通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■ごらんいただきありがとうございます。■気になるような汚れ,,書き込みなく良好な状態です■通常配送無料■年中無休!迅速、安心、丁寧なアマゾン配送センターより発送します。■ご不明な点がございましたら、お気軽にご質問下さい。■ご購入者様とご縁が出来る事を心よりお持ちしています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める 単行本 – 2012/6/29

5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める
  • +
  • ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
  • +
  • できるポケット+ ビッグデータ入門 分析から価値を引き出すデータサイエンスの時代へ
総額: ¥4,838
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

クラウド、ソーシャルに次ぐ第3の、そして最大の潮流――
すべてがデータ化される「ビッグデータ」の世界で、いま何が起きているのか?

世界中の企業が、データの重要性に気付きつつある。
データの作成・収集・蓄積・加工・分析がかつてない低コストで可能になった結果、
データを適切に活用できるかどうかは、
企業規模やカリスマ経営者の有無よりもはるかに重要になった。

いち早くデータの重要性に目覚めたGoogle、Amazon、コマツ、リクルートなどの
勝ち組企業に、他社はどうやって追随するのか?
すべては「ビッグデータ」への理解と利活用にかかっている。

ベストセラー『クラウドの衝撃』の著者が、勝ち組企業の新常識を鮮やかに解き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

クラウド、ソーシャルに次ぐ第3の、そして最大の潮流―すべてがデータ化される世界で、いま何が起きているのか?ベストセラー『クラウドの衝撃』の筆者が示す勝ち組企業の新常識。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2012/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492580964
  • ISBN-13: 978-4492580967
  • 発売日: 2012/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 252,802位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 現在IT業界、あるいはITの枠を超えてバズワードとなっているビッグデータの現状、
そして少し先の未来をありとあらゆる観点から非常に分かりやすく解説してくれる良書。

 最初はお決まりのビッグデータとは何か?から始まる。しかし、単なる言葉の説明に
とどまらず、「点(トランザクションデータ)から線(インタラクションデータ)の分析へ」
やマーケティング業界で流行りのO2Oとの関係など、なるほどと思わずうなずいてしまう。
 
 2章では、技術の話になるが、ここでも単なる技術解説ではなく、ストーリー仕立て
になっているため、「なぜその技術が必要か」といった背景やベンダーの思惑が手に
取るように分かる。
 
 3章・4章からがこの本の真骨頂。「ビッグデータを武器にする企業」として、イーベイ
やジンガ、グリー、リクルートなどを取り上げているが、実際の取材に基づく話であるため、
現場の生の声が聞けて、非常に参考になる。正直、本を読む前は、「ビッグデータでなくとも、
サンプルデータで十分ではないか」とやや懐疑的に思っていたが、その見方は間違いである
ことをこの章では教えてくれる。特にグリー、リクルートの話は非常に興味深かった。
もちろん、グ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
2012年9月1日電子版リリース。著者は、野村総研の研究員である。

特に日本企業における最近のビッグデータ利用の動向を記した本で、ハドゥープなどについて触れているわけだが、Google筆頭に現在、ビッグデータを真の意味で扱っている本やインターネットの情報を多読し、仕事でも金融機関でデータを扱っている者としてかなり疑問を感じる内容だった。

まず、今、真の意味でビッグデータを保有しているのはどこの会社かを考えてみると、検索データ・購入履歴データ・位置データに映像データといったデータを丸ごと時系列に保存しているGoogle。次にGoogleの検索も一部しか入り込めない世界最大のソーシャルであるFacebook。続くのが多大なインフラも併せ持つ小売大手のAmazonといち早くApple Storeで音楽や映像やアプリをリリースして顧客の購入データを所有するAppleの四社だと思う。そして重要なのはこの四社ともが、実際にはビッグデータ分析に、自社開発のソフトウエアとハードウエアを使用していて、その詳細は明かされていない、と言うことだ。

典型的なのがGoogleだが、GoogleはPython主体のプログラムでどんどんプログラムを変更しながら、ビッグデータ分析を進化させているが、その徹底的な秘密主義で内容は完全にブラックボックス
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 どこかで聞いたタイトルと思ったが、著者は現在のクラウドブームを見事に予見した良書『クラウドの衝撃』
と同じで、出版社も同じ。
 まず感心したのは、その圧倒的な情報量。そして、その膨大な情報をきちんと整理した上で、ロジカルかつ
分かり易く説明してくれる点は、『クラウドの衝撃』同様。
 事例も非常に豊富で、なおかつ背景や周辺情報もまとめて説明してくれるので、いろいろと関連知識もつく。
たとえば、スマートメータの先進事例として紹介されている英国の電力・ガス会社セントリカの解説では、
英国の電力料金の請求がいかにいい加減かということが分かった。
 単にビッグデータを称賛するのではなく、プライバシーの側面など、きちんとマイナス面にも多くページを
割いている点も『クラウドの衝撃』同様。
 全体としては、現時点までのビッグデータ界隈のさまざまな話題を冷静に、そして深い洞察をもって、描き切った
バイブルというべき本。これだけのボリュームの割に値段も良心的で、買って損なしの良書のように思う。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
クラウドの衝撃に続き、野村総研の城田氏になる労作。
ビッグデータ本が書店を賑わすこの頃、本書は、データ量、記述量、
カバー範囲の広さ、面白さは、群を抜いています。

ただし、読むには、かなり手間がかかった。
座右に置いて、PCで確認しながら、いつでも参照できる
ようにしておく、便利なレファ本です。
特に、抽象論にばかり陥らないように、また、2次情報で
安易な啓蒙書にならないように気配りしたことが垣間見え、
事実と事例、製品や先端ベンチャーの話題と、独自の内容で
必読書となっています。

特に、企業での利用事例や、米国におけるデータベンチャー
の紹介などは、著者(と野村総研)独自の調査力をあますとこなく
発揮しており、類書にはない、新鮮な情報で読み応えがあります。

ただし、非業界の方には、専門的すぎて読みにくいと思いますが、
想定読者は、一般人ではなく、関係者だと思いますので、
そこは、内容の緻密さ、内容の膨大さは、十分な配慮もなされています。

願わくば、今後の展開や展望、近未来予測的なことに
(NRIのお家芸なので)をもっと紙面を割いて欲しかったです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック