ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: お宝 たんぽぽ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 205件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,980
価格: ¥ 980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,000 (51%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆プライム送料無料 ラーニングメディア・ソリューションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 980より 中古品の出品:12¥ 477より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でビッグ・フィッシュ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 100 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD]
  • +
  • マイ・インターン [DVD]
総額: ¥2,834
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユアン・マクレガー, アルバート・フィニー
  • 監督: ティム・バートン
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2007/05/30
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 205件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000OPOB9C
  • JAN: 4547462041258
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 111,791位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

父を知ろうとしない息子が、“最後”に知った父のこと。

【ストーリー】
エドワードは彼が語るお伽話で有名になった人物。未来を予見する魔女のこと、一緒に旅をした巨人のこと、人を襲う森とその先にある美しい町のこと。彼が語る「人生のストーリー」に誰もが楽しく、幸せな気分になった。しかし、一人息子のウィルはそんな父の話が嫌いだった。長い間すれ違う父と子。そんなある日患っていたエドワードの容態が悪化し、実家に戻ったウィルに、残された時間があとわずかだと告げられるー。

【映像・音声特典】 ●ティム・バートン監督による音声解説●メイキング・ドキュメンタリー集●トリビア・クイズ●オリジナル劇場予告編集
【スタッフ&キャスト】
≪監督≫ティム・バートン
≪出演≫ユアン・マクレガー

【Copy Right】(C)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

エドワードが語る「人生のストーリー」に誰もが幸せな気分になるが、一人息子のウィルはその話が嫌いだった。長い間すれ違ったままの父と子。そんなウィルのもとへ、エドワードの容態が悪化したという報が入り実家へ戻る。エドワードに残された時間はあとわずか。ウィルは本当の父を見つけることが出来るのだろうか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
まず一番の感想は映画でここまで涙腺大決壊した自分への驚きです。

映画は好きで良く観ますが、グッと来る場面では「お、ヤバイぞ俺…」言いながら目にじんわり涙を貯めても流れるのを必死に我慢する派なんです。

それなりの年齢、いささかへし曲がった性格もあり、感動して響いてんのに泣くのは何だか照れ臭いし抵抗がある、だからグッと我慢する。部屋で独りなのに(笑)

本作のテーマである父と息子のすれ違いと氷解等が、やはり幼い頃から父親と複雑な関係にあった自分には特に響いたのかも知れません。

にしても…、です。

長年あれほど嫌っていたお伽噺を、親父の最期のストーリーとして息子自ら語り出す終盤の展開。

父と病院を飛び出しあの赤いチャージャーに乗り込んだ辺りでいつもの「照れ臭い堤防」は呆気なく大決壊、嗚咽を漏らしながら大号泣してしまいました。

父の葬儀の場面では泣き過ぎて軽い頭痛を覚えるほどで、エンドクレジットでは様々な印象深い登場キャラクターを思い出しつつ、大量の涙の本当の意味等について考えてしまいました。

この映画はティム・バートン監督の独特のアクや演出を巡って合わなかった御仁も僅かにある様ですが、迷ったならまず観て下さい。

もし共鳴したなら、こんな宝箱の様な映画はそうそう無いと思いますよ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
いやー、面白かった。あっという間の、約2時間でした。話が進むにつれ映像がドンドン鮮やかに変化していくので、飽きずに観れました。僕も父親とは、基本会話がないギクシャクした関係です。なので、ちょっとだけ共感できました。優しい気持ちになれました。あっ、ジャケットの女性、アリソンローマンだったんですね。気付きませんでした(*^^*)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
よく練ってあるストーリーで所々???ってなることがありました
沼の裸の女性は誰?
魔女かと思ったら妙齢の女性?
魚は実在する?
自分に理解力がないところもあるのでしょうがわからないところが結構ありましたが
それでもすごく楽しめる映画でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
…「ウォルター少年と夏の日」という映画と似てる!

「ビッグフィッシュ」は、どちらかと言うと大人向きファンタジーの感動もの。
「ウォルター…」は、少年とヤンチャなおじいさん達の痛快かつ爽やかストーリー。

どちらも面白い映画ですが、当然先に観た映画の方が新鮮で驚きがあり…
後から観る事になってしまった こちらは二番煎じの感は拭えませんでした。
(どちらも2003年劇場公開らしいです)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/1/30
形式: Blu-ray
当初、この作品はスピルバーグ監督、ジャック・ニコルソン主演で計画が進んでいたらしいが、何らかの事情で
ティム・バートンのところに廻ってきたのだという。もしこのコンビだったら、一体どんな方向性を持った
作品になったであろうか。

極力CGを使わないという監督の信念の下に製作された映像は本当に素晴らしく、撮影の手作りがひしひし
と伝わってきました。
例えば、身長3.7メートルという設定の巨人の撮影には、実際に身長2,3メートルの俳優を起用しているが、
CGを使わず、遠近法を用いたトリックで巨人の大きさと周囲とのバランスを表現している。

また、人間を襲う森やヘビなどもCGではなく、そういったところでも手作りの感覚が伝わってきます。
そして光の明暗差を密度の高い諧調で美しくつなぎ、見てる者の心を陶然としたやわらかさに包み込むといった
フィリップ・ルスロの手腕も見事であった。

死期を目前にしたホラ吹きの父親と、反発しながら成長してきた息子の葛藤が複雑に描かれていて、なんか
ひとごとではないような感じを受けましたよね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私がこの映画を初めて見たのはまだ10代のときでした。ティムバートン監督の作品が好きなので見たのですが、正直最初に見た印象は、不思議な映画。でもなんだか暖かくていいな、好きだな、くらいでした。その後、人生の折に何故か無性に見たくなるときがあって、私にとって見るたびに物語に対する印象が変わる不思議な映画でした。
最初は嘘か真実なのか理解出来ないような父の話にうんざりする息子のほうに感情移入して観ていたのですが、だんだん年を重ねて、私自身家族を亡くしたり、色んな経験を経て気持ちに変化があって、父と子の関係の難しさ、解りたいのに、親子だからこそ上手く向き合えないもどかしさに、見ていて胸が切なくなりました。
現実ではありえないような自分の人生を語る父の話を、素直に受け止められない息子。
ただ蓋を開けてみれば、お伽話みたいな話も、確かに全部が真実ではないかもしれない。でも、人の一生はお伽話みたいに不思議なことが起こることもある、最期に父は証明してくれます。
父のために話した息子の最初で最期のお伽話は、父の人生の終わりに向かって進んでいるのに明るくて、暖かくて、涙が出てきました。
あの川で大きな魚になった父は、これからもずっと生き続けるんだな、と。
それは、父のことを皆んなが忘れない限り永遠に。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー