ビートたけし×松本清張 点と線 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ビートたけし×松本清張 点と線 [DVD]

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,350
価格: ¥ 5,848 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,502 (20%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,848より 中古品の出品:4¥ 5,455より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル TVドラマ】 -アメリカのTVドラマ50%OFFや日本初上陸の新作情報など、ユニバーサルのTVドラマ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ビートたけし×松本清張 点と線 [DVD]
  • +
  • アウトレイジ ビヨンド [DVD]
総額: ¥9,642
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 高橋克典, 内山理名, 夏川結衣, 柳葉敏郎
  • 監督: 石橋冠
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2008/03/21
  • 時間: 234 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0012DUDX8
  • EAN: 4988102478230
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,850位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ビートたけしが、松本清張の最高傑作に挑む。
映像化不可能と言われた推理小説の不朽の名作が、初のテレビドラマ化!

テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとして11/24・25に2夜連続で放送、2夜とも23%超という高視聴率を記録! 原作は松本清張の最高傑作とも言われる推理小説。


★松本清張の傑作推理小説を、ビートたけしほか豪華キャストで映像化!
作品評価も非常に高く、平成19年度 文化庁芸術祭賞 テレビ部門 ドラマの部 大賞受賞作品

★ビートたけし、5年ぶりのドラマ主演!
2002年に「張込み」「鬼畜」に主演したビートたけしが、5年ぶりにドラマ主演。

★名作を忠実にドラマ化!
当時の世界をリアルに再現!広大なセットや最先端CGを駆使して、東京駅のホームやSLなど“昭和32年当時”を完全再現。深いドラマ性とリアルな映像の融合が話題を呼んだ!


【特典】
●ビートたけし インタビュー
●メイキング映像:豪華オープンセットの裏側とCGの秘密
●PR映像集:みどころ紹介
等を予定


【スタッフ】
ナレーション:石坂浩二 原作/松本清張 「点と線」(新潮文庫) 脚本/竹山 洋 音楽/坂田晃一 監督/石橋 冠 チーフプロデューサー/五十嵐文郎(テレビ朝日) プロデューサー/藤本一彦(テレビ朝日) 制作協力/シネハウス 制作/テレビ朝日


【キャスト】
ビートたけし 高橋克典 内山理名 小林稔侍 樹木希林 原  沙知絵 大浦龍宇一 平泉  成 本田博太郎 金児憲史 名高達男 大鶴義丹 竹中直人 橋爪  功 ・ かたせ梨乃 坂口良子 小野武彦 高橋由美子 宇津井健(特別出演) 池内淳子(特別出演) 江守  徹(特別出演) 市原悦子(特別出演) 夏川結衣 柳葉敏郎


【ストーリー】
福岡市の海岸で発見された男女の死体。男は産業建設省課長補佐、佐山。女は東京の割烹旅館の仲居、お時。捜査を進める博多東署の鳥飼刑事と警視庁捜査二課の三原刑事は、ある重要な証言を得る。お時の同僚ふたりが、商事会社社長の安田を東京駅で見送ったとき、13番線ホームから線路を隔てた15番線ホームを歩く佐山とお時を見かけたというのだ。13番線から15番線が見渡せるのは一日のうちたった4分。そこに作為を感じた鳥飼は、やがて安田を容疑者と特定。が、彼には絶対に崩せぬアリバイが…。さらに事件の背景には大掛かりな汚職事件が絡んでいた—!


【テレビ オンエア情報】
2007年11月24・25日 2夜連続 テレビ朝日系にて放送


(C)2007 テレビ朝日

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松本清張原作、テレビ朝日開局50周年記念番組として製作されたサスペンスドラマ。昭和32年、福岡市の香椎海岸で発見された男女の情死体に疑問を抱いたふたりの刑事が、真犯人探しに奔走する姿を描く。ビートたけし、高橋克典ほか豪華キャストが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作ファンにとっては、賛否両論あると思う。
松本清張の原作は、「社会派推理小説の鏡」と言ってもよく、極めてドライに描かれている。鳥飼刑事に宛てた主人公の三原刑事の手紙を読む限り、決してつかまらない「悪いやつら」に対する義憤はあるが、むしろ事件解決の安堵感が感じられる。

ドラマは大幅な脚色が加えられている。原作では脇役の鳥飼刑事(ビートたけし)を全面に出し、その喜怒哀楽をあますことなく描いている。いや、ビートたけしの「熱演」あってこそのドラマといえる。
ターゲットとする視聴者は五十代以上。舞台となる昭和32年を体験しているか、自分の両親から「戦時中、戦後の時代」を度々聞かされた人たちである。
鳥飼刑事は戦争の生き残りだから、余生の全てを犯人逮捕に捧げている。関東軍(ソ連参戦時に満州開拓民を置き去りにして真っ先に逃げたといわれている)にいたという安田社長に詰め寄るところ、犯人に自害され事件の黒幕にまんまと逃げられた憤りを若い三原刑事にぶつけるところ、彼の純粋すぎる正義感が炸裂する。
視聴者はその姿に、琴線を揺さぶられる。

松本清張の最高傑作と言われているが、実はたったひとつの欠点がある。事件解決の鍵となる「空白の4分間=東京駅13番線から15番線が見渡せる唯一の時間」に、「殺害された男女を間違いなく15
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本作は、昭和の不朽の名作といっても過言ではない、松本清張の『点と線』を初めてテレビドラマ化したものである。かつて「映像化不可能」と言われた『点と線』であるが、最新のCG技術を駆使し、さらに豪華キャストを迎えて、ここにあらためて映像化が実現した。

物語は、福岡県香椎海岸で若い男女の死体が発見されたことから始まる。二人の死は心中か、それとも殺人か。捜査の糸口は目撃者だけが知るたった4分間の空白。悪が栄え、正義は滅ぶのか。時の流れの中で良くも悪くも変わらぬ人間の本質を垣間見ることができる作品である。

特に本作においては、キャストの熱演が印象的であった。ビートたけしはもちろん、高橋克典や内山理名、柳葉敏郎、夏川結衣など、長いセリフや夏場のロケに苦労しながら本作が完成したことを特典のメイキング映像から知った。全てのキャストがマッチした作品を見たのは本当に久々である。

なお、本作が原作を知らない人々に松本清張の作品に興味・関心を持たせ、本を手にとる機会を多く与えたことも高く評価したい。やはり原作の「良さ」を映像化から再び気づいてほしいと思う。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『点と線』は 戦争をきっちり体験した者にしかわからない。松本清張の肉体にきりこまれた「戦争」を知らぬと理解できない。松本清張は、遂に独自の清張文化を創りあげた。
清張の最高作品である『点と線』。
 なぜ、映像化が可能になったのか。
===========
 ビートたけしの存在。彼は清張の時代を肉体化している化け物である。
 当時の 義理堅き 日本社会が 見事に描かれている。
 たけしの存在は 戦争を体験した驚異の姿。時代の象徴というよりそのものである。
 この作品を観るだけで 戦争をキッチリ身体にしまった男と女たち、さらに大きな財政界の当時の姿がキチンと伝わってくる。
 同時に そのなかで生きている人間の哀しみも きっちり入っている。
 それは「奇跡」とでも言うしかない。
 まさか、映像化できるとは思っていなかったが、完成された奇跡の作品。
 今後、かような作品をもくろむ者は存在しないと思う。
 最高傑作。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いちまる 投稿日 2013/11/17
Amazonで購入
やっと手に入りました♪僅か4分間。小説を愛読している人も多いこの作品、自分もです。展開が、飽きない。キャストに当時注目が、ありましたが、やはり俳優ビートたけし、そして出番は少ないが、樹木希林さんは存在感がやはり素晴らしい!!そして、市原悦子さん。あっぱれでしたね。骨太の、原作を此処までやりきった監督に拍手です。夏川さんも、儚げだけど芯をもって、最後を迎えます。私は、ここに書いた役者さんが、非常に印象に残りました♪テレビドラマですが、当時録画して、何度も観ました♪うん、満足です(^-^)v
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック