ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]

5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,820より 中古品の出品:6¥ 1,598より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]
  • +
  • ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)
総額: ¥4,017
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上戸 彩.神木隆之介.池脇千鶴.福田麻由子.宮迫博之
  • 監督: 小島正幸
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XA813U
  • JAN: 4988021128636
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,117位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

行こう、森へ。

『花田少年史』の一色まこと原作。講談社「モーニング」にて連載中。天才と秀才、二人の少年ピアニストを描く、涙あり笑いありの感動作を劇場用アニメーション化。「時をかける少女」「パプリカ」等、話題の劇場アニメを連発しているマッドハウスが制作。また、主人公・一ノ瀬海のピアノ演奏を、世界最難関と言われる「ショパン国際ピアノコンクール」にて、1955年に2位に入賞し、現N響の音楽監督を務めるアシュケナージが担当した話題作!

原作:一色まこと(講談社「モーニング」連載)
脚本:蓬莱竜太
監督:小島正幸
主題歌:「Moonshine~月あかり~」松下奈緒(Epic Records Japan)
アニメーション制作: マッドハウス
製作: ピアノの森製作委員会

一ノ瀬 海:上戸 彩
雨宮修平:神木隆之介
一ノ瀬怜子:池脇千鶴
丸山誉子:福田麻由子
阿字野壮介:宮迫博之
ほか

(c)2007一色まこと/ピアノの森製作委員会

Amazonレビュー

2007年7月に公開された、マッドハウス制作の長編アニメーション。声の出演は、上戸彩、神木隆之介、池脇千鶴、福田麻由子、宮迫博之ほか。原作は、一色まことによる同名の人気コミック。ともにピアノに魅せられたふたりの少年の友情や、おたがいへの羨望も孕んだ心の葛藤を描いた物語で、全編を彩る秀麗なピアノの音色がすばらしい。“天才”と“秀才”それぞれが、自分にない相手の美点を目の当たりにして悩むさまと、のびやかに各々の才能を解き放つさまの、相反する様子が興味深い。また、やんちゃな少年・一ノ瀬海の声を当てた上戸の声音は凛々しく、海のライバル・雨宮修平役を担当した神木の卓越した演技力も、特筆に価する。神秘的なピアノの森の情景や、海と修平、それに誉子のゆかいなやりとりも丁寧に描かれていて、好もしい。(みきーる)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちゃんどの トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/12/23
森の光景とピアノの旋律が、心の奥にいつまでも残って。。。セミの声が響く夏の森の中にたたずむピアノから奏でられる、夢のように美しい音色。音楽を愛するもののための映画、ともいえるとおもいます。

二人の主人公のうちひとり、カイは恵まれない境遇に育ったが、ピアノの天賦の才能をもった少年。その指からは天才的な音楽が奏でられ、コンクールではモーツアルトの曲を即興に変えて弾いてしまう。一方、上流の音楽一家に生まれた修平は、ピアノに全てを捧げてきたのに、カイほどの才能はなく苦しむ。修平がカイに抱く嫉妬のような感情はぼくたち誰もが経験する試練でしょう。でもやがて、すべてを超越した二人の友情が、美しい音楽とともに、みるものの胸をうち、こころの奥深くに、感動的に、いつまでも響き、輝いていくのです。。。

メイン声優上戸彩さんは決してうまいとはいえませんが、むずかしい役を最大限熱演したとおもいます。音楽の美しさ・素晴らしさと、そしてとくに私たちがどこかにおき忘れてきたような、少年時代の、限りなく純粋な、美しい友情の輝きを抒情的に描写したこの映画は、2007年の日本アニメの残した秀作のひとつとおもいます。おひとりでもカップルでもご家族でもオススメ、星5つ です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/11/20
物語の主人公はもちろん海(カイ)なんですが、修平に感情移入するべきなのか、海に感情移入すべきなのか、あえて明確にしていないのがいい。私なんか、修平くんの努力家としての悩み、天才海へ鬱屈した感情、嫉妬を自分自身分かっていながら苦悩する姿、その健気さに感動してしまいました。

何度もテーマとして出てくるのは『自分のピアノを弾く』ということ。
「自分のピアノ」って抽象的すぎて、イマイチよく分かりませんが、これはもう生きることと同義といってもよいのかも? その「自分のピアノ」というものを、視覚的に理解できるようにしたところが、本作の醍醐味ですね。

海が、ショパンやらモーツアルト、ベートーベンの幻覚を見るようになる、というところも、賛否が別れるかもしれないけど、私は好きです。彼らの顔が海の周りの人たちの顔になってたりして、そのベタさ加減がなんともいい感じ。(笑)

ただ、「鉄コン筋クリート」の蒼井優の成功例はありますが、声優としてタレントを使うと、やっぱりどうしてもアニメに入り込めないような気がしますね。
上戸彩とか雨上がり決死隊の宮迫とかのイメージがダブるし、上戸彩は、はっきり言ってあんまり上手くない。修平の声を担当した神木隆之介くんは、まぁ、よかったかなとは思いますがね。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
不思議な話だ。森に放置されている素敵な特別製ピアノ。
この謎を解いていく。
著明なピアニストの息子として訓練されてきた東京少年。彼は田舎で生活することになる。
そこで、『野生のピアノ弾き少年』と出会った!!!
少年はイワクインネンある『森のピアノ』を おもちゃとして 育った少年だった。
驚く事態が次々と発生。
テーマ ずばり『音楽とは何か』を問うである。

さらに『森のピアノ』の根源になった元天才ピアニストが存在する。

音と人の関係を あらためて考えさせられた。
 これほどわかりやく伝えてくれた作品は初めてである。

楽しい物語だ。何回も目頭が熱くなる。人に勇気を与えるすばらしい作品。アニメ万歳!
原作者を 讃えたい。
真面目すぎるかな?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
音楽がすごくイイ!絵もイイ!
ただ他のレビューにもありますが、主役級があまりにも声が棒なのが気になります。
素敵な作品なのに壊してるのが勿体ない。
ゆえに星一つマイナスです。
違う配役で作品を観たいです。
OVAでもいいので。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私は漫画「ピアノの森」が大好きだったので、大変楽しみにしてこの映画を見ました。
そして映像や動き、ピアノの音などレベルが高く、嬉しく感じました。

ただ…全く感情移入できませんでした。
漫画ではとても魅力的だったキャラ達が、まるで別人に…。
台本の読み合わせをしているかのようなセリフたちに苛立ちました。誰も指導できる人がいないのか!?と思い、キャストを見てみると声優さんがいない…。

はっきり言ってガッカリしました。とてもいい作品なのに、その良さをこんなことで台無しにしてしまってはもったいないと思います。客引きで芸能人を入れなければならないというのなら、映画にするのは止めて欲しいです。やはり2時間で表現するには無理があると思うし、その分内容も薄くなってしまうので、テレビアニメのほうが合っていると思います。深夜放送では見る人も少ないでしょうが、子供が見る6時ごろに名作アニメとして放送するのなら良いと思います。

近年、名作アニメと呼べる作品はほとんどテレビでやっていません。
良い作品を話題づくりの映画にして駄作を増やすよりも、子供に見て欲しい名作アニメとしてもっとテレビで放映してもらいたいです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す