ポイント: 9pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月21日 - 22日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 21日の金曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ピース・イズ・ラブ 君がいるから (人間社文庫) がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥350 ): 5月21日 - 23日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ピース・イズ・ラブ 君がいるから (人間社文庫) (日本語) 文庫 – 2018/3/14

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2018/3/14
¥880
¥880 ¥229
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人は皆、悲しみと喜びの道を歩いている。誰もが今も昔も人を愛し、平和を願い生きてゆく。信長と吉乃、かつては“ひと夜妻”として知られた志摩のはしりがね・あたい、国境を超え結ばれたラブバードさながらのカップルとて。そして。愛猫と共に生きる家族、ピースボートで世界各地を訪ね洋上生活を過ごす人びと、原発事故と大地震にうちのめされ不幸のなかであえぐ人たちだって皆同じだ。そこには別れがあり、出会いがあり、それでもたくましく生き抜く人間たちがいる。本書には、そうした物語六編がまとめられ、現代の世に“真の平和とは”を問いかける―。

著者について

■著者
伊神権太〔いがみ・ごんた〕
1946年、中国・奉天(瀋陽)生まれ。愛知県江南市在住。滝高、南山大卒。中日新聞入社後、主に地方、社会部記者を経て七尾、大垣両支局長、大津、一宮両主管支局長、編集局(兼サンデー版)デスク長などを歴任。退社後、作家として執筆生活に入る。日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員、脱原発社会をめざす文学者の会会員、ウェブ文学同人誌「熱砂」主宰。日本ペンクラブの電子文藝館に9・11同時多発テロの主犯、ウサマ・ビンラディンを扱った小説「再生」、地方記者一家の愛猫との暮らしを綴った「てまり」を収録。YouTubeで〈伊神権太が行く世界紀行/平和へのメッセージ〉をはじめ、恋歌〈カトマンズ・ラブバード〉などを世界各地に発信。

登録情報

  • 出版社 : 人間社 (2018/3/14)
  • 発売日 : 2018/3/14
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 365ページ
  • ISBN-10 : 4908627223
  • ISBN-13 : 978-4908627224
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 元地方新聞記者が書いた6作の短編集
ユーザー名: 今野、日付: 2019年6月3日
6作の中でカバー写真の「ピース・イズ・ラブ 君がいるから」を最初に読み始めた。これは著者の102日間の地球一周のクルーズ日記である。クルーズ船は社会の縮図。著者は寄港地のみならず、船内イベントや出会った人々にジャナーリストの視点で切り込む。このクルーズ船の航海日記は他にも多く出版されているが、この作品は出色。これから読む作品も期待を裏切らないと確信して5星。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像