中古品
¥ 800
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 プク書房
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 除菌クリーニング済    比較的使用感薄く、きれいな状態です。   *中古品につき多少の経年感、使用感はご容赦ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビューティ・ジャンキー-美と若さを求めて暴走する整形中毒者たち 単行本 – 2008/2/28

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 543
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

脂肪吸引、豊胸、フェイスリフト、ボトックス注射──
『ニューヨーク・タイムズ』紙の人気女性ジャーナリストによる、
みずからの整形体験も交えた、鮮烈でウィット溢れる渾身のレポート

本書に登場するビューティ・ジャンキー(美に取り憑かれた人びと)
●一日二四時間美しい容姿の維持に専念して手間を惜しまないニューヨークの女性たち
●南アフリカに「整形サファリツアー」に出かけ、魔法のように若返った容姿で野生動物と一緒にカメラに収まる患者たち
●七〇〇ドルのジミーチューの靴をはきたい女性に「足のフェイスリフト」を施すマンハッタンの足病医
●ポーカーフェイスを保つためにボトックス・ジャンキーになるニューヨークの男性弁護士
●顔同様全身たるみなくピンと張った状態にするために最もプライベートな部分を整形する女性
●両親から卒業祝いに胸インプラントを贈られる女子高生

高須クリニック院長・高須克弥氏推薦!
成長を続けるアメリカ美容整形ビジネスの光と陰!
日本美容医療業界の将来を予見する力作

著者について

アレックス・クチンスキー Alex Kuczynski
『ニューヨーク・タイムズ』紙の記者を八年間務める。現在は【流行】面のコラムニスト。ボトックス、ブリトニー・スピアーズ、仏教など幅広いテーマの記事を執筆。『ヴァニティ・フェア』、『ハーパーズ・バザー』、『アルーア』、『ニューヨーク・タイムズ・ブックレビュー』、『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』ほか多数の雑誌にも寄稿。ニューヨーク市在住。
著者ウェブサイト www.alexkuczynski.com

草鹿佐恵子(くさか・さえこ)
1960年京都市生まれ。大阪大学人間科学部卒。訳書『スピリチュアル セックス』(ワニブックス)、『ジョニー君のレモネード屋台』(バジリコ)、共訳『未来人ジョン・タイターの大予言』(マックス)など。大阪府島本町在住。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: バジリコ (2008/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862380697
  • ISBN-13: 978-4862380692
  • 発売日: 2008/2/28
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,499位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
米国人が整形中毒に陥った背景をかいま見る事が出来る。
結論から言えば、本人だけの問題ではなく社会環境の変化も大きな原因である事が分かる。

最初の方は(この手の本にはありがちなリスクの強調ではあるが)、安易に使っても安全かのようなイメージの定着したボトックス注射の真相や、ニセボトックスが毒素が致死量にまで達し被害を受けた人の話、整形サファリツアーに参加する人々の様相(美とは無縁の安いお買い物ツアーに行く人々の行動のようながさつな印象)、そして美容整形の歴史も詳しく書かれており、当初は戦争で顔の一部を吹き飛ばされたり失った人たちを救う技術であった事などが記されている。
ボトックスが安価になったのは、儲け主義の人々が"人体に使用不可"のニセボトックスを売り始めるなど安価で手軽になった事のリスクも書かれている。しかしボトックスは所詮毒素なので致死量に至れば、肺までもが麻痺し手だてもないまま窒息死するなどかなり死に様は悲惨なようだ。

整形中毒者が生まれる背景として、米国人は生涯平均的に11回も引っ越すようになり、離婚率は1900年代の7倍、50歳60歳でも独身でデートの駆け引きをしなければならない、一つのことに集中していられる時間は短くなってしまった、会社も生涯で7つの職種を平均で経験するなどの環境が、自分の世評を名刺代わりとし
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/12/24
形式: 単行本
"ニューヨークのような都市では、人は自分の依存癖を好んで話題にする。あたかも何かに依存する性質を持っていることは何かを達成した証しであるかのようだ。依存癖について話すことで、人は実力者、影響力のある人々、強い感情と情熱にあふれ、ありふれた日常的なものよりも複雑で高尚な悩みを持つ人々から成るエリートグループの仲間入りをすることができる。"

依存症。老いることへの恐怖心からあらゆる美容術にのめりこむ人々の迫真レポ。読後、"SEX AND THE CITY"のDVDを1巻からまたみたくなっちゃいました。「シワがある」サラ・ジェシカ・パーカー。あのセレブはあのクスリ、、、とかけっこうキワどい話がある一方で、著者自らの「突撃取材」もあり、この世界の俄かには信じがたい最前線がユーモア/ウィットに溢れる筆致で描かれます。翻訳も秀逸。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 美容整形がここまできているとは、実際想像しなかった。
ポトックスをはじめとする全身整形など本書を読んでいる
期間何度か悪夢を見た。

 まさにアメリカ的だと思うのは、大衆の大きな欲求の流れ、
経済的に言うなら消費者心理が「欲しい」と望んだらほかの
どの国よりも圧倒的に早くそれが何らかの形で実現してしまう
ということだ。つまり彼らは伝統に縛られず、いまだに若い
国であって人々であるのではないか。日本では、ヨーロッパでは
こうすんなりとはいかない。

 アメリカの美容整形の内情をEX-経験者が語るみたいな、まさに
アメリカ的。いずれにしろ本書の内容はインプラントとかが出現
し始めた日本に生きる我々にとって非常に有意義なので読む価値は
ある。よくまとめられた良い本。アメリカの倫理観は価値観はもう
だいぶ前に死に絶えてたが、アメリカのジャーナリズムはまだまだ
死んではいないらしい。

 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
45歳くらいになったらボトックス注射でも打ってみようか。
そう考えていたが、お手軽に手をつけられるものでもなさそうだ。
絶対安全でもないし、副作用で苦しむ人が結構で多いそうです。
「デスパレードな妻たち」で冷淡な完壁主義者、ブリー・バン・デ・カンプを演じるマーシア・クロス。
彼女の額と頬はまるで能面さながらにすべすべで無表情です。
私はこれは彼女の演技力の賜物、わざとそういう人格を創っているのだとばかり思っていました。
しかしこれがボトックスの濫用を示す最も典型的な例だったとは。

芸能界ではまれなボトックス・バージンな女優が監督やプロデュサーからは引く手あまたというのは逆説的です。
整形手術を受けたことがない女優があまり残っていないので、母親役や祖母役を演じられる女優が少ないためだとは。

それでもアメリカ人で美容整形を受ける患者の三分の二以上が、年収が5万ドルに満たない層だとのこと。
ハリウッドセレブたちだけの物ではないんですねえ。

そうは言っても人の美醜に関する好みはひとそれぞれ。
と、思いたくなるが、異なる文化に属する人々が全員同じ好みの顔だちを選んだという研究もあるそうです。
日本人男性がアメリカ人女性と同じ美観
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す