¥ 1,300
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ) 単行本 – 1987/12/10

5つ星のうち 4.2 164件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,300
¥ 1,300 ¥ 142

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
  • +
  • ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)
  • +
  • 新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
総額: ¥3,785
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



夏休みの作文を書くなら課題図書を読もう
第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書を学年別でご紹介。 2016年 課題図書へ

商品の説明

内容紹介

講義が見える、英語が見える新感覚の参考書。長年の講義のエッセンスを再現した、英文を基礎の基礎から系統的に学べる、英文解釈参考書の極み。


登録情報

  • 単行本: 282ページ
  • 出版社: 駿台文庫 (1987/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796120017
  • ISBN-13: 978-4796120012
  • 発売日: 1987/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 164件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,237位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
大学入試の参考書ですが、私は本書に出会ったのは入試が終わってからです。
進学校で3年間かなり多くの時間、大量の課題など課せられながら英語学習をさせられました。
それでも英語が得意ではなく、大学入学後も何となくでしか英語を読めていなかった。
というわけで、英文読解を勉強しなおそうとして本書に出会いました。

一日一講義づつ、part2と合わせて2か月かからないぐらいで読み終わったと思います。
結果はpart1が終わるころ、英文の構造が的確にとらえられ、単語、イディオムの意味さえ分かれば読めるようになっていました。
その時の感覚は衝撃的でした。長い間、空を覆っていた厚い雲がいつの間にか晴れていて青空が広がっていた感覚!これが英文を理解し読むということかという感覚。
自分が3年間させられていた英語学習は、いや、中学も含めると6年間の英語学習は全くの無駄でしかなかったと思いました。
そのような 事を思い知らされた書です。

さて本書の内容ですが、
中学生レベルの英文から始まります。そして何度も何度も前の例題で扱った構文を反復させる構成になっています。
その反復で知らない間に解釈できるようになってしまいます。
そして、本書の説明&構成はすばらしく最低限で
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本を買おうかどうか迷って、レビューを見て下さった方、結論から言うと、「早く買うべきです(^_^)v。」
 
 この本の構成の最大の特徴は、’反復’だと思います。
 
 英語を読むのに必要な構文が、重要な順から何度も出てきます。はじめは簡単な例から、読み進むにしたがって同じ構文の、難度を高くした文が、これでもかというぐうらい出てきます。
 
 そして、めったに出てこないような構文は最後のほうの例文で出てくるといった感じです。
 
 だから、この本をやれば英語を読むのに必要な知識のうち、重要な順から確実に身につけることが出来ます。
 
 まんべんなく構文がちりばめられている本ならたくさんありますが、一度見ただけでは忘れてしまうというのが現状だと思います。
 おそらく、こんな本は他には無いと言えるほど、奇跡的な本です。
 
 2冊あるので、全文訳すのは時間がかかり、大変ですが、それをするだけの価値がある本だと思います。
コメント 234人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現役の受験生です。
僕は、高校1年のときに進研模試で、英語の偏差値が48でした。
「このままではマズイ」と思い、英語の勉強をしはじめした。
高校2年の春だったと思います。最初は超基礎(文法や簡単な単語)からはじめ、少し慣れてきたくらいの頃、この本に出会いました。
最初は、伊藤和夫先生の解説が、なんだか理屈っぽくて嫌になることもしばしばありましたが、基本的にはわかりやすく書かれていて、非常にためになりました。
また、この本では、簡単な英文から高度な英文まで、段階的に配置してあるので、難易度的にも非常にやりやすかったです。

PART1→PART2と2冊取り組み、すべての英文を和訳できるようにしました。
また、意味・構文を取り終わった英文はすべて音読して、すらすら読めるようにもしました。
部活があり、ハイペースで進めることは困難だったため、この一連の作業には4、5ヶ月かかりました。

そして、高3になり、駿台の全国判定模試で、(ハイレベルではないながらも)偏差値71をとり、早慶の看板学部でA判定をとるまでに成長することができました。
今や、英語が一番の武器になりました。それは、紛れもなく、この本のおかげです。

英語が苦手だという高校生の方はもちろん、社会人で英語を学びたいという方にもおすすめしたい、一冊です。
コメント 148人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私自身、英語教師で、英検1級を取得したものの、生の難易度の高い英文に接すると、確信を持って読めていないことに気づき、

本書を手に取った。まさに自分が無意識にしていたことを改めて説明され、目から鱗が落ちる思いである。また、何が分かっていなかったから、

クリアにならなかったのかもよく分かる。初心に返って、英語を勉強しようと決意を新たにした。

現在の日本の英語教育は、文法ばかりやっているからダメだ、というようなプロセスと結果を混同した議論が多い。

特に、コミュニケーション重視の中で育った20代くらいの若い英語教師は、伊藤和夫氏の名前さえ知らないというありさまである。

まずは教師自身が謙虚になり、自身の英語力を見つめなおし、実践も見つめなおす時期ではないだろうか。

いくら英語教育に「ついて」の議論をしても、教師の英語力がなければどうしようもないのだから。
コメント 213人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック