通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか? がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。少し、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか? 単行本 – 2003/6/15

5つ星のうち 3.5 49件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
  • +
  • 外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番!  問題解決力を試す60問
  • +
  • 地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
総額: ¥5,647
ポイントの合計: 171pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ビル・ゲイツの面接試験
 米マイクロソフトの採用試験の面接手順は独特で、電話で聞き取り調査を行った後、本社で1日がかりの面接試験を行う。人事の専門家ではなく、現場の社員が行うこの面接は、パズルや頭の体操的な問題が出ることで有名である。本書はマイクロソフトで出題された問題を紹介しながら、パズル面接を活用する意義を分析する。

 「マンホールのふたはなぜ丸いのか」「鏡が上下でなく左右を逆転させるのはなぜか」「ビル・ゲイツの浴室を設計するとしたらどうするか」。これらは過去に出た問題のほんの一例だ。プレッシャーがかかる中で、ひっかけや落とし穴がある問題に答えるのは容易なことではない。中には想像力を試す「解けない」問題もある。著者は「どんな答えが期待されているのか、頭の中や対話の中で整理する」「大きくて複雑な問題には単純な答えがある」など、問題を解くヒントを紹介する。

 パズル式面接は間違った採用の防止という側面が大きいと著者は結論づける。技術が日々変化している中では、特定のすぐに陳腐化する技能を見ても意味がない。一般的な問題解決能力を判断して採用する方が得策というわけである。豊富に掲載された例題で、自らの問題解決能力を見極めてみるのも面白そうだ。


(日経ビジネス 2003/07/21 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

これが出来れば天下の逸材。世界一スマートな企業の社員採用理念は、超高IQか、それとも型破りの発想と情熱なのか。並みいる秀才をうならせる、驚異の難問・奇問のパズルとクイズの数々。逸材発掘の秘密のベールを剥ぎ、難関突破の傾向と対策のすべてを公開する。真の知性とは何かを根源から問い直す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 341ページ
  • 出版社: 青土社 (2003/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791760468
  • ISBN-13: 978-4791760466
  • 発売日: 2003/6/15
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,400位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
マイクロソフト社の面接試験というタイトルですが、単純にフェルミ推定から
パズル問題集と考えてください。

フェルミ推定と言うのは例えば富士山の高さと裾野の広さから巨大な土砂の
三角錐を推定して、そこから何万人の人々と何万台のトラックを使い何年で
富士山を運べるかを算出するなどの思考実験です。

パズル問題はマンホールはなぜ丸いか?8個のビリヤードの玉があり、
1つだけ少し重い玉があり、その他の玉はみな同じ重さです。
さて最低何回天秤にかけて測定すればいいのか?などです。

本書の他の内容はこの手の問題によって面接試験の合否を決めるのは
不適なのではないか?という討議があります。
純粋に読んで面白かったのは面接問題とその解答だけです。
気軽なパズル問題として楽しむ本でしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マイクロソフトがどのような考え方で人材を選ぶのか、について触れた書籍です。
面接においては「論理的パズル」、つまり与えられたパズルのピース(断片的な情報)をもってどのような解を導くか、そしてその証明がもとめられるそうです。

中には「けして解けない問題」、たとえば”秤を使わないでジェット機の重さをはかるにはどうしますか”等があるそうですが、それでも答えと、「な ぜその答えに至ったか」というプロセスが重視される模様。

ソフトウエア業界は、コンピューターという思考の出来ない”ハードウエア”に対して思考する方法を教える”ソフトウエア”を開発する業界ですが (そして思考の結果を一般の人にわかりやすく表示させる)、その思考方法を演算=コンピューター的=理論的に考える能力が求められているようです。
違う業界の人であっても、また採用担当者や、これから面接を受けようとする人でなくても、「理論で割り切れないとき=先に挙げたような”けして解けない問題”に遭遇したときにどうするか」という、問題解決能力が求められるところは同じようにも思われ、その面でビジネスにおける考え方の参考になります。

たとえば問題解決能力のうちのひとつは、これも上に挙げた「与えられた情報だけで”回答に近づける”」推測と自己検証ですが、それを見るために
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビュアーも書かれていますが、就職対策として読むなら後半のパズル問題から
読み始める方がいいと思います。前半の歴史部分は正直言って私には退屈でした。
また、外資面接対策本としては、最近出版された『外資系企業がほしがる脳ミソ』
を併せて読むことをおすすめします。こちらの本はパズル問題と解答のみにしぼって
あり、問題数も多くて、何よりも安いのが助かります。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 poox3 投稿日 2003/12/24
形式: 単行本
一部企業で行われているパズル面接について、(1)パズルの歴史 (2)問題と回答 (3)有効な活用法 をまとめたものです。
パズル面接は一部の外資系企業では実際に今も行われているものであり
外資系企業の面接を受けた友人によると「新幹線で一日に売れるコーヒーは何杯ですか?」など
実際に出題されているそうです。
外資系企業などを志望する学生にはひとつの参考書となるかもしれません。
パズル問題自体には面白いものもあり、パズル本としても楽しめるかもしれません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
→マイクロソフト社という世界的に有名な会社が

 世界のトップであり続けるために、世界中のエリートを集めています

 ..いや、実際は「集めている」というより、

 「集まってくるエリートを、ふるいに落としている」

 という表現の方が正しいかもしれません

→本書は、その「超エリート」を「ふるいに落とす」ために

 「面接時の限られた時間の中で、難問・奇問のクイズを出し、解答させる」

 という手法を使っている、この会社の背景と現実に迫ります

 

→もちろん、その難問・奇問のクイズと解答は知的好奇心を大いに満足させてくれます

 ただ、その問題群の前にある背景も見逃せません

 ハイテク産業の短くも激動の歴史

 公平性を保ちつつ優秀な人を雇いたい会社側の論理

 短い時間の中で自分の評価を下げずに解答にたどり着きたいというエリート側の心理、

 そして、そもそもこのような面接方式が妥当かどうかの考察も..

→多湖 輝先生の「頭の体操」シリーズが好きな読者にはたまらないでしょう!
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す