通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: この度はご覧いただきありがとうございます。良い商品をお届け出来るよう全力で努めさせて頂きます。☆こちらの書籍は良い以上の商品。多少の折れやシミ、書込みがある場合がございますが、弊社規程のクリーニング実施商品です。☆日本郵便ゆうメールにて原則2日以内に発送致します。できる限り早めの発送を心掛けております。☆商品は防水ビニールにて梱包。☆配送日及び時間指定はできません。☆宜しくお願い致します!
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ピアノの音色はタッチで変わるか―楽器の中の物理学 (日本語) 単行本 – 1997/6/1

5つ星のうち3.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥968
お届け日 (配送料: ¥480 ): 11月9日 - 15日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

謎に満ちた音の誕生物語。どのように演奏すれば、バイオリンでチェロより低い音を出すことができるのだろうか、管楽器の音色は材質によって左右されるのだろうか…。楽器が音を作り出す仕組みと音色を決める要因を探る。

内容(「MARC」データベースより)

どのように演奏すれば、バイオリンでチェロより低い音を出すことができるのか。管楽器の音色は材質によって左右されるのか。楽器が音を作り出すメカニズムと音色を決める要因を明らかにする。

登録情報

  • 発売日 : 1997/6/1
  • 単行本 : 230ページ
  • ISBN-10 : 4532520592
  • ISBN-13 : 978-4532520595
  • 出版社 : 日経サイエンス社 (1997/6/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
2 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
48%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
52%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年11月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月22日に日本でレビュー済み