この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイト・クラブ [DVD]

5つ星のうち 4.6 239件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,650より 中古品の出品:8¥ 358より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブラッド・ピット, エドワード・ノートン
  • 監督: デビッド・フィンチャー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2005/10/28
  • 時間: 139 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 239件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000B84N90
  • JAN: 4988142322029
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,609位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   仕事に追われ、疲労困ぱいしたエリート青年。ある日出会ったチンピラのような男に誘われ、殴りあうことで自己を開放する「ファイト・クラブ」に参加する。しかし、次第に自分自身をコントロールできなくなっていく。
   主人公のエリートはエドワード・ノートン、チンピラ男はブラッド・ピットというスター共演作だ。暴力に振り回されながらも逃れられずにノイローゼに陥る男を、ノートンが演技力で魅せれば、正体不明のチンピラを、フェロモンを振りまきワイルドに演じるピット。両者譲らぬ好演を見せている。
   監督は、『セブン』『ゲーム』などサスペンス映画を撮り続けてきたデビッド・フィンチャー。物質と情報におぼれ、自分自身を失ってしまった現代人の心の暗闇を、スリリングに描きだすことに成功している。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

「ゲーム」「セブン」のデイビッド・フィンチャー監督が描く衝撃のドラマ。ブラッド・ピット、エドワード・ノートンほか出演。“FOX70周年記念キャンペーン第14弾 2枚で¥1990(税込)第5弾”対象商品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
ごくたまに、ジャンルや媒体を超えた、作者自身の剥き出しのハートを直接ぶち込まれるような作品に出会うことがあります。
この作品がまさにそれで、映画というジャンルを飛び越え、テレビモニタから直接飛び出してきたコブシにボディブローを叩きこまれるような、放送事故的怪作にして傑作です。
思わず「これいいの?」とドキドキしてしまうような無修整、人の心の無修整作品です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
初めて見たときは、後味が悪かった。
素手での殴り合いそのものもそうだし、後になっての反社会的な活動も、要は暴力が重要なファクターになっているところに目がいってしまって、しかもその刺激は、その時の自分にとってあまり心地いいものではなかったので。
都会の汚れた雰囲気も、その中で自由を謳歌する主人公たちの生活ぶりも、あまり好ましいものとは思えなかった。
そういうのがクールだとも思えなかったし。

何より、やってるのはケンカだったり、犯罪行為だったりするわけで、言葉の本当の意味で、真面目な人たちも、優しい人たちも、十分にたくさんいる世の中で、敢えて破壊に意味を見出そうとするのが何故か、よくわからなかったのだ。

それが何年かたって見たら、違った。
前に見たときには見えなかったメッセージが、やたらクリアに伝わってきてくるような気がした。

僕が感じたメッセージというのは、一言で言うと「欲望を恐れるな」ということだった。
もっと言うと、欲望が達せられないことを恐れるくらいなら、全部捨ててしまえ!ということだ。

つまりそれはこういうこと。
この、やたらといろんな種類のものに溢れている世界で、しかも、それらの必要性と手に入りやすさが全然一致してるわけでもない
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
監督、俳優コメンタリーの訳がめちゃくちゃです。翻訳した人は本編をみたことがないのでは?というような印象をうけました。全く逆のことを言っているような訳はつけなかったほうが良かったのではないでしょうか。すみません、生意気で。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
(ネタバレあり)
ファイトクラブは物質社会に生きる病める人間を描き切った傑作だ。
主人公は北欧家具を揃え、サラリーマンとして生活しているのの、生きている実感を得ることができない男。
ある時から自助グル―プに通いだし、そこでかろうじて生きる実感を得ることができた。
しかし彼と同じように自分を偽って自助グループに参加するマーラと出会い、物語は進展する。

ブラットピット演じるタイラーダーデンは主人公の生み出した自己のポジティブな幻想だ。
彼は語る「物を揃えることが幸せなのか?」「今生きている奴らはライフスタイルの奴隷だ」
彼はファイトクラブを立ち上げ、自己破壊を行うことが今の社会で唯一生の実感を得られる場所であることを示す。
タイラー軍団は徐々に社会を混乱させていく・・・目的は物質社会の破壊。

そしてラストシーン、なんて幸せで悲しいラストだろう。
生きる実感の得られない物質社会の破壊。
そして主人公とマーラが心がつながった=生きる意味を見つけた、ほんの短い瞬間を切り取った。

ファイトクラブは暴力が徹底して描かれる映画ではあるが、暴力映画ではない。
物質社会に生きる人間の闇を徹底して「ポップ」に「カッコよく」描いている。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ray VINE メンバー 投稿日 2009/11/28
形式: Blu-ray
自作のパッケージ製作に余念の無いデイビッド・フィンチャーが、本編他すべてのコンテンツを仔細に監修し、お墨付きを与えた一本。
というだけあって、滅茶苦茶完成度が高い。まずはオープニングは、「25年目のキス」のメニュー画面がいきなり再生されて、一瞬「不良品?」と思わせる仕掛けから、主人公の部屋をテーマにしたメニュー画面に変化していくところから、ちょっとしたおふざけが始まり、本編を再生するといきなり度肝を抜かれる重低音サウンド。特にこの作品のオープニングが好きだっただけに、このサウンド効果には驚いた。かなり凝っている。これについては収録特典「聴覚への刺激「ファイト・クラブ」の音響デザイン」を参照されたし。映像のレストアのクオリティもかなりのハイ・レベルで、滅茶苦茶きれいだ。このあたりの評論については、当アマゾンのメーカーコーナーの専用ページにてAV評論家のインタビュー動画がアップされているので専門家からのアプローチを聞いてみるのも良いと思う。
作品的には、「常識・価値観を破壊する」映画。前衛的なトンガリ系作品だが、今、見直しても色あせない。というより、今の時代によりマッチした作品なのかもしれない。
劇場やDVDでは当時の倫理規定に配慮して、自主的にモザイクをかけていたという、カットやサブリミナルも今回は完全無修正!これもこの作品のテーマをより明確にしてくれて
...続きを読む ›
2 コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す