¥ 659
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫) 文庫 – 2017/3/10

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/3/10
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 626

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)
  • +
  • ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
  • +
  • 新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙II (電撃文庫)
総額: ¥2,063
ポイントの合計: 205pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メディアワークス文庫の人気作『ビブリア古書堂の事件手帖』スピンオフ!

鎌倉のとある高校で、友達には秘密で小説の朗読配信を行っていた前河響平。中二病溢れる小説も書き綴っていたが、ある日、その小説を書いたノートを学校で紛失してしまう。
拾ったのは図書部員の卯城野こぐち。小動物系で、読書に熱中すると作品世界に入り込んでしまう読書少女だった。熱中しすぎる性格のため、人の多いところで読書が出来ないこぐちにとって、唯一安心して読書ができるのが旧図書室。しかし、利用者のほとんどいない旧図書室は廃止の危機に陥っており、二人は旧図書室を護るため、オリジナルルールの書評バトル「ビブリアファイト」に挑むことに──。
お勧めの本をプレゼンするビブリアファイトでは、実在の名作を多数紹介。原作小説の栞子さんも登場する、本好き高校生たちの青春の1ページ。

内容(「BOOK」データベースより)

鎌倉のとある高校に、豊富な蔵書を持ちながら、利用者が少なく廃止寸前の旧図書室があった。図書部に在籍する、読書すると作品世界に没頭しちゃう小動物系な卯城野こぐち。彼女はその体質から、落ち着いて読書できるのが旧図書室だけだった。そんな旧図書室とこぐちを助けるため、秘密の趣味は朗読配信と中二病な小説執筆の前河響平が立ち上がる。生徒会長に掛け合うと、旧図書室維持のため、生徒同士で書評バトルを行う「ビブリアファイト」に挑むことになり―。お勧めの本をプレゼンするビブリアファイトでは、実在の名作を多数紹介。原作小説の栞子さんも登場する、本好き少女と恋する少年を描く、青春の1ページ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048927558
  • ISBN-13: 978-4048927550
  • 発売日: 2017/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,939位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

原作は未読ですが、とても楽しめました。

海外の児童文学を愛する文学少女『卯城野こぐち』と、隠れオタクでラノベ好きな今作の主人公、『前河響平』が、旧図書室の存亡を懸けて『ビブリアファイト』なる独自の競技を行う、というのが物語の大筋。この『ビブリアファイト』は、原作の『ビブリアバトル』から派生したもので、簡単に説明すると指定された本をどれだけ面白くレビューできるか競う、というものです。

このビブリアファイトに挙がる本は上記にあるような、中島敦の『李陵』だったりオールコットの『若草物語』といった古典となるのですが、
これがラノベ好きでミーハーな部類に入る響平くんと、異能バトルの異の字も知らないこぐちさんの二つの視点からレビューするとなると、実に面白い。
響平くんに言わせれば『若草物語』は百合日常モノとなり『ホームズ』はおっさん同士のラブコメディとなる。
堅っ苦しいイメージがつきまとう古典でも、響平くんのレビューや楽しそうに語るこぐちさんの書評で「ちょっと読んでみたいかも」という気分になります。

で、個人的に一番嬉しいのが、最後に『とある魔術の禁書目録』のレビューを持ってきたところ。
響平くんの熱いレビューに、学生時代初めて禁書を読んだワクワク感を思い出せました。
もし次作が
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本家のビブリア古書堂の事件手帖が終わって寂しいなと思ってましたが、負けず劣らず素晴らしい作品でした。
他の方のレビューにも詳しく書かれていますが、今作は登場人物が高校生のため、ラノベやマンガに通ずる「異能系バトル」「日常系」の原点ともいえそうな古典・名著をビブリアファイト(ビブリオバトル)として紹介しています。
紙の本離れ・読書離れが叫ばれる昨今、色々な、特に若い方にどんどん読んでもらいたいですね。
本家には無かった挿絵も可愛いし、キャラも魅力的でした。
1巻で終わるのは惜しいなあ・・・と思ってましたが、引きで続巻も出せそうな感じでしたので、是非続いてほしいなと思います。
文句なしで☆5です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レビュー活動を続けていて思うのは「結局、自分のレビューって自分と似た様な読書傾向を持つ人しか読んでないんじゃ?」という事。
小生がメインの活動ジャンルとしているライトノベルだけど、その中には様々なサブジャンルがあるわけで、
その中にはコッテコテな「異能バトル」だったり、「ハーレムラブコメ」だったり、「俺TUEEチート物」なんかもあったりする。
小生自身はあまりこの手の作品を進んで読まないのだけど、ライトノベルの主流となっているこの手のジャンルを愛好している人に
「ちょっとばかりマニアックだけど、読めば面白さが伝わる筈の作品」をどうやって手に取ってもらうか?

…非常に難しい。
結局、自分のレビュアーとしての非才や努力不足を棚に上げて「縁なき衆生は度し難い」とばかりに
「まー、分かる人だけ良さが分かればいいじゃん」と切って捨てる事が多かった。
でも、それじゃいかんよね。
「これまで手に取る事のなかった傾向の本を手に取ってもらう事」が出来てこそ、レビュアーの存在意義はある。

そんな壁にぶち当たっている全てのレビュアーにお勧めするべき一冊が、ここに出た。
作者は峰守ひろかず、ここ数年は電撃文庫を離れライト文芸系レーベルであるメディアワークス文庫で活動してきた
...続きを読む ›
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告