通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ピン・ポン・バス がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★カバーに傷みがあります。【表紙カバー】はスレ、ヨレ、ヤケ、キズ、少し線折れ、角と淵に折れがあります。【ページ内の状態】は淵に薄いヤケ、少しヨレ、1ページ少しインク移りによる汚れ、角に微小な折れがありますが、文字などの書き込みはありません。商品を傷めないようにクリスタルパックにて梱包し迅速に発送いたします。★検品をしてから発送をしておりますが万が一、付録の欠品、書き込みなどの見落とし、商品説明や状態(コンディション)に違いがある場合、その際は返品・返金、交換等、誠意をもって迅速に対応させていただきますのでお申し付けください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ピン・ポン・バス 単行本 – 1996/10

5つ星のうち 4.8 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 340

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ピン・ポン・バス
  • +
  • がんばれ!パトカー
  • +
  • おはよう!  しゅうしゅうしゃ (日本の絵本)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   とある田舎町の駅前からブルン、ブルルンと発車して、山の終着駅に着くまでのバスの旅を描いた絵本。ピンポンとなるたびにバスは停まり、いろんな人がのって、いろんな人が降りていく。しかし、誰より魅力的なのは、バスの運転手だ。病院の前のバス停では、「みんな早く元気になるといいな」と思い、いつもバスに手をふる子どものいる家の前を通る時は、すこしスピードを落とす。いつの時代も、子どもたちにとってバスの運転手はヒーローなのだ。

   さらに、この絵本を魅力的にしているのは、その絵である。あたたかな線と色で描かれる絵には、言葉にはなっていない小さなストーリーがたくさんつまっている。風邪をひいたおじいさんに席をゆずる人や、カーブでばらまかれてしまった荷物を皆が拾ってあげたりしている光景などがそこには描かれている。さらに最後のページは運転席の図解になっているなど、暖かな演出が施された1冊。(小山由絵)

内容(「BOOK」データベースより)

ブルンブルルン。バスがはっしゃしました。「おりるかたはボタンをおしておしらせください。」“ピンポン”となるたびにバスはとまります。がっこうのまえ、びょういんのまえ、おてらのまえ、大きな木の下…いろんな人がのって、いろんな人がおりていきます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 32ページ
  • 出版社: 偕成社 (1996/10)
  • ISBN-10: 4032210403
  • ISBN-13: 978-4032210408
  • 発売日: 1996/10
  • 商品パッケージの寸法: 25.2 x 20.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,302位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/2
形式: 単行本
内容はバスが駅から終点に向かうまでの出来事がえがかれたものですが、バスの運転手さんの乗客に対する優しい気持ちにとても心が温かくなります。息子はこの本が大のお気に入りで、いつも乗客のひとりになりきっています。バス以外の乗り物も数多く登場するので、乗り物好きなお子さんにもお勧めです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/9/29
形式: 単行本
普段からバスの利用が多いのでこの本はとても身近に感じているようです。
バスを降りるときに押す「ピンポン」停留所のアナウンス、どれも「こんな感じ!」っと親しめ楽しいようです。時間の経過でお客さんがかわり終点までの運行様子がよく分かります。毎回違う発見がある本です。人の表情、持ち物など細かなところを探しては楽しんでいます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バスが駅から終点に着くまでの、ほのぼのとした出来事の数々。
途中のりものもたくさん出てきて、働くくるま好きの息子は大喜び。
絵や色もきれいです。何度も見ているうちにいろいろな発見もあり、子供の観察力にも驚かされます。男の子におすすめです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
うちの息子もそうですが、2歳くらいの男の子はたいてい電車やバスがが好きなもののようで、こんな絵本をきっとみんな喜ぶと思います。カラフルで美しく、適度に写実的で温かみのある絵が私も気に入っています。息子は絵本の景色に登場するいろいろなもの…特に救急車やブルドーザーなどの働く車がお気に入りですが…を、あれこれ指差して楽しんでいます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もうすぐ2歳になる重機を含める乗り物大好きな息子に買いました。
最初から釘づけで読み、読み終えた後も何度も読み返しました。
バスが中心ですが、バスの他に脇役として重機や電車、ボートなども出てくるので飽きないのだと思います。
その他に、バスの中でのちょっとした日常的(そして道徳的)な、1ページで終わる程度の短いドラマもあるのも子供を飽きさせません。
息子は日本に行ったことがないので見たことのない風景ばかりでしたが、それでも駅のターミナルや田舎風景などに惹かれていました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
絵が昭和です。
自分が小さかったころの街並み。喫茶店、百貨店。
田んぼや畑。スリムボトルの缶ジュース(たぶん)。
バスに乗っている人たちと運転手さんの心の交流がぐっときます。
なつかしくてあったかい絵本です。

最後の夕暮れの山道は特にすてき。

子供にとっては、道行く車がミキサー車だったり、クレーン車だったりするのも嬉しいみたい。

いい本に出会いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子供に読み聞かせる為に買いましたが、思った以上に絵が素敵で
子供達も見入っていました。ただ、私の世代には走っていたバスも
田舎では少なくなり、乗る事も少なくなりました。
最後のページに運転席の説明がのっているので、子供達に乗って
見たいとせがまれてしまいました。何度か読んでやってから
一緒にバスに乗って見せてやりたいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
息子の2歳の誕生日頃に購入しました。
乗り物に興味が強くなってきているので、届く前から「えほん!バス~!」と楽しみにしていたようです。
毎日寝かしつけで読む絵本を選ばせていますが、購入してから2か月以上、毎日この絵本を持ってきます(笑)。
街でバスを見かけても大興奮です。
少し前に「がんばれパトカー」も購入しており、こちらも大好きなようです。
乗り物だいすきなお子様にはお勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 米橋清治 トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/29
形式: 単行本
竹下文子さんの絵本には、この本のような乗り物(旅客が乗れないものも含む~苦笑)がらみのものの秀作が実に多い。
この「ピン・ポン・バス」は、乗り物本の中でも特に秀作の一つに数えられるであろう。
ある意味、1930年代の名作映画「グランド・ホテル」の形式をいい意味で踏襲できている絵本である。

それだけではない。
バスとその乗客だけでなく、バスの走る街さえも、実にきめ細かく、読む者があたかもその街にいるかのような思いさえ起こさせる。
そこはまさに、1960年の東映映画「大いなる驀進(ばくしん)」で、当時出始めのブルートレイン「さくら」号の東京から長崎までの列車の旅を描いた作品の形式を、絵本の世界にさらに応用したような感を与える。

もっとも、当時の「さくら」号は夜行列車で、10数時間もの旅であったが、こちらのバスは、終点まで乗ってもせいぜい1時間程度。
しかし、その1時間の変化は、夕刻から夜、そして朝、昼へと続く夜行列車の旅に勝るとも劣らぬ「変化」に満ち溢れている。
確かに、描かれる街は典型的な郊外の西口、どちらかというとその駅の「裏口」にあたる側である(私が長年過ごした岡山市でいえば西口側、広島市でいえば北側・・・に相当する)。それは駅の向こう側の光景を見れば、そこをきちんと描かれてい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す