通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビール大全 (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビール大全 (文春新書) 新書 – 2001/7

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 820
¥ 820 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビール大全 (文春新書)
  • +
  • ビールの科学―麦とホップが生み出すおいしさの秘密 (ブルーバックス)
総額: ¥1,835
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ドイツ、ベルギー、英国といった本場から北米、南米、アフリカ、アジアまで、原料も醸造法味わい方も多彩な極上銘柄を詳細解説

内容(「BOOK」データベースより)

ビールなんて何を飲んでも同じと思っているとしたら、あなたは人生の楽しみのひとかけを掴み損なっているのかもしれない。世界を見渡せば、昔ながらの小醸造所が作る、原料も醸造法も味わい方も多彩な個性派が無数にあって、パブや家庭で楽しまれている。著者は無類のビール好きライターで、好きが昂じて世界を駆け巡った成果が本書。英国、ドイツ、ベルギーといった本場から北米、南米、アフリカ、アジアまで、選り抜きの名品180種を詳細解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 261ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2001/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166601830
  • ISBN-13: 978-4166601837
  • 発売日: 2001/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.9 x 12.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 506,201位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
日本のビールに慣れ親しんでいると、
ビールは銘柄による差異がほとんどない、と思う人も多いだろう。
ところが、世界のビールは、実に様々な個性を持っていることを知る。
世界各地を飲み歩いたビールの解説は、
そのビールが生まれた土地の背景も合わせて描かれていて面白い。
旅行記として読んでも、かなり楽しめる。
以前に比べ、外国産ビールは購入しやすくなってきている。
店頭で、外国語のラベルのビールを見かけることも多くなった。
試してみようと思うとき、手元に本書があると楽しみ方が増えそうだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
前半はビールの歴史や製法などを駆け足で紹介。後半はイギリス、ベルギー、ドイツなど、産地ごとに主要銘柄を解説。あまり深い情報は無いよう。安価な文庫本なので通勤電車とかで読むのに最適。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 読書散歩 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/3/27
形式: 新書
ビールのことが細大もらさず書いてある。前半は「そもそもビールとは何か」、後半は「世界のビールを訪ね歩く」。以下、本書を通読して、学んだことを整理して書きます。
ビールとは何かを知るには、それはどのようにつくられるかがわかればよい。ビールは大麦、酵母、ホップ、水があれば自分で作ることができる。それで孤島で暮らしたロビンソー・クルーソーの話で始まる。
大麦を水につけ発芽させた麦芽には、アミラーゼ(デンプンを糖に分解する酵素)、たんぱく質を分解し活性化させる酵素が蓄積される。これを乾かし、酵母を投入して発酵させればビールができる。常温で発酵するのが上面発酵酵母、冷温で発酵するのが下面発酵酵母、前者からできるのがエール、後者からできるのがラガーである。
ビールの歴史はエールビールのそれであったが、160年ほど前からラガーが台頭し、いまではラガーがほとんどである。ラガーの登場とともにビールは琥珀色になった(それまでは黒色が普通)。こうなるにいたったのには、アンモニア式冷凍機の開発(1874年)がおおきかったようである。
ビールは原料が麦(大麦)なので、パン(かつては大麦、小麦、燕麦)と親戚である。大麦を煮てつくった粥をよりおいしく食べるために発酵させたさいにできるうわずみの液体がビールである。麦を発酵させるという点では、ビールもパンも同
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
セゾンについての記述など、著者の実感が感じられ、楽しく読むことができました。
同時期に購入した「ビールの教科書」より出版は古いにも関わらず、ベルギービールへの記述は誤りなく、納得できます。
トラピスト、アベイなどをことさらに分類上別扱いしていないところも好感。飲み手の立場に近い気がします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック