中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビッグボーイの生涯―五島昇その人 (講談社文庫) 文庫 – 1997/5/15

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昇ほど「休戦の価値」「休戦の美学」を知った男は少なかったのではないでしょうか。彼は人生に四期ありとしましたが、大いに休んだおかげで、人生を四倍に生きたともいえます。そこには、「人生四倍、休戦の哲学」とでも呼ぶべきものがあったと思います(「あとがき」より)。
大きく休み、大きく生きた男の人生評伝。


登録情報

  • 文庫: 243ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062635119
  • ISBN-13: 978-4062635110
  • 発売日: 1997/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 484,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
東京急行総帥としての一代記です。
内容は東大時代の前史に始まり、父五島慶太氏死後社長就任後父の老害として”怪しい筋と東急電鉄との関わり”の清算と反五島派の排除、その上から始まった「”東京西南部に展開する東急”と”世界へ広がる東急”」を描いた本です(”北海道へ展開する東急”への記述は不足しているように感じますが)。
城山三郎氏の著書故”経済人へのヨイショ本”の感がありますが、一読する価値はあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
五島昇は真っ直ぐな男である。こう書くと、いくつかの反論をちょうだいするかも知れないが、城山の描くところ、五島昇は真っ直ぐな男なのだ。
大きなビジネスを描く一方、小さな駆け引きの好きな男は世にごまんといるが、五島昇はそれを好まない。むろんそのことは、あらを探せば何もないわけではないことを含むが、彼への評価はそのようなものでよいのだろうか。彼は前へ進む男なのだ。2代目でありながら、彼は先人から受け継いだものを小さくまとめるような事をせず、しっかり前へ進めたのだと思う。 彼の行ったことが、現在の東急グループの状況によって過小評価されてしまわぬ様、今一度この本によって、彼とその時代を検証してみることが必要ではないだろうか。 ただ懐かしむにはもったいない男であると思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/13
形式: 文庫
城山三郎の本はどれも好きだが、その中でも特に好きな一冊。城山三郎が五島昇をとても好きな(尊敬している)気持ちがよく伝わってくる。その時代の背景や、五島昇の人柄などがドラマ仕立てに描かれていて、面白い中にも学ぶべきところが多い本。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告