この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビョークが行く 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 100

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』では、ぶあつい眼鏡をかけ、さらけ出し系演技で音楽ファン以外の人々の心をもつかんだアイスランドの歌姫。「変わってる」と形容され、“妖精のような少女のような女”とも評される天才アーティストの素顔に迫る、激しくわかりやすい評伝。

内容(「MARC」データベースより)

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で音楽ファン以外の人々の心をもつかんだアイスランドの歌姫、ビョーク。「変わってる」と形容され、「妖精のような少女のような女」とも評される天才アーティストの素顔に迫る評伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 157ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410542601X
  • ISBN-13: 978-4105426019
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572,549位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
いままでbjorkに関して書いてある文章にはどこか,オーバーなところがあったり,bjorkへの人間としての敬意がなかったりあまり「良い!」とすすめられる本,文章はなかった。
でもこの本はbjorkへの敬意,bjorkが書かれて不快になることがないようにという配慮がとても感じられるのでbjorkファンの私は不愉快にならずに気持ちよく読む事ができた。bjorkへインタビューしたときの著者の感じた印象がオーバーにならず自然に書かれている。妖精のようだとか人間離れしている,変人であるそういう書き方がされていないところに共感がもてるし,この著者(女性)の暖かい人柄を感じる事ができる。
bjorkについて正確に知りたいというbjork初心者にもbjorkファン歴が長いというかたにもお薦めできる。
お値段もお手ごろでbjork好きのお友達へのプレゼントにも最適だと思う。ミュージシャンについて書かかれた書物であまり良質といえるものはあまり見当たらないがこの本はとてもよく書けていると思う。
でも,bjorkの写真が見たいという人にはお薦めできない,表紙のbjorkの写真はすごくいいのだけれどこれは写真集ではないので御注意!
でも,bjorkファンの私の勝手な意見だが本としては5つ星です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わたしはbjorkマニアまではいかないかもしれませんが、今まででたCD 本、DVDほとんど持ってます。(今年のふじろっくもいってきます。)ビョークの写真とかのってないってかいてあったし、、、と思いつつも購入!書いた人も訳した人も女の人で本当によかった、、、って思ってしまった。女性特有の感情の部分がすごく痛いぐらいにわかって、すごくビョークの事を考えた上で接してくれてるのがすごくうれしかった!!!よんでいてなんかすごい優しい気持ちになれる一冊でした。トイレで読んでいたのですが半日ぐらいこもって読み切ってしまいました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/5
形式: 単行本
風変わりであると同時にとてつもなくファッショナブルないつものビョークでなく、まるで代官山で見かけるコジャレた少女のようなビョークのまっすぐでいて、おとなし気な表情がこちらを見つめている表紙が印象的な本書は、「アメリカのロック界屈指のフェミニスト」であるエヴァリン・マクドネルによるビョークの伝記、ではなく、訳者も説明しているように、一種の「ラブ・ストーリー」である。だが、洋楽(死語?)のCDの国内盤を買う度についてくるライナー・ノーツにありがちな、「この人ちょっと頭弱いんじゃないかな」とリスナーに思わせるロック評論家ふうの耽溺ぶりは本書では残念ながら(?)味わえない。「ビョークに恋した」だけあって、よくデキた男さながらビョークをとても丁寧にあつかっている。ビョークのことをまだよく知らない人、ビョークに病気な人、そしてビョークのことをあまり良く分かっていない人、みんなに読んでほしい。11歳でのデビューから(シュガーキューブスはもちろん、幻のバンドスピット&スノット、ククル情報まで網羅)映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』最新作『ヴェスパタイン』、そして2002年の出産に至るまで、ビョークのすべて、は分からないにしても(なんせ彼女はもうわたしたちの想像を遥かに超えた宇宙の生命体だから)、わたしたちは自分に必要な何かをビョークから分けてもらうことは可能だろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック