通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) 文庫 – 2011/3/25

5つ星のうち 3.9 244件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
  • +
  • ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
  • +
  • ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
総額: ¥1,803
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三上/延
電撃文庫『ダーク・バイオレッツ』にてデビュー。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縦横に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 307ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048704699
  • ISBN-13: 978-4048704694
  • 発売日: 2011/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 244件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,162位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
車内吊りの広告を見て以来、気になっていまして
つい先日購入に踏み切りました。
いわゆるライトノベルを読むような年頃でもないのですが
「売れているらしい」と聞けばどんなものか試してみたくなるのが人情です。

実際読み始めてみると、昨今のライトノベルと
比較すると非常に静かな、動きの少ない地味な内容でした。

中盤までは短編の古書にまつわる人情劇が展開され、
ヒロインや主人公、周囲の環境、設定を読者に刷り込むようなお話が続きます。
半分くらいまで読んで、はて、この小説のジャンルは何だっけ?と
訝しんでおりますと、突然とある章に入って「事件手帖」らしいサスペンスフルな出来事が起こり、
それまでの短編が、実はこの事件(お話全体のキモ)を盛り上げるための布石であったことに気づかされます。

このあたりで「おお、これは…」と期待させられたのですが
クライマックス→オチでちょっとトーンダウンしてしまいました。
トーンダウンした理由は細かく書きませんが、個人的に物足りなさを感じてしまったのは事実です。

この作品に限らないんですが、読み手側がそれまで読んできた本の性質や量が、
感想に大きく影響を与えるのかなと。
...続きを読む ›
コメント 293人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
オリジナルは2011年3月25日リリース。電子書籍化は2013年2月21日リリース。三上延氏は1971年生まれ。今、最も人気上昇中の一人だろう。

読了してまず思い浮かべたのは、日本ミステリー史上、屈指のキャラクタ、島田荘司の生み出した御手洗潔と石岡和己だった。この二人と篠川栞子と五浦大輔に共通して感じるのは『優しさ』だ。キャラクタに『優しさ』を感じさせる、というのは、実は大変なことだと思う。その『優しさ』は何処から来ているのか、を考えてみれば、それは深い深い古書への愛情から来ているのが容易に感じられる。この古書への愛情というのが『本物』かどうかは、読み進めばすぐに分かってしまう。中古レコード店、古書店勤務を経て、作家となった三上氏の古書への愛情は、本当に本が好きな人しか書けないものばかりだ。

そしてぼくも登場人物同様に無類の『本好き』だ。だからミステリー好きでは文庫本のレア本として知られているエラリー・クイーンの『フォックス家の殺人』やディビット・ハンドラーの『傷心』、あるいはファンタジーでは確か最初の日本語訳が文庫本で出された今やすっかり有名になってしまったW.W.トールキンの『指輪物語』などを初版で持っている。こういうものを持っているということは『本好き』には、たまらなく嬉しいのだ。この気持ちが理解できる人がこの作品を読むと実に『響く
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
表紙をみて文庫版コミックかと手にとると本文は活字で、若い子、特に女子向けの軽い小説をライトノヴェル(略してラノベ)というそうな。
半世紀前は、この種の若者向け小説をジュヴナイルと称していた覚えがある(表紙はコミック風ではなかったが)。  知り合いの読書家たちでライトノヴェルやハーレクインを読む人は稀だが、面白いものを掘り出すのもまた読書家の楽しみだ。 

前から目にしていたビブリア古書堂シリーズ、図書館で目について書棚にあった第2巻(そのとき第1巻はなかった)を手にとってみたら、意外と面白いではないか。 主人公・栞子の容姿と性格描写(少女漫画チック)が安易過ぎて鼻につくが、古書や古書店の薀蓄は本物である。

偶然、第2巻から読み始めたのは良かったようだ。 2→3→1(→4→5巻)の順に読み進み中である(時事関係書や実用書は、興味のある項目からランダムに読むことが多い私だが、小説は勿論、大抵は第1巻目の最初から読む)。  3冊目に第1巻を読み終わったところでこのレビューを書いているが、もしこのシリーズを第1巻の最初から読み始めたのなら、B級未満のミステリとして投げ出していたかもしれない。 

【結論】
ミステリとしてよりも、古書・古書店薀蓄本として楽しめる。

【2016.01.27追
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
古書店,つまり古本屋さんと古本を題材にした四話収録の連作短編集に近い作品で,
その四話に四冊の本がそれぞれタイトルとして当てられているのも興味を引かれます.

内容はいわゆる『日常の謎』系,それぞれの本を踏襲するちょっとした謎や事件を,
カバー絵の女性主人が安楽椅子探偵,語り部の青年が助手となり解決をしていきます.
また,人の手を渡る古本ということで,本を巡る思いやそれまでの時間に重きが置かれ,
血生臭い話はないものの,一話にはじまりどちらかと言えば重めに寄った印象を受けます.

そしてこれらとは別に,四つの話を貫くように描かれる全体を通じた謎と人間模様は,
やや平易な部分もありますが,各話をうまく回収しながらキレイにまとめられています.

ただ,ちょっと気になったのは説明的というか作文のような表現がチラホラあったこと,
連載されていた作品でもないのに,話のたびに人などの説明が入るのが冗長に感じました.

それでも,本や古書店好きをくすぐる内容になっていて続刊の方への期待も膨らむところ.
なお,登場する本は作中で内容などが語られますので,知らなくても全く問題はありません.
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック