ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツ Original recording remastered

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,057
価格: ¥ 1,870 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 187 (9%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ロネッツ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツ
  • +
  • Christmas Gift for You From Phil Spector
総額: ¥3,030
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/11/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: SMJ
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B005J7CTTE
  • EAN: 4547366061703
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 143,505位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
2
30
2:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
3
30
2:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
4
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
5
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
6
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
7
30
3:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
8
30
2:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
9
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
10
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
11
30
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
12
30
3:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
13
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
14
30
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
15
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
16
30
3:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
17
30
3:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 
18
30
2:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 205
 

商品の説明

内容紹介

フィル・スペクターの代表作である名曲「ビー・マイ・ベイビー」の大ヒット(全米第2位)で知られるロネッツ。本作にはロネッツがフィレス在籍時の1963年~1966年にリリースした全シングルA面に加え、フィレスのサブ・レーベルであるフィル・スペクター・レコードからヴェロニカのソロ名義で発売された「ホワイ・ドント・ゼイ・レット・アス・フォール・イン・ラヴ」「ソー・ヤング」、フィレスのシングルでありながらジェフ・バリーのプロデュース作であったため長年CD化されなかった「アイ・キャン・ヒア・ミュージック」(初CD化)、1976年発売の『レア・マスターズ』に収録されていた「パラダイス」「アイ・ウィッシュ・アイ・ネヴァー・ソウ・ザ・サンシャイン」「ふたりの太陽」(いずれもフィレス時代には未発表)、A&Mでのシングル「つめたい恋」などを網羅した、文字通りのベスト盤だ。

■Blu-spec CD(TM)
■最新リマスター音源

メディア掲載レビューほか

ロネッツがフィレス在籍時の1963年~1966年にリリースした全シングルA面に加え、フィレスのサブ・レーベルであるフィル・スペクター・レコードからヴェロニカのソロ名義楽曲、等を収録したベスト盤。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 add9 投稿日 2012/1/11
形式: CD
内容についてはもちろん文句なし!なんて素晴らしい歌、曲、サウンド!
宝物になりうるアルバムです。

フィル・スペクターのサウンドをこれから聴きたいが、どこからいこうか、といった方。
もちろんスペクターのアンソロジー的なものも素晴らしいのですが、
私としてはまずこのロネッツのベスト盤をお薦めします
(スペクターサウンドに興味があれば、この盤を気に入ることは間違いないことでしょうし!その後クリスマスアルバムかクリスタルズのベストはいかがでしょう・・)。

と、言うよりこれ、全音楽ファン必聴ですが!

スペクターのウォール・オブ・サウンドだけでも卒倒ものですが、ロネッツのサイケでキュートな魅力。
ロニーの素晴らしい歌声。深いエコーとスケール感あふれるサウンド。郷愁を誘って、心温まる幸福感が押し寄せ、うっとりします。大げさじゃないんです。ほんとです。

全ての面でこの時代のサウンドとは思えない完成度で、言わずもがな後のPops界への影響計り知れないわけですが、個人的にはドラムのハル・ブレイン(スペクターやスペクターフリーク御用達ドラマー。Beach Boysの「Pet Sounds」でも叩いてる人)の力もやはり大きくて、ロックテイストを感じさせる、そこがまたかっ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
どこかで聞いたことのある歌声、オールディーズが好きだったのに、何十年も国産歌謡曲で我慢してた。達郎や大滝さんに目覚めるのも遅かった。YMOにハマっても、60年代は知らなかった。スペクターも知っていたのに詳しくなかった。結局ユーチューブで発見することとなってしまった。街角で聴いた、あの雑踏から突き抜けてくるような声、初めて見た彼女たちは、特にボーカルのベロニカ(ロニー、スペクター)は当時20歳くらいだったはず。他のボーカル達とは一線を画す、そのパフォーマンスは群を抜き、若年とは思えない程のしたたかさ。当時のバッドガールの走りだというから納得。ベロニカにサダメをつけて購入して聴きました。身震いするようなウォールサウンドとリズム、そして独特の甲高い歌声。。。もう一度60年代に戻りたい。。。特筆すべきはロニーのロックなのにヴィブラートを効かせた、パッセージと緩急を極めた、声のチカラの入れ具合。ツッパリ感の中のチカラの抜きが、セクシーなんです、限りなく。こんなひと聞いたことなかった。もう堪らない、来年にはロニーに会いにニューヨークまでぶっ飛んでるかも・・・・
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
たった2曲ですが、現在入手できる本物のステレオ録音CDがあります。
①Walking in the Rain
「Hard to Find Jukebox 1964」 雷音は、本物のように聞こえます。バック・コーラスは、右側スピーカーからエコーが効いて聞こえます。
②Be My Baby
「Hard to Find Jukebox Classics 1960-64」 言うことなし。 本物のステレオ音源。

2曲ともいつも聞いているモノラルの曲が、ステレオで聞けます。
恐らく元の音源は、ステレオでも発売できる録音ではないかと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ステレオでないのが残念だというレビューがありますが,残念ながら原音はMONOです。
それをいじくってステレオにしただけです。

1992年発売のCDも持っていますが,大瀧詠一さんの解説によるとエンジニアのラリー・レビンがオリジナル・サウンドを得るために当時使用したテープレコーダーを探してミキシングしたようです。
その原音はBACK TO MONOというモノラル音源です。
そのモノラル音源が奥行きがあるように聞こえるのがスペクター・サウンドの魅力になっています。

解説書でこれを読んで現在のほうがオーディオが発達しているのに逆に音が悪くなったんじゃないかと思いました。
しかし今回発売されたBlu-spec CDを聞いてラリー・レビンの考え方に納得させられました。

Blu-spec CDと聞き比べますと1992年発売のCDの方が低音が豊かで音に厚みがあります。
今回のBlu-spec CDはさっぱりとした音になっています。
最近ハイレゾ音源とかBlu-spec CDとか人気がありますが,余計な部分を除いた結果味わいのない音になっているのではないかと思うのですが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック