通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビッグデータがビジネスを変える (アスキー新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビッグデータがビジネスを変える (アスキー新書) 新書 – 2012/12/10

5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビッグデータがビジネスを変える (アスキー新書)
  • +
  • ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)
  • +
  • できるポケット+ ビッグデータ入門 分析から価値を引き出すデータサイエンスの時代へ
総額: ¥2,573
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆なぜアマゾンは「おすすめ商品」がわかるのか?
――新時代のビジネス戦略に必須のキーワードを解説

モバイル、クラウド、ソーシャルとともに、これからのビジネスでイノベーションを生み出す重要なキーワードとされる「ビッグデータ」。
すでにGoogleやアマゾンなどの成長企業でその活用が注目されているが、日本でもクックパッド、コマツ、リクルートなど、成功事例が続々と出始めている。

本書は、大量の情報を分析することで新たな活用のアイデアを得、それが新しいビジネスモデルとなって市場を切り開いていく現状を、さまざまな分野から紹介。
大企業だけではなく、個人のサイトでもアイデア次第で大きな利益を生み出すチャンスがあること、
ネットやIT業界以外のコンテンツ産業、教育や医療といった幅広い分野で活用の可能性が広がっていることをわかりやすく解説する。
グローバル時代に成長を遂げるヒントを示唆する、今後注目のキーワードの入門書として、今の時代を生きるビジネスパーソンには必読の書となるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

日米の成長企業でいち早く活用され、話題となっているキーワード「ビッグデータ」。これは、ウェブやマーケティングなど一部の業界だけで有効なIT戦略ではない。膨大なデータの分析から、まったく新しいビジネスモデルを生み出す試みが今、あらゆる分野で始まっている。その実例から可能性まで解説する決定版入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/12/10)
  • ISBN-10: 4048868810
  • ISBN-13: 978-4048868815
  • 発売日: 2012/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 425,824位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
コンピューター技術の進歩と、Hadoopなどの大量のデータを処理する技術の登場で、今まで扱えなかった大規模なデータを処理することができるようになりました。
これら大規模なデータはビッグデータと呼ばれ、上手く分析を行えば、研究やビジネス、医療など、多くの分野で活躍すると考えられています。

この本では、タクシー会社のGPSデータの利用、クックパッドの検索履歴と書き込まれたコメントの利用、というように具体例が多く出てきます。
2013年1月現在、ビッグデータに関してインターネットで調べても、それが具体的にどのように活用されているかという情報はまだ少ないです。
この本は具体例が多くあるという点に特に価値があります。分かりやすい具体例なので、前提知識が無くても読めます。
ビッグデータについて初めて読む本としては、雰囲気をつかむのに良いと思います。

ただし、ビッグデータが何なのか、単なるデータの利用とどういった点で今までと違うのか、どのような技術がもちいられているのか、といったことはあまり言及されていません。

技術者の方で、ビッグデータの扱いに興味をお持ちの方はITProの記事や、Hadoop、NoSQL、データマイニングの手法などについて書かれた本を参考にするほうがいいと思います。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この本に書かれている90%以上の部分は「ビッグデータ」を単に「データ」あるいは「情報」と読み替えることができる。
つまり、本書ではビッグデータという言葉の定義が非常に曖昧で、拡大解釈している部分が目に付いてしまった。
例えばコマツのKOMTRAXが例として挙げられている。確かに、データ通信の仕組みを搭載し新たなデータ活用のビジネスモデルで成功した例ではあるが、これがビッグデータなのだろうか。完全にクローズした世界で各機体から目的を持ったデータを集めて、遠隔で故障予測や盗難対応をすることを、ビッグデータの例とするのは無理過ぎる。
スマートメーターで電力不足緩和する、これはビッグデータの活用と言えなくもないだろう。
橋の揺れや歪みデータで保守を効率化する、これは効率化する目的でセンサー設置してデータ分析しているだけで、ビッグデータと言うべきではないだろう。
犯罪データを分析して警官を重点配置する、これは警察が当たり前にやるべきことで、何をビッグデータと言っているのか分からない。
この後も、韓国では教材や学習ツールをビッグデータ化する取り組みが始まっているとか、集合知というビッグデータの形成こそが、人材の育成につながる、という具合にビッグデータを作ること自体が目的となっている記述が続く。
富士通の社員2500人のデータ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
文章表現、書いている範囲、深さなど全体が良いバランスで、時流を捉えた包括的・網羅的なICT活用事例が多く詰まっています。ICTのシステム寄りでもなく、要素技術中心でもなく、タイトル通りビジネス、利用者/提供者目線で書かれていて偽りなしです。
(HadoopやNoSQLなどはほんの少し、GoogleのBigTableやAmazonのDynamoなどは一切触れず)

はじめにを引用すると、「ネットビジネス、IT系企業の話しでしょ」ではなく、ビッグデータは老舗でもビジネスの仕組みを変える、可能性を広げる(=夢を叶えるインパクトがある)・・・と記載の通り、ブレなくその軸で書かれているのが分かります。
筆者の稲田さんは総務省から東大特任教授の経歴で、今まで多くの先進的なICTに関わってきたことが文書の端々に感じられました。
と良い印象はここまでですが。

ICT活用事例は、今まで色んな紙面や媒体で目にしたAmazon、クックパッド、コマツ、タクシー業界、NTTドコモ、コンテンツ配信や医療系、農業系、はてはスマートシティなどなど。ビッグデータならばこそ、ではなくクラウド、M2Mなど他のバズワードがタイトルについても使える活用事例のオンパレードです。残念。

でもこの本で唯一Inspireされたのが、クック
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ビッグデータの重要性を語るのだが、やはり、大学の先生の本は つまらない。
表面を なでているだけで おもしろい分析や切り口がない。
効率化やコスト削減の道具だけではなくデータこそが 付加価値を高める。
新しいものを創造する。
行動履歴情報、非構造化されているデータを分析。集合知の活用。
経営者が ビッグデータを活用する取り組みが必要。
アマゾンのモデルは、周知のこと。新しい視点がない。
クックパッド コマツ スヌース ネットフリックス。
それで?と言いたくなる。
イノベーションとは
『新しい技術の発明だけではなく、新しいアイデアから
社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的におおきな変化をもたらす
自発的なヒト•組織•社会の幅広い変革』
日本は情報通信への投資がおくれている。
結果として このような 本しか 生まれないのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック