通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ピエタ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ピエタ 単行本 – 2011/2/8

5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,377 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ピエタ
  • +
  • ゼラニウムの庭
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ほんとうに、ほんとうに、
わたしたちは、幸せな捨て子だった。

18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。
『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児を養育するピエタ慈善院で
音楽的な才能に秀でた女性だけで構成される〈合奏・合唱の娘たち〉を指導していた。
ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。
一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる――

聖と俗、生と死、男と女、真実と虚構、絶望と希望、名声と孤独……
あらゆる対比がたくみに溶け合った、これぞまさに“調和の霊感”!
今最も注目すべき書き手が、史実を基に豊かに紡ぎだした傑作長編。

内容(「BOOK」データベースより)

18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる―聖と俗、生と死、男と女、真実と虚構、絶望と希望、名声と孤独…あらゆる対比がたくみに溶け合った、“調和の霊感”。今最も注目すべき書き手が、史実を基に豊かに紡ぎだした傑作長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591122670
  • ISBN-13: 978-4591122679
  • 発売日: 2011/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 1.9 x 13.7 x 19.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,324位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
残念でたまらない。この著者の筆力、心理描写力は卓越している。ヴェネツィアの孤児院ピエタで教えていたヴィヴァルディの失われた楽譜を捜す中で、孤児院にかかわる様々な女性の目を通して次第にヴィヴァルディの姿が明らかになるというプロットも秀逸。

しかし、これを三文小説に貶める欠点が二つ。

第一は18世紀のヴェネッイアの雰囲気が全く感じられないこと。登場するのはすべて現代女性だ。高級娼婦や貴族の女を含めて。その上、土地の空気が全く感じられない。私だってヴェネツィアに行ったのはただの一回。しかし、この作品よりももっと詳細に語ることができる。別に自然描写がなければ作品として成立しない、などと言うつもりはない。J.オースティンが自然を描写することは皆無。しかし、わざわざあの土地を選んだ以上、大運河にサンマルコ、ドージェ宮そしてジュデッカ島以上の描写を期待する。

女性たちの立場を示す服装や社会的慣習が全く無視されているのも問題だ。小説家は自分が生きる時空のみを題材にすべきとは思わない。しかしこの小説には例えばKazuo IshiguroのRemains of the Day(もちろん著者が生きるよりずっと前の時代が舞台だ)に見られる様な時代の息吹が全く感じられない。

そしてもう一つの、人によっては微細と思われる
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ピエタと言ってもイエスの遺骸を抱くマリアの像の話ではない.このピエタはヴェネツィア共和国にあった公式の女の赤ちゃんの捨子養育院兼音楽院で,固有の礼拝堂を持ち,ヴィヴァルディはそこの司祭であり,音楽教師であった.物語はかつての捨子 (これをピエタの娘と呼んだ) エミーリア (今では住込みの書記) を語り手とし,ヴァイオリンの名手になった双子のように親しい友アンナ マリーア (実在の人物) を音楽のリーダーとして,ヴィヴァルディがウィーンで63歳で客死 (1741) した報せがピエタに届いた所から始まる.文体はエミーリアの置かれた状況を的確に反映して変化し,平板な時代小説にはならない.そうして心理描写は適切の余り,読み手の心の用意のためいささか読みの中断を迫られるほどである.この特性のため,読み手は自然と18世紀ヴェネツィアに入り込んだ気持になる.もっと言えばこれが実はイタリア語で書かれた回想記のよく出来た翻訳であるような不思議な気分になる.これは綿密な研究による過去の復元作業の成果にほかならず,この達成は中島京子さんの '小さいお家 ' の達成をも上回る物凄い水準にある,と思われる.メインプロットの昔の楽譜探しは,音楽の恵みを味わわせつつ多数の人物たちに 思いもかけない救いをもたらしてめでたく終る.後味の極めてよい,極上のミステリと言えよう.強く推薦. 
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
話としてはおもしろいし、実在の人物に関してのもので興味深い。
ただ、なんとなく現代っぽい感じがしてしまうのと、言葉がおかしいところがあってちょっと引っかかった。
話も途中から予想していた展開になったり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 monteverita VINE メンバー 投稿日 2011/2/20
形式: 単行本 Amazonで購入
18世紀のヴェネツィアを舞台に、慈善修道院で育てられた主人公を語り手として
修道院の音楽教師でもあった大作曲家ヴィヴァルディの死から始まる物語が紡がれていきます。
主人公エミーリアは、一緒に音楽教育を受けた幼馴染の貴族令嬢の依頼で
ヴィヴァルディの遺品から一枚の楽譜を探し出そうとするのですが、
その過程で様々な人々と関り、心に秘めてきた過去の出来事に向き合うことになります。
捨て子だったエミーリアは言わずもがな、未亡人となって実家で扶養される令嬢ヴェロニカ、
聡明な高級娼婦クラウディア、主人公の親友で天才的な演奏家のアンナ・マリーア… 
それぞれに悩み、しがらみに縛られ、後悔を抱え、その想いと折り合いをつけながら
日々を生きる登場人物たちの姿は、時代や場所に関りなく私たちを映す鏡とも言えるでしょう。
人は誰も、いつ、どこに生まれるかさえ選べない。
くびきを持たない人はいない。
恋も夢もすべてが叶うわけではない。
それでも、よりよく生きること、生きようとすることはできるはず。
容赦なくも確実な時の流れと、それでもけして変わらないものがあることを教えてくれる
エピローグに、その静かな意志を感じます。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー