通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) 文庫 – 2011/3/25

5つ星のうち 3.9 246件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 260 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
  • +
  • ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
  • +
  • ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
総額: ¥1,803
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三上/延
電撃文庫『ダーク・バイオレッツ』にてデビュー。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縦横に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 307ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048704699
  • ISBN-13: 978-4048704694
  • 発売日: 2011/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 246件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
オリジナルは2011年3月25日リリース。電子書籍化は2013年2月21日リリース。三上延氏は1971年生まれ。今、最も人気上昇中の一人だろう。

読了してまず思い浮かべたのは、日本ミステリー史上、屈指のキャラクタ、島田荘司の生み出した御手洗潔と石岡和己だった。この二人と篠川栞子と五浦大輔に共通して感じるのは『優しさ』だ。キャラクタに『優しさ』を感じさせる、というのは、実は大変なことだと思う。その『優しさ』は何処から来ているのか、を考えてみれば、それは深い深い古書への愛情から来ているのが容易に感じられる。この古書への愛情というのが『本物』かどうかは、読み進めばすぐに分かってしまう。中古レコード店、古書店勤務を経て、作家となった三上氏の古書への愛情は、本当に本が好きな人しか書けないものばかりだ。

そしてぼくも登場人物同様に無類の『本好き』だ。だからミステリー好きでは文庫本のレア本として知られているエラリー・クイーンの『フォックス家の殺人』やディビット・ハンドラーの『傷心』、あるいはファンタジーでは確か最初の日本語訳が文庫本で出された今やすっかり有名になってしまったW.W.トールキンの『指輪物語』などを初版で持っている。こういうものを持っているということは『本好き』には、たまらなく嬉しいのだ。この気持ちが理解できる人がこの作品を読むと実に『響く
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
伝聞で真相を暴くというのは、伝聞が間違いなく真実にそったものであるという前提が必要なのです。
現実にはあり得ませんから、
推理小説としては、ファンタジーということになります。
事件帳とは物語を楽しむためのガジェットであって、この作品は楽しむべきところを存分に楽しませてくれます。
これは素晴らしい仕事だと思いました。
一巻を読んでみて、次にどうするかを個人的には考えるのですが、
こちらの作品は一気に最終刊まで購入してしまいました。というわけで、まだ四巻までしか読んでいないのですが、感想を書いておきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
鎌倉の片隅でひっそりと営業している古本屋、そこに関わる人々のお話が、
実在する本と謎解きを通して書かれています。

実在する本の内容と、ストーリーがうまく絡みながら進むのが面白く、読み終わった後、あったかい気持ちになる本です。

推理や謎解きのお話が苦手な方でも、楽しめるとても読みやすい本だとおもいます。
謎解きをする美人店長が、先に全てを理解して、人々を助言、操る場面は、解決前のヒントのようでわくわくしますよ。
毎話、登場人物たちによって、出てくる本がとても魅力的に書かれているので、読んでみようかなと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
北鎌倉の古書店。本好きで、本のことなら何時間でも目をキラキラさせながら、話してしまう。でも、極度の人見知りで、本以外の時間はオロオロしている。 もう、キャラ設定の時点で勝ちだよね。

本をテーマという意味では、文学少女と似た印象を持っていたけど、文学少女が、本の中身自体のオマージュ的出会ったのに対して、本作では、本その者に対して物語。大きな事件ではないが、日常の小さめの本にからむ事件を、栞子さんがキラキラ、オロオロしながら解いていきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 北斎 投稿日 2017/3/5
形式: 文庫
古書が高値で売れるかもしれないっていう不純な動機から、メガネ女子と出会い、図らずも、ニートを卒業して古書店に勤めることに。 古書に思いを馳せ、大事にする気持ちには欠けていても、女店主との絆を感じ始めていたのに、そこはやはり、簡単ではないようで。

本については熱く語れるけど、日常会話は苦手な店主と、過去のトラウマで本を読めない店員が、謎解きに挑む。

本は人から人の手に渡るたびに、秘密、そして思いが積み重なっていく。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
結構有名なAmazonレビュアーのかたが、べた褒めしていたので読んでみました。読みやすく読後感が非常に爽やかでした。隠れた名作です。もっと売れても良い本だと思いました。みなさんも騙されたと思って読んでみてください。とても良い本です。陰ながら作者の三上さんを応援したいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ござねぶり トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/3/27
形式: 文庫
かみさんが美容院の先生(本なんかこの何年も読んでなかったという)に薦められ、興味を覚えて買ってきた。
面白いと、あっという間に読み終えたので、ちょっと見せてと読んでみた。

なかなか上手い題材を掴んで、湘南エリアといういい場所に場面設営をして書いていると思った。
古書店を場面に設定する小説は海外のミステリーや小説にはよく見られるが(例えば「死の蔵書」「チャーリング
クロス街84番地」などだが)日本の古書・古本を題材にしてここまで書いて読ませるのはなかなかの腕だ。
ライトノベルという範疇で若者向きのように考えられるが、もう少し年齢層も上の方まで幅広く受け入れられると
読んで感じる。
小難しい理屈抜きに面白い本だ。(人間や人の生き様を描く種類の本でなくエンターテイメントだから)
ただ湘南エリアの空気は感じられるものの、一点気になるのが草花や樹木の扱いに筆者の知識の弱さを感じ
☆一つ減。(紫陽花は散らずに花が枯れて残るものだし、笹薮は邸宅の庭に似つかわしくないし竹薮だろうな…)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー