この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ビートルズドキュメンタリー 太陽を追いかけて 単行本 – 1998/12/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,681
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   1960年代においてビートルズといえばトップスター中のトップスター。本国イギリスはもちろん、世界中のティーンエイジャーたちのあこがれを一身に集める存在だった。そんな時代のビートルズに数回にわたってインタビューした日本人ジャーナリストが1人だけ存在した。その人こそ、当時ミュージック・ライフ誌の編集長だった本書の著者、星加ルミ子だ。

   本書は、彼女がビートルズを取材した1966年の日本公演とアメリカ・ツアーや「マジカル・ミステリー・ツアー」のレコーディング風景、そして1965年6月の初対面の模様などを振り返った回顧録的な本だ。文章は比較的淡々としていて、30年以上の時間を経ているせいか、ビートルズに対するスタンスはかなり冷静かつ客観的なものだが、もっとも興味深いのはやはり、ビートルズが現役だった当時には書けなかった彼らの発言や行動などに関する記述。たとえば来日中、ヒルトン・ホテルでカゴの鳥のような生活に辟易したジョンが「ビートルズはまもなく解散します」と口走ったことなどは、ごく親しい著者でなければ知り得なかった事実。そんな4人の笑顔に隠された本音を示すエピソードを通じて、ビートルズの人間臭い部分が見えてくるのがこの本の最大の魅力となっている。(星野吉男)

内容(「BOOK」データベースより)

ビートルズに最も近かった日本人ジャーナリスト・星加ルミ子の手記。東京ヒルトン・ホテル十階のビートルズ貴賓室やアメリカ公演宿泊地のロスの大邸宅、そしてロンドン・アビーロードのEMIスタジオで見た四人の素顔と知られざるエピソードを初公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: 東京FM出版 (1998/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4924880671
  • ISBN-13: 978-4924880672
  • 発売日: 1998/12/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,254,654位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2006年9月10日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ビートルズ 楽譜