中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビューティフル・ジョー 単行本 – 2003/10

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくの名前は、ビューティフル・ジョー。かつて、この世にほんとうに実在した犬なんだ。ぼくのさいしょの飼い主は、わるい人で、ぼくの耳としっぽをちょんぎったんだ。すごく痛かった。でも、すぐにぼくを救い出してくれた人がいた。こんなぼくなのにビューティフル・ジョーと名づけてくれた人がいた。生涯にわたってやさしく、ぼくをたいせつにしてくれた人がいた。ぼくは、ほんとうに人間たちみんなに感謝して、いまは天国にいる。そして、ぼくと人間たちとの波乱万丈の交流を描いたこの本が、100年たったいまでも、世界中のおとなと子どもたちに読みつがれていることに、ほんとうに驚いている。ぼくのいまの願いはひとつ。でも、ここでは言わない。それはこの本に書いてあるからね。この本を読んだみんなは、ぼくの願いをきっとわかってくれると思うんだ。

内容(「MARC」データベースより)

最初の飼い主に耳と尻尾を切り落とされた「ビューティフル・ジョー」。その後別の飼い主に引き取られ、快適な環境で幸せに暮らしたジョーの一生を描く。1893年に出版され18カ国語に翻訳、今も世界中で読みつがれる物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 278ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198617538
  • ISBN-13: 978-4198617530
  • 発売日: 2003/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,040,526位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/12/4
形式: 単行本
一言で言ってすばらしい。ある意味とても単純な短い話の連作である。主人公の犬の視点で書かれているという点が、特異なところだろう。
でも、この本の中に息づいている愛情ときよさに基づく価値観のなんとすばらしいことだろう。中心に現されているのは物言えぬ動物たちへの愛情である。でもそのもっと奥にあるのは、神様が造られたものたちへの愛情、弱者への愛情、神様を信じることによる道徳観。100年前のアメリカはそれが当たり前であったのだ。
動物好きの読者は動物物として読んでも十分感動を受けるだろう。また、ある一家の物語としても感動を受けるだろう。主人公の一人ローラ、心優しく、愛情豊か、他人や動物を思いやり、悪には完全と立ち向かう。彼女のことを文中では、まさしく清教徒(プロテスタントのクリスチャン)と呼んでいる。
子を持つ親は、登場する子供たちのように、自分の子供が育ってほしいと願うだろう。そして、自分も登場する親のようになりたいと思うだろう。
日本では心無い人たちによる動物虐待や心無い人たちが自分勝手に捨てていく言葉なき弱者であるペットたちがTVを騒がせる。
アメリカも100年前と比べるとずいぶん余裕をなくしたように、そして自己中心であるように思える。
なにが違うのだろう。この本はほぼ実話である。昔あったものが失われているのだろうか。アメリカ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
犬の雑誌で紹介されていた表紙はとても愛らしいイラストで子供向けの絵本かと思わせましたが、中身は大変深い内容でした。動物愛護の精神だけでなく、人間と動物の関係について考えさせられる内容でした。小学3年生の息子にはちょっと刺激が強い(残酷?)描写かなと思われる部分も心配無用だったようで、私の読み聞かせを毎晩楽しみにして一晩一話と決めて聞いていました。実在した犬ということも子供の興味をひいたようですが、子供なりにいろいろと考えさせられていたようです。泣いたり笑ったりの本です。たくさんの小学生、中学生に読んでもらいたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amy 投稿日 2006/2/13
形式: 単行本
衝撃的な内容から始まった。事実である。涙なくしては読めないだろう。

ひどい虐待を受け、耳と尻尾を失っても、強く生きるジョーは素晴らしい。

また、ジョーの色んな人物・動物との出会いも魅力だと思う。

動物を大事にするということを忘れがちな昨今、ぜひ読んでもらいたい。

ビューティフル・ジョーの写真も載っている。とても凛々しい。

あと、ジョーの視点から書かれているというのも、ユニークである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書によれば世界初のエスペラント語に訳された本。

飼い主により両方の耳とシッポを切られた犬。
通りすがりの人に助けられビューティフル・ジョーと名前をつけられる。
本書はこのビューティフル・ジョーの視点から書かれている。

ビューティフル・ジョーは首環を豪華なものに変えてもらい大喜びする。
ここに違和感を感じました。
首輪が豪華であれ、これをされて喜ぶものなのでしょうか。

野放しの動物は悪く、人に飼われしつけされたものは良しとする考えも安易に賛同はできません。

人に食を与えられ、人の生活の中で生きて行く動物が幸せと思うのは人の都合だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
思ったよりすぐ届いて、商品の状態も良くて購入してみてよかったです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック