通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯付き。カバーに薄い複数のスレキズとやや小キズ、上下部と端にややスレ、カバーと三方の一部に若干の薄汚れが有ります。ほかは若干の日焼けや、やや使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。付録品、付属品につきましては明記のないものは原則として付属いたしません。保管中のヤケを防ぐためOPP包装して保管しておりますので商品の事前のお問い合わせについてはお答えしておりません。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビルマの黄昏―私の人生・シャン王妃 単行本 – 2010/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,255

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

キャンペーンの詳細はこちらまで。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

オーストリアからビルマに嫁いだ白人女性の数奇な運命。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

サージェント,インゲ
1932年2月23日、オーストリア・ヴィーゼナウ出身。1950年、地元の名門高校卒業後、グラーツ大学に入学。フルブライト奨学金を得て、1951年から1952年までの間、米国・コロラド女子大学に通う。1953年3月にコロラド鉱山大学の卒業生でビルマ・シャン州北部の藩王だったサオ・チャ・センと結婚。ビルマへ渡り、シャン州の王女としての人生を始める

藤崎/一雄
ジャーナリスト。旧京城(現ソウル)生まれ。1963年、早大教育学部英語英文科卒業、同・英文専攻科入学。1964年、(株)文化放送入社。CM部、制作報道センター等に勤務。旧・運輸省、国鉄記者クラブ詰め記者。定年退職後、東南アジアを遍歴するも、最終的にビルマに填まる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 301ページ
  • 出版社: 早稲田出版 (2010/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898273793
  • ISBN-13: 978-4898273791
  • 発売日: 2010/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,371,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう