中古品の出品:7¥ 26,667より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイトだ!! ピュー太 DVD-BOX

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 26,667より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 関敬六, 伊藤牧子, 小林恭治
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: 日本コロムビア
  • 発売日 2005/06/29
  • 時間: 650 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009H9YOW
  • EAN: 4988001983453
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 218,630位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

日本のギャグアニメの草分け的存在、ムロタニ・ツネ象原作の「ファイトだ!!ピュー太」。大発明家を夢見る少年、今野ピュー太は沢山の発明を世に認めてもらうことができるのか…。再放送がほとんどされてなく、貴重なアニメ作品。

レビュー

演出: 光延博愛 原作: ムロタニ・ツネ象 脚本: 鈴木良武 作画: 小華和為雄 声の出演: 関敬六/伊藤牧子/小林恭治
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
1968年に放送された全26話の初のソフト化! 「伝説のカルトアニメ」という言葉はこの作品のためにあるようなものです。 LDボックスどころか、白黒ゆえ特に関東圏では再放送にも恵まれず、当時見ていた人間(すでに40過ぎ)以外は見たことすらないと思います。その40過ぎの人間が断言しますが「これは買い」。WEBアニメスタイルで小黒祐一郎氏も強烈なエールを送っていますが「タイムボカンの元祖」とも言われている強力なギャグアニメです。「ひょっこりひょうたん島」のダンプや「冒険ガボテン島」のケロなどで乗りに乗りまくっていた伊藤牧子さんの熱演が光ります。レンタル屋にも出回らなさそうだし是非購入して楽しんでください。私は速攻で予約しました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
随分昔のアニメ作品。先日見る機会があったが驚いた。
何に驚いたかといえば、アニメの絵が、すごく、面白かった。たくさん笑った。
音楽はクレージーキャッツに関わっていた人ということで、やはりそのころの感じがする。エレキギターを使いながらもビヨ~ンとした音が出たり間の抜けた感じのユーモアである。
では、絵柄から想像されるような、ほのぼのアニメなのかと思えば全然違う。
台詞のギャグはかなり古い。小松政夫の電線マンあたりを素で笑えるようでなければ厳しいと思う。でも笑える。なぜか。絵が凄いからだ。
ものすごいテンポでどんどん絵が出てくる。ただ早いだけでなく途中に変な絵が続々投入される。意味なんかわからなくてもその意外性だけで十分に面白い。考えてみると、言葉のギャグは古びて見えるのに絵がそうではないということは、表現が斬新で今現在のアニメにないからであろう。表現そのものが無いわけではないだろうが、これぐらいのテンションの高さと密度で表したものはないのではないか。
ジェットコースターアニメという言葉があって、急な展開でスピーディに進む作品のことを指す。どんなジェットコースターよりも異様なほど速い。ストーリーが一度見ただけでは全くわからないほどだ。
この絵で、あの音楽で、かつてないほどの猛スピードでしかも社会批判までやってしまうアニメがあったのはなんというか、埋もれなくて良かったなあ見ることが出来て幸せだなあと思った。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
保育園児の頃「宇宙少年ソラン」と「わんぱく探偵団」と並んでお気に入りだったアニメ。だから、もちろん即刻、予約。
基本、ギャグを交えながらワルサー七世一味の悪巧みを、ピュー太とその友達が阻止してめでたしめでたし・・・な単純な番組。
でも、当時から応援してたのは小生意気な主人公今野ピュー太より、悪役ながらどこか憎めないワルサー七世のほう。ロビンソン家族よりはスミス博士、鬼太郎よりはねずみ男、ウルトラマンよりは怪獣、仮面ライダーよりはショッカーを応援してしまうような傾向はこんなころよりあったんだな・・・ご先祖様の胸像から指令をうけ、失敗するとお仕置きされる様は「ヤッターマン」のどくろべえと悪玉トリオの元ネタかのようです。タイムボカン・シリーズが好きな人にはいいかもしれません。
しかしなんといっても一番キャラ立ちしてたのはピュー太のおじいちゃんことツルリ博士!正直、45年あまりの再会で番組そのものは、残念ながら宣伝や周囲が感動しているほど再発見の衝撃とは思えませんでした。この作品に対してアナーキーな作りという評価を聞きますが、そもそもアナーキーという言葉自体に時代の風化があり、この作品の古さはまさにアナーキーと評価されるところなのです。
でも、ツルリ博士だけは違います。
アイディアが浮かぶと霊感をえたかのごとく怒涛の如く「来たど来たど来たど
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
先日、友人に誘われて、新宿で行われた「ファイトだ!!ピュー太を観る会」というのに行ってきたんですが、正直、あまりのインパクトに驚きましたよ。アタシもいっぱしのアニメ・ファンを自認してるのですが、ここまでアナーキーなやりたい放題の作品とは知りませんでした。子供の頃、リアルタイムで何回か観た記憶があるのですが、今となってはほとんど忘れてましたが、こりゃーすげー!イベントでは2話分しか見られなかったのですが、珍しくBOXで全話観てみたくなりましたね。特に、昔のクレイジーキャッツやドリフがお好きな方にはお薦めです!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック