ビルマの竪琴 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: アマゾン配送にて即日発送★【チャプターリーフレットつき中古美品 ケース(新品交換済) ディスク再生面、すべて綺麗です(写真参照)】 在庫確実!国内正規品:レンタル品ではありません。 ★一品、一品、丁寧にクリーニングし【アマゾン倉庫】よりクリスタル包装にて発送。 ★【全額返金保証】万が一、説明文と異なる時は、ご返金を賜りますので、安心してお取り寄せください。(日時指定、お急ぎ便、代引き・コンビニ決済、電子マネー、海外発送、ギフトラッピングも賜ります。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,486
通常配送無料 詳細
発売元: あしなが本舗 
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ビルマの竪琴 [DVD]

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,430 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media bankが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 5,080より 中古品の出品:3¥ 2,979より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 三國連太郎, 安井昌二, 西村晃, 北林谷栄, 伊藤雄之助
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2002/11/22
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006YXS2
  • EAN: 4988103600524
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 47,107位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

太平洋戦争末期のビルマを舞台に、投降を拒否する日本軍の説得に向かったまま消息を絶ってしまった上等兵の心情を、日本映画界の巨匠、市川崑監督が独自の映像美で描く。

【特典映像】
●ビルマ45年前の現地撮影未公開シーンを収録
●「埴生の宿」「仰げば尊し」など、劇中歌を紹介

Amazonレビュー

   太平洋戦争終結後、米軍の要請で抵抗する日本軍の残党を説得しに行き、そのまま行方不明となった水島上等兵。その消息を追う、同じ井上部隊の面々。やがて水島は、部隊の前に仏僧姿で現れるのだが…。竹山道雄の同名小説を市川 崑監督が映画化した、不朽の名作である。
   音楽を好む部隊が歌う、数々の唱歌が心に染みる。また本作はモノクロ画面であるにもかかわらず、まるで「ビルマの土は赤い」というテロップさながらに色を感じさせる演出効果と映像美がすばらしい。さらにそこから、戦争による死者への追悼といったテーマが如実に浮かびあがってくる。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2004/5/23
後に監督自身が中井貴一氏を主演にリメイクしたオリジナル作品。リメイク品も観たが、個人的にはこちらの方が好きだった。作り直すのだから不完全と思える点もあったのだろうが、モノクロ映画から伝わってくる重みが凄い。画像がドキュメンタリー風であることもあるが、モノクロ独特の明暗が心の苦悩を現すようで圧倒された。ラストシーンで水島の手紙を船の上で読むシーンは忘れられない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2005/8/7
戦争と音楽で、人の魂を描いた作品です。
戦争の無味乾燥な破壊と、音楽のもつ共感の力とのコントラストは、
人が様々な側面を持っている事の象徴なのだと感じました。
そこで描かれるのは、善悪の二元論を超越した魂の本来の姿です。
合理化された現代人の心に衝撃を与える名作だと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作品自体も素晴らしい。
モノクロ作品なのに、「ビルマの土は赤い」と感じるくらい
色彩に満ちている。
でも、やはり凄いのは隊長を演じる三国連太郎の演技だ。
「おーい、水島。一緒に日本へ帰ろう」とオウムに囁く静かな佇まい。
敵兵に出くわし、覚悟を決めて突入しようとする時の殺気に満ちた顔。
船上で水島の手紙を読み上げながら、感情の高まりを懸命に抑えようとする声。全てが素晴らしい。
今、これほどまでリアルでかつ感動的な演技を出来る俳優は居ない。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/28
この映画は、是非、一度は見るべきでしょう。日本映画を代表する名作の一つです。
見終わってからも心にジーンと来るものがあります。
戦後60年という時を経ても、今だに出てくる日本兵の遺骨…。
アジアの各地では、帰国を待ちわびるこうした遺骨がまだ沢山残っている。
この映画の水島上等兵は、ビルマで終戦を迎え、帰国する寸前であった。
しかし、至る所に転がる日本兵の遺体の山を見て唖然とする。…そして、それが彼の運命を大きく変えてしまった。
ビルマだけでも大勢の日本兵が死んでいたから、彼が一生かけても葬ることの出来るような作業ではなかったのだが…。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
埴生の宿(原曲は英国の歌)で連合軍の歌に囲まれて、結果終戦を知る村でのシーンは映画的な迫力のある素晴らしい輝きがあると思います。それは、日本軍の連隊がある歌を歌いながら火薬を取りに行くのですがそのとき緊張をほぐすためにつま弾くビルマの竪琴、その音色まさに素晴らしいシーンです。さらに連合軍の歌に呼応して竪琴を演奏することは音楽は万国共通の原語(特にこのときは連合軍の中でも英国と日本の共通の歌)ということをうまく表現していると思います。
この表現はのちに仲間と居てもたっても居られずに金網越しに再会するときのお別れの言葉なしに竪琴を引くだけで語るシーンにもつながります。本題の「名もない兵士の魂の鎮魂」は言葉でも映像でも表現できない経験したことのある人間にしかわからない厳しい現実でしょう。ですから水島上等兵の選択を我々も深く心に刻み込まなければならないと思います。ある兵士がいうところの「では水島上等兵の家族はどうなるのか?」永遠のテーマだと思います。この作品は同じ監督で2回作られているので、俳優のリアリズムの比較ができて面白い映画だと思う。当然、この物語を演ずる俳優はこの映画の時代の俳優の方が戦争を経験している人たちが多い分、上です。私の中ではこの映画は戦争映画のベスト3に入る映画です。お勧めというより観なければならない映画の1つだと認識しております
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック