通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV) 文庫 – 2015/4/8

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 497

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)
  • +
  • ファイト・クラブ [Blu-ray]
総額: ¥1,834
ポイントの合計: 28pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

傷痕一つない体で死にたくない。殴り、殴られ、ぼくたちは生を実感する。
痛いほど繊細な語りがほとばしる伝説的作品が、改訳新版でついに復活!

デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピット&エドワード・ノートン主演の映画化以後、創作の原点をパラニューク自らが明かした衝撃の著者あとがきと、アメリカ文学研究者・都甲幸治氏の解説を新規収録。

おれを力いっぱい殴ってくれ、とタイラーは言った。事の始まりはぼくの慢性不眠症だ。ちっぽけな仕事と欲しくもない家具の収集に人生を奪われかけていたからだ。ぼくらはファイト・クラブで体を殴り合い、命の痛みを確かめる。タイラーは社会に倦んだ男たちを集め、全米に広がる組織はやがて巨大な騒乱計画へと驀進する――人が生きることの病いを高らかに哄笑し、アメリカ中を熱狂させた二十世紀最強のカルト・ロマンス

内容(「BOOK」データベースより)

おれを力いっぱい殴ってくれ、とタイラーは言った。事の始まりはぼくの慢性不眠症だ。ちっぽけな仕事と欲しくもない家具の収集に人生を奪われかけていたからだ。ぼくらはファイト・クラブで体を殴り合い、命の痛みを確かめる。タイラーは社会に倦んだ男たちを集め、全米に広がる組織はやがて巨大な騒乱計画へと驀進する―人が生きることの病いを高らかに哄笑し、アメリカ中を熱狂させた二十世紀最強のカルト・ロマンス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 早川書房; 新版 (2015/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150413371
  • ISBN-13: 978-4150413378
  • 発売日: 2015/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,297位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Retro-Future トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/3
形式: 文庫 Amazonで購入
映画のワンシーンが次々と浮かんできます。ずっと読みやすくなりました。
ポップなテロリスト、スペースモンキーと「ぼく」と「タイラー・ダーデン」の物語。
映画を観て気に入ったら、原作も読んでみてください。

youtubeにある「Fight Club 予告編 - HD.mp4」をどうぞ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画「ファイトクラブ」を見て、この風変わりな世界観を活字でどう表しているのだろうと気になったので、原作にあたりました。映画の方の人気ぶりはおそらく、男たちが身の危険を顧みず、殴り合うというその映像のインパクトが大きいと思います。そして、この映画を見た人は安定した暮らしよりも、このような刹那的な生き方が素晴らしい、かっこいいと捉えてしまいます。(自分もそうでした。)
しかし、皮肉にもこの作品が伝えていることは他人が作ったルール、他人が考え出したものに盲信、盲従することほど愚かでつまらないものはないということです。作品中では、それをコンセプトとしてファイトクラブを主人公とタイラーは作り出したのに、今度はファイトクラブが崇拝の的となってしまう。これは「ファイトクラブ」というこの作品そのものと、その映像的な魅力に取り憑かれてしまい、作品のメッセージを見落としてしまう読者、視聴者そのものを表しているようで、面白いなと思いました。社会に蔓延する組織的な事件は、短絡的、妄信的になりやすい人間の性を表しています。そんな僕たち愚かな人間に、「自分の頭で考えなさい」と作者が教えてくれているようでした。
英語の原作は読んでいないので、それとは比較できませんが、文はとても分かりやすく、映画を見た人ならその映像はイメージしやすいと思います。映画の方はとても忠実に原作を映像化していることが分かりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
チャック・パラニュークによる1996年発表作品 “Fight Club” の邦訳。1999年に出版されたものの復刊です。

主人公「ぼく」は贅沢品にかこまれて暮らしながらも、満たされない欲望をつのらせるエリート。彼は暴力に身を投じることで生きる意味を見出すも、肥大化していく暴力に容赦のないしっぺ返しをくらってしまう。物質主義や消費主義が生み出す幻想をマッチョな男性原理によって破壊しようと試みるも、そうしたマチズモにおいてすら挫折する主人公の姿は、まさしくWASP的な「アメリカ」のカリカチュアです。
また、睡眠は本質的に資本主義とは相入れません。資本主義は生産行為に寄与しない睡眠を無駄なものとみなし、睡眠を人間から奪おうとするからです。それゆえ主人公を悩ませる不眠が結果として資本主義に牙をむく、という展開は痛烈なアイロニーでしょう。

けれども本書の魅力は風刺的な要素だけではありません。作者自身は本書執筆のさい現代版の『華麗なるギャツビー』を書くつもりだったと述懐しています。そう考えて読んでみると、本書は「アメリカン・ドリーム」の負の面を描いているだけでなく、古典的なロマンス小説の枠組みを踏襲しているという意味で、ふたりの男の友情と葛藤を描いているという意味でも、『華麗なるギャツビー』と強く共通するものがあります。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告