通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビッグデータ革命 無数のつぶやきと位置情報から生ま... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送とさせて頂いております。◆30分経過後のキャンセル・注文内容・住所の変更はできません。(アマゾンご注文規約に準じております。)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送はヤマトメール便の為ポスト投函となり、着日指定および郵便局留・私書箱配送はできません。上記配送不可の場合は恐れ入りますが商品代金のご返金を致します。安価商品の為再配達はご勘弁ください。ご注意をお願い致します(アマゾン規約より)。◆検品には注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビッグデータ革命 無数のつぶやきと位置情報から生まれる日本型イノベーションの新潮流 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/9

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/3/9
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビッグデータ革命 無数のつぶやきと位置情報から生まれる日本型イノベーションの新潮流
  • +
  • 位置情報ビッグデータ (NextPublishing)
総額: ¥3,326
ポイントの合計: 45pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

クラウド時代に必須のITビジネス戦略とは何か?「全力案内!」「TRUE TELLER」が解き明かした生活者の本当のニーズ。

著者について

増田有孝 野村総合研究所 ユビークリンク事業部長 2007年8月、株式会社ユビークリンクを設立し、代表取締役社長に就任。スマートフォン、フィーチャーフォン向けのナビゲーションアプリ「全力案内!」事業や、プローブ交通情報事業はスタートアップから携わっている。2011年に野村総合研究所へ戻り現職。『2010年日本の経営』(共著、東洋経済新報社)、『戦略実践ノート』(共著、ダイヤモンド社)をはじめ、多数寄稿。 柿木 彰 野村総合研究所 ビジネスインテリジェンス事業部長 専門は、ITアーキテクチャー、データマイニングなど。前職では技術調査部長を務め先端技術のビジネスへの応用を調査研究。データ急増が及ぼす社会変革に注目し、現在はテキストマイニング技術を強化したビジネスインテリジェンス事業に従事。『ITロードマップ2009年版』(共著、東洋経済新報社)をはじめ、多数寄稿。 神田晴彦 野村総合研究所 ビジネスインテリジェンス事業部 主任研究員 専門は、テキストマイニング、消費者行動など。マーケティングリサーチやソーシャルメディア、コールセンターのコンサルテーションを数多く手がける。近年では中国におけるVOC活用プロジェクトにも従事。社団法人企業情報化協会VOC活用研究会コーディネーター。『顧客の声マネジメント』(共著、オーム社)、『顧客の声分析活用術』(共著、リックテレコム)をはじめ、多数寄稿。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/3/9)
  • ISBN-10: 4048862197
  • ISBN-13: 978-4048862196
  • 発売日: 2012/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 633,138位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
野村総研が提供する位置情報サービスやテキストマイニング製品がどういったもので、それらがいかに優れているのか、といったセールスが大部分。ビッグデータそのものに関する説明に割かれているページ数が少ないだけでなく、その内容は総研系のコンサルがクライアントを煙に巻くような切り口にありがちな非常に薄く表面的なもので、あまり参考にならない。野村総研の提供する製品を通じたビッグデータが活用方法を知るのであればある程度有用かも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
野村総研の本。半分はNRI自社製品の紹介、目新しい情報はない。

米国でもビックデータ活用ができている企業は未だ数%、とある一方で、
米中と比較し日本はビックデータ活用度の指標で劣る、
と言われても母集団が恣意的に思えホラーストーリーとしても納得できず。
この集計法はビックデータの「高精細、高頻度で生成され、多様性に富むデータ」
という定義に反するというなんとも言えないオチなのはどうなのか
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 クラウドが一般化し、これらのサービスを利用するユーザーが急増している。またスマートグリッドなど、生活に大量のセンサーが導入されそれらがネットワークに接続する時代を迎えようとしている。そんな中で、ネット上を行き交う大量のデータ―今までにも価値がありそうだとは思われていたが中々活かすことのできなかったもの―の持つ意味が、これまでと比べて明らかに変わってきている。過去にもデータマイニングという名前で呼ばれてきた統計学的手法を用いた分析活動、それは今や、データそのものが大きな意味を持つ、"ビッグデータ"として、IT業界で最もホットなキーワードとなっている。
 本書では、ビッグデータという言葉が生まれるまでの背景と、筆者が開発に携わった「全力案内!」での事例紹介などから、ビッグデータの全貌と今後の展望に迫る。特に「全力案内!」の紹介では、多くの帰宅困難者を生んだ3・11の交通事情を分析することで、IT業界関係者でなくとも、ビッグデータの可能性と重要性を理解することができる。今後の私たちの生活を左右するキーワード、ビッグデータ。ぜひ手にとっておきたい本だと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stophunter 投稿日 2013/4/30
ビッグデータの活用を、概説に続いて、実際の野村総研の開発したビッグデータ活用ソフトである「全力案内!」(ナビゲーションソフト)および「トゥルーテラー」(テキスト解析)を実例に解説する。ビッグデータの書籍には能書き中心の本もあるが、本書はそれと全く逆で自社開発ソフトだから書ける苦労話が面白い。例えば、全力案内!であればタクシー会社との連携、トゥルーテラーであれば、中国のソーシャルメディアを分析して洗濯機の設計に生かすなどなど興味深いところが多く、一気に読んでしまった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、著者自身が日本で実現している事例を通して、ビッグデータを解説してくれている。
最近新聞・雑誌・講演等で見かける「ビッグデータという技術や可能性の評論」を越えていて、満足した。

スマートフォン向けナビゲーションアプリ「全力案内」やテキストマイニングツール「トゥル―テラー」は”堅実なイノベーション”の事例であるという解説は、私たちのようにこれからビッグデータビジネスに取り組む人に、具体的なヒントと勇気を与えてくれる。

ただし、タイトルで「革命」を謳っているが、「ビッグデータ」が革命レベルの力を持つものなのか?、疑問は残る。本書は革命を起動するための書ということか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告