通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書) 新書 – 2013/4/19

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 832
¥ 832 ¥ 7

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)
  • +
  • ビブリオバトル ハンドブック
  • +
  • ビブリオバトルを楽しもう―ゲームで広がる読書の輪
総額: ¥3,748
ポイントの合計: 72pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

おすすめの一冊を持ち合い、本の魅力を紹介しあう「ビブリオバトル」。ゲーム感覚を取り入れた、新しい"書評"のかたちが今注目を集めている。シンプルなルール、そして「人を通して本を知る。本を通して人を知る」ことができるのが魅力のビブリオバトルとは何なのか? 京都大学の研究室で生まれ、今や全国大会も催されることになったビブリオバトルの誕生秘話から遊び方まで、その全貌を描いた入門的一冊。書評は読むだけのものではなく、参加するもの。読書嫌いも本好きになること請け合いだ。情報が多いネット時代だからこその、新しい本との出会いを提案する。

内容(「BOOK」データベースより)

おすすめの一冊を持ち寄り、本の魅力を紹介し合う書評ゲーム「ビブリオバトル」。たった4つのルール、5分間の熱いプレゼン。ネット時代の新しい本と人との出会いを生む“つながる読書”の全貌を、ゲーム発案者が描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 262ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166609017
  • ISBN-13: 978-4166609017
  • 発売日: 2013/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,981位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/7/2
形式: 新書
 「ビブリオバトル」って何?という素朴な疑問から手に取ったこの本ですが、読んでみると実に興味深い本でした。
 本書は、アマゾンの「商品説明」では「おすすめの一冊を持ち寄り、本の魅力を紹介し合う書評ゲーム『ビブリオバトル』。たった4つのルール、5分間の熱いプレゼン。ネット時代の新しい本と人との出会いを生む“つながる読書”の全貌を、ゲーム発案者が描く。」と書かれています。
 私は、当初は「書評がゲームになるの?」と思っていましたが、本書に書かれた方式であればゲーム的に楽しんで実施できるように思いました。また、(a) 自分の知らない新たな分野の本に出会える、(b) プレゼンを通じて発表者の人となりが理解できるため、お互いを知ることによりコミュニケーションが深まる、という効果もうなづけるものです。

 私は、「最近は、読んだ本や見た映画について、職場の同僚と話すことが少なくなった」と反省し、ビブリオバトルまではやらないまでも、せめて本や映画や絵画展について積極的に話そうと思いました。
 また、「最近は、すっかり出版社の術中にはまって、タイトルが面白そうな本を漫然と選んでしまっている」と反省しました。
 本書は、まじめに書かれた実に興味深い本であり、読む価値が高い本です。お薦めできる本です。

 なお、「全編読む
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「ビブリオバトル」とは、参加者がおすすめの一冊を持ち合い、本の魅力を紹介しあうゲームです。そこには多くの学びと人間関係構築の重要なエッセンスがつまっているという優れたデザイン上の背景があります。

僕たちが読むべき本と出会うのは、誰かからの推薦であるという前提に立ち、まず「人を通して本を知る」機会が提供されます。さらに、誰がどのような本をなぜ推薦するのかという文脈をとおして「本を通して人を知る」機会が生まれることがポイントでしょう。

・ビブリオバトルにおいて推薦される本は、書店の全国売上ランキングや全国的な新刊ランキング、ネット書店の購入推薦サービスなどとはまたく異なるものとなる。実際のところメジャーな本はむしろ勝ちにくい。むしろ、「なんだその本?」という意外性のある本がチャンプ本に選ばれることが多い。(p89)

「好きな本を読めばいい、勝ち負けを決める必要などない」というあなたこそ、ビブリオバトルにふさわしい。いちどやってみることが大事かと思っています。ビブリオバトルは難しくありません。本書には、その進め方はもちろん、注意点もしっかりと記載されており、本書1冊あれば、どこでも、年齢や文化を超えて誰とでも楽しむことが可能です。新書でお手頃価格ですし、ここは買いだと思います!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 知的書評合戦ビブリオバトルの発案者による、ビブリオバトルの遊び方、歴史、効能などについてまとめられた本。ビブリオバトルのルールは

1 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2 順番に一人5分間で本を紹介する。
3 それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

という単純明快なもの。

 しかし、そんな単純明快なビブリオバトルには

1 「参加者で本の内容を共有できる」(書籍情報共有機能)
2 「スピーチの訓練になる」(スピーチ能力向上機能)
3 「いい本が見つかる」(良書探索機能)
4 「お互いの理解が深まる」(コミュニティ開発機能)

という4つの機能があるという。オススメの本を紹介することでそれまで知らなかった本に出会うことが出来(書籍情報共有機能)、そして時間制限があり、勝敗も絡んでくるために自然とスピーチ能力の向上につながる(スピーチ能力向上機能)。さらに参加者は勝つために他人が「読んでみたい」と思う本を選ぶために自然と良
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 世界的にもユニークな書評行為であるビブリオバトルの創始者である著者が、誕生の経緯から全国への普及の模様を読み物風に記録した1冊のドキュメント集。普及協会も設置し、HPも持ち、書店、図書館など関係機関での実施するための基本やその成果などを多数盛り込んでいる。
 読んで面白かった書物を5分で他者に紹介し、その紹介の巧みさを評価することで対照の書物と書評行為の意義と関係性の中で総合的に評価する新たな活力のある評価行為。書評が適切に普及していない日本で、書評の持つ正確な意義を見出せる可能性を秘めているかもしれない。
 読書クラブとは異なり、理系の大学院研究室で生まれた出自自体が閉鎖的な読書空間を開放的にしたのかもしれない。ここから査読(peer reviewed)の制度なども日本では欧米のように前向きに捉えられていないが、それらの基本を見直す契機になれば本書とビブリオバトルの意義は大きい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー