Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 560

¥ 45の割引 (7%)

ポイント : 16pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三上 延, ナカノ, 越島 はぐ]のビブリア古書堂の事件手帖(1)<ビブリア古書堂の事件手帖> (角川コミックス・エース)
Kindle App Ad

ビブリア古書堂の事件手帖(1)<ビブリア古書堂の事件手帖> (角川コミックス・エース) Kindle版

5つ星のうち 3.5 33件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ビブリア古書堂の事件手帖(角川コミックス・エース)の6の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 560
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,755 ¥ 1

紙の本の長さ: 166ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

就職浪人中の五浦大輔は、祖母の遺品の夏目漱石全集に書かれたサインの鑑定のために、ビブリア古書堂を訪れる。なりゆきで、入院中の店主の元を訪ねると、そこには高校のころ偶然見かけた美しい黒髪の女性・篠川栞子がいた。人見知りだが古書の知識は並大抵ではない栞子は、夏目漱石全集にまつわる謎を読み解き、大輔に語り始めた…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

内容紹介

鎌倉の片隅で営業している古書店「ビブリア古書堂」の若くて美しい女店主・栞子は、人見知りで接客業もおぼつかないが、古書の知識は並大抵ではない。これは、栞子と奇妙な客人が織り成す、古書と秘密の物語――。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 41037 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2012/12/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BAPP14Y
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 TERIOS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/9/3
形式: コミック
< 原作未読・コミック版のみの評価です >

古書店を営む美少女・栞子が、持ち込まれる古書にまつわる謎を解くという形式の「安楽椅子探偵」もの。

一巻に付き、ひとつ事件が解決したところで、新たな事件(と言うか謎)が始まって次巻につづく、というパターン。

「些細な疑問点から意外な真相を導き出す」という点で見れば、それなりに「本格ミステリー」の素養を備えた作品だけど、あまり精緻なトリックやロジカルな謎解き、ハデなどんでん返し等は期待しない方が良いかと。

また、主人公の「大輔」と「栞子」のキャラ設定が良くも悪くもラノベ的。「本に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りの巨乳美少女」とか、「本を読むのが好きだけど、昔のトラウマが原因で本が読めない体質の主人公」とか、いかにも「設定のためのキャラ設定」といった印象が強く、個人的にどちらにもいまいち感情移入できなかった。

絵柄も少女漫画的で、あっさりしたタッチの割りにどうなっているか分かり辛いシーンも多く、好き嫌いは出るところかも。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おやじねこ VINE メンバー 投稿日 2013/6/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
原作をきちんと再現していて好感が持てます。
それも、テレビのドラマがあまりにもひどかった反動かもしれません。
主人公はイメージに近いので良いと思います。
小説よりも良くしゃべる感じですが、これはストーリー進行も担うから仕方ない。
コミックは視覚に訴えるだけにバランスが変ったように見えますが、誤差の範囲でしょう。
ヒロインの栞子は少し幼い感じがする。小説のイメージなら20代後半か。
でも、地味に胸が大きいのは良い感じです。
主人公の振り回されっぷりも納得できます。
小説を読んだときにこのコミック版の絵が違和感なく頭に浮かびそうです。
良い、コミカライズだと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 小説の方は読んだことがないのですが、漫画の表紙に
惹かれて1、2巻合わせて購入しました。
 まずページを開いて思ったのが、表紙と中身の雰囲気が
全然違うということです。
 表紙の方は繊細さも感じさせる画なのですが、中身は骨太さを
感じさせる割と男らしい画風になっています。最初見たときは、
えっ?イメージと全然違うと、少し戸惑ったのですが読み進めるうちに
僕は気にならなくなりました。
 ただ表紙買いするには注意されたほうがいいと思います。

 内容の方は大まかに言うと、就職浪人中の五浦大輔が、高校の時に一目惚れした古書店の店主
篠川栞子と再会し本にまつわる事件に遭遇するというミステリーになっています。
 ミステリーといっても重いものではなく、身近で起こりうる些細な出来事という雰囲気なので
肩肘張らず気軽に読めていいなと思いました。大輔と栞子の掛け合いもほのぼのとしていて
良かったです。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
てっきり,ニコニコ静画で 電子書籍として発行されているもの< [...] >
だと思ったのですが,別の作品でした.

青年漫画のちょっと癖のある風,といった画風です.
先にニコニコ静画のもののほうでイメージ形成されていたこともあると思いますが,
絵柄のキャラクターが 原作本(小説版)で思っていたイメージとは違いました.

また,描写についても,あまり丁寧とは感じません.
学生のときに古書店に通りかかった という冒頭のシーンなのに,服装がまったく変わっていなかったり.

鴨居に頭をぶつけるシーンがありますが,こちらでは さらりと流されています.
ニコニコ静画版の試し読みでは,同じシーンを,誇張して 印象に残るように描いています.
後でポイントになるシーンなのでわざとそうしているのだと思い,期待したのですが….

ニコニコ静画で公開されていた版は,
こちら< [...] > によると,
アフタヌーンからの刊行のこちらの本
< http://www.amazon.co.jp/gp/product/406387866X?ie=UTF8&tag=_comicplus-22&linkCode=as2&camp
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover