¥ 2,052
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファイナンスの哲学―――資本主義の本質的な理解のた... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ファイナンスの哲学―――資本主義の本質的な理解のための10大概念 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/15

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,705

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファイナンスの哲学―――資本主義の本質的な理解のための10大概念
  • +
  • ハーバード・ビジネス・スクールの投資の授業
  • +
  • バリュエーションの教科書
総額: ¥7,020
ポイントの合計: 212pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ファイナンスのポイントをわかりやすく3つにまとめたうえで、
1.お金
2.信用
3.倫理/信頼
4.利子
5.利益
6.価値
7.市場
8.成長/進歩
9.時間
10.資本/資本主義
という、経済学や哲学とも共通する「10大概念」を解説。

◎おカネの本質とは何か?
◎なぜ成長が求められるのか?
◎マルクスの「資本」、ピケティの「資本」、ファイナンスの「資本」は何が違うのか?
といった本質的なレベルからの理解を促す、新しい「教養」の書。

企業家・実務家としての力を底上げしながら、資本主義社会を考える新たな視点が身につけられる。

内容(「BOOK」データベースより)

ファイナンスのポイントをわかりやすく3つにまとめたうえで、経済学や哲学とも共通する「10大概念」を解説。企業家・実務家としての力を底上げしながら、資本主義社会を考える新たな視点が身につけられる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 447806623X
  • ISBN-13: 978-4478066232
  • 発売日: 2016/7/15
  • 梱包サイズ: 21.1 x 14.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,511位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
金融の世界について、本当に深く理解していなければ決して書けないと思う。
非常に読むやすい文章でありながら、ここで書かれている内容は、最新の状況までしっかりおさえており、内容は深い。
四半世紀以上、金融について勉強し、仕事として携わってきたが、本当にためになる内容でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「ファイナンスに関する知識が必要になった」と感じることはないでしょうか?企業の寿命は、個人が持つキャリアの寿命より短くなりました。つまり、これまで以上に個人が持っている「労働力」を、どのような企業に「投資」するかを判断することが必要といえます。そのためにファイナンスの知識を学ぶことが必要になりました。これまで有益な資本といえば、典型的なモノが「おカネ」でした。ただ、今の労働市場を見れば、「時間」が価値の源泉になっていることは言うまでもありません。

 そんな中、「時間を食いぶちにしている労働」と「価値を対価として得ている労働」の違い、つまり「労働の本質」を考えるために、本書を手に取りました。個人が、時間を対価として「おカネ」を受け取る労働ではなく、「価値」を与えて、何らかの資本を得るためのヒントを得たい、と思い読みました。

 本書で扱っている学問の幅は、従来の経済学が扱う範囲を超えており、初学者にはやや難しいと捉えられるかもしれません。本書で扱われている問いや概念は、直接的な行動には結びつくかないものの、洗練された情報や、知識、洞察を受け取るために必要な教養が網羅されています。内容となっています。特に、今後のグローバル社会においては、自らが信じるものを選ばなければなりません。その選択をする上で、ファイナンスという道具を使いこなす必要がありま
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の堀内勉氏は昨年まで森ビル取締役専務執行役員CFOをやられていた方です。

第一章では、「ファイナンスの教科書的理解」として、ファイナンスの3つのポイントを解説しています。ひとつめは、財務諸表の理解、二つ目は資金調達の種類と方法、三つ目は、投資と企業価値です。

第二章は、この本の骨格と言えるでしょう。「資本主義の本質的な理解のための10大概念」-おカネ(money)、信用(credit)、倫理(ethics)/信頼(trust)、利子(interest)、利益(profit)、価値(value)、市場(market)、成長(growth)/進歩(progress)、時間(time)、資本(capital)/資本主義(capitalism)-について、ひとつずつ、古今東西の文献を紐解きながら、ファイナンス理論の元になっている基本概念とは何か、またそれが、経済思想や我々人間の存在とどのようにつながっているのか、網羅的に説明されています。

そして、第三章の「新しい資本主義社会の可能性を求めて」にこそ、堀内氏がこの本で伝えたいことが書かれていると思います。堀内氏はこう言っています。「ファイナンスというのはあくまでも一つの壮大なフィクションであり、非常に役立つテクニックであるが、やはりそれはあくまでもテクニックでしかなく、そ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読み終えた感想としては、当初予定していた内容からはかなり不満が残ってます。合理的な人間を前提とし、哲学、倫理、心理学、社会学などの側面をあえて捨象して、数学的な理論を基盤に発展してきた近代経済学、特にその最たるものであるファイナンス分野、その理論のフレームワークを超えて、あえて心理学や社会学を取り込んだ分析が展開されることを期待していた。特に筆者は金融機関や企業での財務部門での経験が豊富であり、従来の理論のフレームワークにはない、現場の理論に即したアイデアを期待していた。私個人も、企業の財務部門で長く働いており、とかくファイナンスというものが数字のもを扱うもので無味乾燥な存在として見られがちであるのに対して、企業の成長、引いては社会や経済全体への貢献に対して、どのようにチャレンジすべきかという知見を期待していた。

本書では、資本、資本主義、価値、信頼といった哲学的なテーマから金利、利益などの純粋な経済学的なテーマを網羅的に扱っているものの、近代から現在に至るまでの著名な経済学者の考え方を紹介しているに過ぎず、新たな知見への提示は限られている。さらに、ところどころに最近のニューストピックスも交えられたり、インタビュー記事なども紹介されているが、内容が広すぎて、かえってフォーカスが曖昧になってしまっている。倫理なのか、社会制度の設計なのか、結論が分かりづらい。また
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー