通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビートルズ原論 (河出文庫) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ヒロショウ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●カバー、ページともにきれいな状態です。●帯なし。●【Amazonからの発送です。お急ぎ便などの発送オプション可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ビートルズ原論 (河出文庫) 文庫 – 2012/8/4

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 157

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビートルズ原論 (河出文庫)
  • +
  • ビートルズ都市論―リヴァプール、ハンブルグ、ロンドン、東京 (幻冬舎新書)
  • +
  • ビートルズは音楽を超える (平凡社新書)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビートルズ、デビュー50周年! イギリスの片隅の若者たちが全世界で愛されるグループになり得た理由とは。音楽と文化を一変させた彼らの全てを紐解く探究書。カバーは浦沢直樹の描き下ろし!

内容(「BOOK」データベースより)

ビートルズ、デビュー50周年!英国の片隅で生まれた若者たちは、なぜ全世界で愛されるグループになり得たのか。音楽と文化を一変させた彼らの足跡を、二〇世紀という“時代”に見つけ出す探究の書。時代を貫通して特別に愛され続ける理由を、出生から解散まで克明に追って明らかにする。これを読めばビートルズのすべてが分かる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 430941169X
  • ISBN-13: 978-4309411699
  • 発売日: 2012/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 262,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
私の場合、当時レコード屋でいろいろと物色する際、ジャケットが素晴らしいと中身を聴いて確認する前につい手にしてしまうことが往々にしてあった。つまり、レコードの場合、収録されている曲の出来具合と同等に、ジャケットのセンスがあるなしも販売戦略上の重要なポイントかも知れない。という訳で本書だが、正直表紙は漫画チックでいかにも安っぽい。ネット購入だから中身を読む事も叶わず、当初買うべきかかなり躊躇したが、結果的に表紙に騙されて正解であった。彼ら4人に関する本はいくつか読んではいるが、誕生から解散までのそれぞれの時代背景と社会的、文化的、歴史的考証が分かりやすく解説されており、ビートルズ入門書としても推奨して惜しくない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者の知識と情熱は伝わってくるが、読み物として面白いかどうかは別物だ。
裏書に出生から解散までとあるが、ビートルズストーリーと言うよりも60年代の音楽シーンを書いた本ではないだろうか。
確かにビートルズが中心で彼らから離れる事はないが、当時の文化を盛り込み過ぎてビートルズが狂言回しのように見えてしまう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、20世紀最高の音楽グループ=ビートルズを様々な角度から切り込んで秀逸な解説をしている。
4人の育ったリヴァプールの街、ケルトの文化、バンド結成からレコーディングにまつわる逸話。そして、彼らの世界へ与えた影響などを詳細に記述している。彼らの誕生から解散までのことは、団塊の世代は、すでに多くの方がご存知です。レビューアーが高1の時にビートルズが日本でも流行り、日本武道館での日本公演にもいきました。あれから50年以上たった現在、音楽の傾向も大きく変化した、もちろんビートルズ他のアーティストの影響が大きな影響を与えたことは事実でしょう。
もっと、彼等のことを、彼等の音楽を若い人たちにも知ってもらいたい!
本書はそれには最適だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
さすが和久井氏だ。これまでの様々なビートルズ論とは異なる視点から書いている。特にジョンとポールの性格からくる役割分担。中期から後期の「サージェントペッパー」や「アビーロード」は、発想力のジョン、全体構築力のポール、二人がいて始めてあの大傑作が誕生したこともよく分かった。読んで面白く、またアルバム年代順にじっくり聴いてみよう。和久井氏の今後の著書にも期待したい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告