この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビートルズレコーディングセッション 単行本 – 1998/12/10

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,110
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

知られざるエピソードが続ゾク。ビートルズのレコーディング秘話、全公開。本書は1962~70年にビートルズが行なったレコーディングの記録を、日記形式で刻明につづったロック史上最大のドキュメンタリーです。英EMIレコードの貴重な資料に、ジョージ・マーティンをはじめ当時の多くのスタッフの証言を加えて制作された、同社の公式記録であり、ポール・マッカートニーの独占インタビューも添えられています。


登録情報

  • 単行本: 351ページ
  • 出版社: シンコーミュージック (1998/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4401612973
  • ISBN-13: 978-4401612970
  • 発売日: 1998/12/10
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 691,536位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
1984年にビートルズデビュー30年記念アルバムのセッションズ、製作のため(このシングルアルバムはポールのヤァブロードストリートと発売が重なるためポールの反対で流産、のちに6枚組のアンソロジーとして実を結ぶ)のリサーチ結果の副産物的な本です。EMIアビーロードに保管されているレコーディング記録を丁寧に年代日付順に並べ、ビートルズがアビーロードで産み出した全ての曲の製作過程が詳しく記録されています。特にストロベリーフィールズフォーエバーと幻のアルバムゲットバックの製作過程とハーマジャスティの謎の解明には驚かされます。この本は私のようなブートレッグマニアやテイク違い、モノラル、ステレオミックス違い、フェードアウトの数秒の違いが気になる重箱の隅的マニアに大推薦します。1998年に発売された英国オリジナル版は未発表写真満載の豪華仕様ですのでマニアはチェックしてみてください。
追伸、、、1984年といえばブートの名盤、ファィルアンダーが登場。その後CDとして、ウルトラレアトラックス等の未発表音源満載のブート登場、これらの音源の流出元は、末期癌の苦悩をまぎらわすためにジョンバレットというエンジニアがビートルズのレコーディングデータの整理調査、未発表曲発掘を始め出し、資料としてカセットに録音したものが死後に身内から流出したということです。この人の研究をマークルイソンがバレットの死後に引き継ぎこの本、そして、アンソロジーとして発表されました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ビートルズが好き!という自覚をお持ちの方々は、これは絶対に持っていなくてはなりません。一家に一冊、一生の友となること間違いありません。彼らがどういう状況でレコーディングに臨んででいたか、それぞれの曲がどういう風に完成していったか、はたまた彼等をとりまく様々な人々の人間ドラマまでが克明に描かれた、笑いあり涙あり、奇跡的に素晴らしい書物です。 「イエロー・サブマリン」のコーラスレコーディングは、そこに居合わせた全員が、スタジオを練り歩きながら歌ったんだそうな。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
レビューの中で、新版・改版が現在ありますが、マーク・ルーイスンによるレコーディング記録は1962年6月6日から1970年5月8日までとまったく変わっていない。レコーディング記録の内容も変わっていない。
との記述がありましたので、旧版を購入しました。
1990年の初版本で、ちょっと嬉しくもあり、現在は、ビートルズのCDと合わせて、一曲づつ制作された経緯を読みつつ、スピーカーから流れる曲を満喫しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 読めば読むほど発見がある。
 「愛こそはすべて」の生中継をやることになった震えあがるジェフ・エマリック。
 実は後期といえど、仲は良かったジョンとポール。「ジョンとヨーコのバラード」録音。
 借りたハーモニカで録音した「フローム・ミー・トゥ・ユー」。
 物置?で録音した「ヤー!ブルース」。
 フィル・スペクターをなだめるリンゴ。「レット・イット・ビー」。
 一度捨てられた「ハー・マジェスティ」。
 深夜の録音のきっかけは「フランク・シナトラは12時より前に録音をしない」エピソードにかこつけたから。
 「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のオーケストラ録音を終えた深夜、こっそりハミングを録音したり・・・。
 微に入り細に入り、本当にかゆいところに手の届く本。しかも1曲の過程を追っていくことで、次第に見えてくる歴史的事実に深い感銘を受ける。
 ビートルズ・ファンしているなら、買っておいて絶対に損はない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告