中古品
¥ 233
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。カバー表上部に薄いスレがあります。ほかは若干の使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ファイアハウス 単行本 – 2003/2

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 233

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

2001年9月11日に起きた同時多発テロとは何だったのか。すぐさま現場に駆けつけ、帰らぬ人となった12人の勇敢な消防士の人生を丹念に跡づける作業を通して、その意味を問い直す。全米ベストセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

9.11ニューヨークの勇敢な消防士たちに、いったい何が起きたのか。犠牲者となった12人の消防隊員の人生を丹念にたどり、未曾有の事件を検証する感動の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: 集英社 (2003/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087733823
  • ISBN-13: 978-4087733822
  • 発売日: 2003/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 411,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は不幸にもWTCから戻ることが無かった消防士達について多く書かれている。家族や友人を愛し、仕事を愛した平凡な、素晴らしい彼らの人生の日々。あの日、大切な人を無くしたすべての人の思いがここにある。一人一人の命の重さを感じさせる1冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
消防士とはなんと厳しい仕事であろうか。米同時多発テロによるタワー崩壊にひるむことなく市民の救助にあたったのは消防士たちだった。彼らは勇敢であり、確かに英雄だった。「市民の救助を第一にせよ!」命を差し出した消防士の数は343人にのぼるという。本書は奇跡的に生き残った消防士たちのはなしや、亡くなった仲間の消防士たちの遺族の悲しみを丹念に追いながら、消防士という過酷な職業の本質に肉薄していく。
もっとも尊敬に値する職業、消防士たちのその勇敢な精神を支えた背景には彼らのモットーとしている「消防士たちの祈り」という詩がある。読むたびに何度も涙してしまうほど菩薩の慈愛に満ちた詩だ。
   出動命令が下れば
   炎がどこにあろうとも
   我に与えよ、神よ
 !  あらゆる人を救う力を
   幼い子供を抱く力を
   手後れになる前に
   老人を救う力を
   恐ろしい運命に遭わせぬために
   もし御身が望むなら
   この命を捧げよう
   その御手で守りたまえ
   我が子と妻を
わが日本の消防士もこの精神を模範としてほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tajik501 投稿日 2013/10/4
形式: 単行本 Amazonで購入
途中 少し 中だるみというか...退屈になってきます。アメリカ的な表現を上手く翻訳できていないのかな...
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 こういう「ふつうの人たち」を題材にしたノンフィクションを書く場合の、ひとつのお手本のような作品である。セプテンバー・イレブンのテロの背後にある政治的な話には言及せず、消防士たちの個人的な生にのみに焦点を当てる。とりたててヒイックに描くことはしない。「浪花節」も排除。ことさらに劇的に書くような修辞的演出も一切排除。
 きっと、ノンフィクションというのはこうあるべきなんだろうと思わせられる。ああ、これがハルバースタムのスタイルだよなあと思う。しかし、正直言えば、読んでいて、どこか物足りない、という気持ちも残る(それで星ひとつ減)。もしもこの題材で日本人のノンフィクションライターが日本人読者に向けて書くことになったとしたら、どうなのだろうか。やっぱり、もっと「泣ける」話を求められるとか、もっとドラマチックに描くことが求められるとか、してしまうのではないだろうか。あるべき作品の姿と面白い作品は必ずしも一致しないかもしれず……などと考えてしまいました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック