ファイト・クラブ [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイト・クラブ [DVD]

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 606 (40%)
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 851より 中古品の出品:1¥ 2,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ファイト・クラブ [DVD]
  • +
  • セブン [DVD]
  • +
  • レオン 完全版 [DVD]
総額: ¥2,836
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エドワード・ノートン, ブラッド・ピット, ヘレナ・ボナム・カーター
  • 監督: デイビッド・フィンチャー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2012/12/19
  • 時間: 139 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009S09N5Q
  • EAN: 4988142925220
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,737位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ブラッド・ピット×デイビッド・フィンチャー監督が放つ、常識を、価値観を破壊するエンターテイメントの傑作!
映画の言葉“人生の持ち時間はいつかゼロになる"


<キャスト&スタッフ>
ナレーター…エドワード・ノートン(平田広明)
タイラー…ブラッド・ピット(山寺宏一)
マーラ…ヘレナ・ボナム・カーター(高乃 麗)

監督:デイビッド・フィンチャー
製作:アート・リンソン/ショーン・チャフィン/ロス・グレイソン・ベル
音楽:ザ・ダスト・ブラザーズ
●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:税田春介

<ストーリー>
不眠症に悩む若きエリートのジャック。彼の空虚な生活は、謎の男タイラーと出会ってから一変する。自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。そして秘密組織“ファイト・クラブ"がつくられた!

<ポイント>
●「セブン」のB・ピット×D・フィンチャーの最強コンビが復活! DVDなら話題のサブリミナル・カットや迫力のファイトシーンなど、観たいポイントが、じっくりとチェックできる。
●監督、B・ピット、E・ノートンらが語る音声解説は各シーンの裏話が満載! 聞きごたえのあるおもしろさだ。

<特典>
●音声解説(デイビッド・フィンチャー、ブラッド・ピット、エドワード・ノートン、ヘレナ・ボナム・カーター)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

デイビッド・フィンチャー監督がブラッド・ピット主演で手掛けたバイオレンスアクション。不眠症に悩む若きエリート・ジャックは謎の男・タイラーと出会い、互いに殴り合うことを目的とした秘密の地下クラブを作るが…。“ベスト・ヒット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
(ネタバレあり)
ファイトクラブは物質社会に生きる病める人間を描き切った傑作だ。
主人公は北欧家具を揃え、サラリーマンとして生活しているのの、生きている実感を得ることができない男。
ある時から自助グル―プに通いだし、そこでかろうじて生きる実感を得ることができた。
しかし彼と同じように自分を偽って自助グループに参加するマーラと出会い、物語は進展する。

ブラットピット演じるタイラーダーデンは主人公の生み出した自己のポジティブな幻想だ。
彼は語る「物を揃えることが幸せなのか?」「今生きている奴らはライフスタイルの奴隷だ」
彼はファイトクラブを立ち上げ、自己破壊を行うことが今の社会で唯一生の実感を得られる場所であることを示す。
タイラー軍団は徐々に社会を混乱させていく・・・目的は物質社会の破壊。

そしてラストシーン、なんて幸せで悲しいラストだろう。
生きる実感の得られない物質社会の破壊。
そして主人公とマーラが心がつながった=生きる意味を見つけた、ほんの短い瞬間を切り取った。

ファイトクラブは暴力が徹底して描かれる映画ではあるが、暴力映画ではない。
物質社会に生きる人間の闇を徹底して「ポップ」に「カッコよく」描いている。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
I have watched other David Fischer's movies "seven", "The Curious Case of Benjamin Button", which Brad Pitt appears, and these movies was also great. The movies made me a big fan of him, but after watching this movie, I was so impressed and got more into his performance. I have ever watched so many movies in my life, and I can say it without doubt, Fight Club is one the best movie I have ever watched. The actors in this movie look unique and very cool. That makes this movie attractive.

The film narrator, actually his real name is unrevealed in this movie, who is al
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
エドワード・ノートン、ブラッド・ピット主演の1999年の作品。公開された当時は、映画のタイトル、そしてトレイラーなどから、ただの殴り合いもののバイオレンス映画なのではないか、と思って見なかったのだが、改めてDVDで見ると、なかなか現代社会の問題を抉った考えさせる映画であった。特に、消費者としてしか社会におけるアイデンティティを確保できないといったくだりは、多くの人が考えさせられるのではないだろうか。後半になると、どんどんと拡散するストーリーのどこに落とし所を持って行けばいいのか、迷走している印象を受けたが、総じて良質な映画であると思われる。エドワード・ノートンの優柔不断な優男が、だんだんとやばくなっていき、多少狂気をはらんでいく過程は観るものを画面に釘付けにさせていく。見て損はしない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主人公はずっと眠れなくて悩んでいる。
睡眠薬をもらうことよりも、病に嘆き悲しみを訴える方々の声を聞くことで眠った。
購買意欲をそそる社会の構造に組み込まれた自分を、眠ることで解放していく。
そこに本当に目覚めた自分がいることも知らず、目覚めぬままに眠りにつく。

病に苦しむ方達へのセラピーのシーンで、何回か氷の洞窟シーンが出るが、
これは本当に難病を治すことが出来る(場合もある)セッションではある。

不眠症に悩むのは、社会生活のリズムに自己矛盾を抱え適応しようとする、
内部自己破壊であり、矛盾でもある。
その無駄な努力を止めて、本質的な感覚に向かい始めた途端、眠る価値を知る。
起きているときこそ、本当に自分は眠っているのかもしれない・・・と。

人間の脂肪で最高級の石鹸を創り出すシーンなど、見ていて痛快である。
眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があり、大脳の覚醒と大脳の休息を受け持つ。
二重のメッセージが脳の仕組みから見ても非常に深いものとしか思えない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック