中古品
¥ 294
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビューティフル・マインド 天才数学者の絶望と奇跡 単行本 – 2002/3/15

5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 38
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ビューティフル・マインド 天才数学者の絶望と奇跡
本の存在を知ったのは映画からである。下馬評の高かった他の候補作品を押しのけて「作品賞」「監督賞」「助演女優賞」など、2002年のアカデミー賞の4部門を受賞した同名の映画だ。良い映画だった。しかし高い評価を得ているのは映画だけではない。本そのものも伝記部門でピュリツァー賞の最終候補となり、全米批評家協会から大賞を受賞している。4年の歳月を費やしただけあって、取材は綿密で、読みでのある本だ。

映画は主人公の天才数学者、ジョン・フォーブス・ナッシュ本人の生涯と同時に、夫人らとの家族愛を前面に出したもので、それがテロ後の米国が求めるものと一致して多くの賞を取った。映画の原作になったこの本は、より詳細にナッシュが歩んだ壮絶な人生の軌跡を追い、彼の人生を彩った人々を描写している。

ナッシュは、国際貿易理論など経済学の分野のみならず、生物学、政治学など幅広い分野に大きな影響を残した人物である。1994年にはノーベル経済学賞も取った。しかし、そこに至る道は数奇だ。「ナッシュ均衡」「ナッシュの交渉解」などから彼の名前を知っていても、彼の人生の壮絶さはこの本か映画で知った人が多かったのではないか。評者もそうだった。

ナッシュは子供の頃から「どう見ても異質な存在」だったという。彼への形容詞は、「冷淡」「高慢」「気味悪い」「閉鎖的」などが並ぶ。後に発病する病気の前兆だったのだろうか。しかし彼は、「特殊な閃光を放つタイプ」の天才として20代にゲームの理論、幾何学、解析学など広い分野で優れた業績を残す。ノーベル賞もこの時期の業績に対して贈られたものだ。広く知られる理論が、このような狂気との境目を生きた人間から出てきたことに改めて驚く。

病気が始まったのは30歳の時。妄想型精神分裂症とされた。精神病の中でも最も激しく変化し、不可解極まりない難病とされる。それはまさに米マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授昇進が決定する寸前だった。それからほぼ40年にわたって彼は短い正気の期間を除いて、「プリンストンの幽霊」と呼ばれながら過ごす。普通ならそのまま廃人となりかねない。しかし、妻アリシアの献身的な努力もあって、そこから奇跡的に正気に回帰し、栄光を手にする。その辺の描写が実に見事だ。

天才が持つ正気と狂気、ひらめき。そして一面では悲しみと驚き、そして喜びに満ちた生涯を正面から取り上げたもので、翻訳もうまい。彼はまだ実在の人物にもかかわらず書かれた伝記だが、読む者を飽きさせない。

(住信基礎研究所主席研究員 伊藤 洋一)
(日経ビジネス 2002/05/13 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

著者からのコメント

この本は、天才と言われた数学者、ジョン・フォーブス・ナッシュの数奇な半生を描いたノンフィクションです。彼はアインシュタインやフォン・ノイマン、ノーバート・ウィーナーといった超・超有名人が集まっていた50年代初期の「数学者の楽園」プリンストンで大学院生活を送り、生意気にも彼らに論争をふっかけたりしていた型破りな数学者でしたが、30代に入って精神を病み、以降30年以上、この病に苦しみ続けることになります。若い研究者からは「プリンストンの幽霊」と呼ばれ、大学構内を彷徨しては黒板に殴り書きをするような日々を送るようになってしまった彼でしたが、ある日を境に、完治は稀と言われた病から劇的な復活を遂げ、ついにはゲーム理論に関する論文でノーベル賞経済学賞を受賞することになるのです――。

なかなかドラマチックな人生だと思いませんか?

90年代に入るまでその存在を無視されてきたナッシュでしたが、このノンフィクションが世に出たことで俄然注目を浴び(この作品自体もピュリッツァ賞の最終候補となり、全米批評家協会賞を受賞しています)、彼の業績を再評価しようという動きがあらわれています。また、本書のペーパーバック版はアメリカでベストセラーリスト入りを続け、ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ主演で製作された映画は、今年のゴールデン・グローブ賞で最優秀作品賞を含む主要4部門を受賞、アカデミー賞にも8部門でノミネートされました。彼の歩んだ、一読圧倒されるほど数奇な運命がこうした現象を生み出したのでしょうが、編集者としてはむしろ、ここに描かれる彼の快復に注目していただければと思っています。きっと、同じ病気に苦しむ多くの患者さんやその家族の方に、希望を与えるものだ思うからです。

ジョン・ナッシュは2002年の今も健在です。映画の撮影現場にも現れたそうで、彼の役を演じるラッセル・クロウに、開口一番こう言ったそうです。「あなたも、私が経験したありとあらゆる変化を経験しなければならないんですよ!」

人生のさまざまな局面に立ち会った彼ならではの、ユーモア溢れた言葉だと思います。どうかご一読下さい。
――編集者からのコメント

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 616ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105415018
  • ISBN-13: 978-4105415013
  • 発売日: 2002/3/15
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 373,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
丹念に描いた力作だと思う。容易に礼賛、批判などの概念に落ち込むことなしに。
ジョン・ナッシュという人間の歩んだ道と、その背景を実に膨大な資料、インタビューをもとに描いているのがうかがえる。また数学のトピックスや精神分裂病についても著者なりに咀嚼して書こうとしているように思える。この本から何を読み取るかは読み手の仕事だ。
では私が感じたことを二つほど。
息子の精神分裂病にナッシュ夫妻が悩まされるくだりで「ノーベル賞は何の役にも立ちません」という夫人の言葉が心に残る。ノーベル賞受賞、それはなんと輝かしい言葉だろう。私たちはそこに何かとても素敵な世界があるように勝手に想像する。しかしそこにいるのは日々の生活を生きている我々と変わらない(ある意味)人間たちだ。
また「天才」たちがいかにわがままで問題児であるかにも正直驚いた。彼らの行ういたずら、奇行は私などからみれば、行き過ぎと思えるものばかりで、こんな人間が近くにいればまず間違いなく
「あいつは社会的に不適格者だ」
と判を押し、それでおしまいにしてしまうだろう。しかしその人間たちが発揮した才はすばらしいもの。私の考えは狭量に過ぎるのだろうか、、など等。読み終わった後でもいろいろ考えるネタを与えてくれる本だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は、数学のことや社会的背景のことには疎いのですが、映画にはないナッシュの精神世界がリアルに描かれていたことに感動しました。映画ではストーリー性を出すために幻視を中心にして描いていましたが、本のなかでは妄想体験が中心で、幻聴が少しあったようです。とても印象に残ったのは、発症直前のエピソードです。発症したのは、仮装パーテイの時に裸にオムツ姿、哺乳瓶を加えながらアリシアの膝のうえで丸くなっていた夜を過ごした数日後からなのです。それまで、自然科学から自己の世界を築き上げてきたように見えたナッシュは、そうではない世界もあることを理性ではなく肌で感じ取ったのかも知れません。映画のなかで、「何が現実かは頭で考えるのではなくて、感じるもの」といったアリシアの言葉を思い出させました。現在の日本では精神障害者は薬物治療という名のもとに、化学抑制され、結果的に回復の見込みがない患者が大勢おり、この現実が非常に嘆かわしいと感じざる終えません。ナッシュは薬を飲み続けていたら今の回復はなかったそうです。感動すると同時に胸が痛くなりました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ハーバードではなく数学の町プリンストンにきたことから、すべてが
はじまった。
ウイーンのメンガー学団、ヒルベルトのゲッチンゲンに勝るとも劣ら
ない天才たちの住む町にナッシュはやってきた。

ジーグフリートの本を含め、ゲーム論関連のほかの著者の書き物には書
いてないナッシュの高校生時代から、カーネギー大学での勉学のこと、
そしてプリンストンでのナッシュの野心的で思考する生活が実にいきいき
と書かれている。

これまでのあらゆる伝記作品に勝る作品になっている。
著者のシルビアナサーの才能のなせる業である。
塩川氏の翻訳も正確で、読みやすい。

中心は、20歳の頃、のちにノーベル賞をうけた交渉理論の作成をめぐる
はなしであろう。
ナッシュはフォンノイマンという巨人の肩にのって、数学と経済学の世界を
見たのだが、ナッシュがノイマン・モルゲンシュテルンのゲーム理論の弱点
をどこに見ていたのか、それを(ノイマンの方法に添って)どのように発展さ
せたかが、じつに明快に書かれていた、
ナサーの驚くべき知的努力の痕跡をたどることができる。

ゲーム論と経済学について、いろいろなアイデアを喚起してくれる名著だと
思われる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とりさん 殿堂入りレビュアー 投稿日 2002/5/4
形式: 単行本 Amazonで購入
文系の人間にとって、「数学者」というのはそれだけで興味深い存在だ。そういう意味で、文系である私も非常に興味を持って読んだ本だ。
しかし 600 ページ近くの文字量であるにも関わらず、本書がどのような「意図」で書かれたのかが見えてこない。ナッシュという人間の、何を伝えようとしたのだろうか。個人の魅力なのか、彼が巻き込まれた政治的な運命なのか、あるいは彼を襲った病気のことなのだろうか。
ナッシュ自身に興味を持つ人も、本書を読んでその興味が満たされることはないのではないかと思う。映画も観に行こうと考えているが、本書を読んだ後ではそれも躊躇われる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー