圧巻です。
ファウストは、賭けに負ける、つまり魂を悪魔に渡すことによってしか究極の満足を得ることができないわけで、至極逆説的な設定になっています。近代化・科学に対する皮肉、近代人の苦悩などいろいろなメッセージを読み取ることが可能です。ゲーテが書き上げるのに60年かけただけの読み応えで、考えさせられることは、間違いありません。
また訳文も素晴らしく、平易で読みやすいです。翻訳書は読みにくいことが多いので、この本もずっと避けていましたが、実際読んでみると、スラスラと読みやすく、意味もちゃんと通じてきました。名訳の一つだと思います。
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かなり前に一度挫折して今回再挑戦。原本に触れる前に評論をそこかしこで目にしていたのでかなり気負って読み始めたのだが……面白かった。これは訳文に負うところが大きいのだろう、適格かつ歯切れの良い文体に引き込まれた。ファウストの語る人間像は現代にあっても全く色褪せていない。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物事にいろいろ理由をつけたり、なぜこうなるのか、と理由を考えたりすること、富や名誉を求めること、などなどなどやめて、ただ生きなさいと言っているように感じました。
ニーチェが、永劫回帰に然りというような、そんな力も感じます。ゲーテの影響を受けたのでしょうか。
人間をシニカルにはかない存在として見つめながらも、何かを求めてやまないゲーテの情熱が伝わってくるように思います。
むなしさに力を与えてくれる、傑作だと思います。

“すべて移ろい行くものは、
永遠なるものの比喩にすぎず。”

星がいくつあっても、いい本だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 あらゆる学問を修めつくしても未だ至高へとたどり着けない事に悩むファウスト博士は魔法にまでその範囲を広げるものの、それは己の卑小さを実感させる結果にしかならなかった。
 民の信頼を集め裕福な暮らしをしているにも拘らず、それだけでは己の知識欲を満たせない彼は、彼の下を訪れた悪魔メフィストーフェレスと契約を結ぶ。彼にとって死後の世界に意味はなく、現世で自らの望みが果たされれば良いのだ。メフィストは、ファウストが満足できるような享楽を提供することを約束する。

 そうして連れて行かれた魔女の屋敷で若返りの薬を飲んだファウストは、何も知らず信心深い、14歳を過ぎたばかりの少女マルガレーテ(グレートヒェン)に声をかけ、高価な装飾具を与えて信頼を寄せさせ、言葉巧みに誘う。
 そうして、彼らの仲を邪魔するマルガレーテの母親を、眠り薬と偽って彼女に殺させ、ようやくに逢瀬を果たしてマルガレーテを孕ませ、それに憤った彼女の兄ヴァーレンティーンを刺し殺し、自らの子の宿った彼女を放置して、魔女の宴で乱痴気騒ぎに参加するのだ。

 あらためてこのようにまとめると、最低最悪のロリコン性犯罪者である。ただファウストには罪を被せる先がある。全ては悪魔が彼を惑わしそうさせたのだ、と。ファウストほどの知識者であろうとも、欲望をえさに惑わされれば、それに抵抗す
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界の根源を極めようとする超人的欲求をいだいて、博士である主人公は町へ出る。理想と現実の乖離に悩む彼の前に、悪魔が現れ、この世で面白い目をみせるかわりに、死んだら魂を貰いたい、と申し出る。強い意志と努力を信じる彼は、契約を結び、若返りの秘薬を飲まされて、少女に恋をする。そんな彼に待ち受けているものとは…。

「いやはや、これまで哲学も、法律学も、医学も、むだとは知りつつ神学まで、営々辛苦、究めつくした。その結果はどうかといえば、昔に較べて少しも利口になってはおらぬ。学士だの、おこがましく博士だのと名告って、もうかれこれ十年間も弟子どもの鼻面を縦横無尽に引き回してきはしたものの―さて、とっくりとわかったのが、人間、何も知ることはできぬということだとは」
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー