中古品
¥ 1,550
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯あり■Amazon倉庫から配送 Amazonスタッフがキレイに梱包致します。★中古品は全商品簡易クリーニング後クリアパックに包装しております。■カバーにある程度の使用感がありますが、ページ内に目立つ書き込み、汚れなどもなく比較的良好な状態です。■中古品■特典、付属品等は記載があるもの以外ございませんので予めご了承ください■プロダクトコード・DLコード等の付属品は付属・使用の保証はありません■その他、ご不明点はお気軽にご質問ください。■不良品以外の返品は基本的に致しかねますので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ビジネス法務の部屋からみた 会社法改正のグレーゾーン Gray area in Companies Act Revision from the viewpoint of Business Law 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/14

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/10/14
¥ 15,232 ¥ 1,060
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

どうすれば紛争にならずに済むか?どうすれば紛争を早期に解決することができるか?
改正会社法を前向きの企業経営に活かすべく、その「グレーゾーン」に光を当てる。
スピード経営に邁進しなければならない企業経営者や担当者にとっての、いわゆる「事実上のエンフォースメント」はどこにあるのか?
企業法務、企業会計関連や、内部統制、企業コンプライアンス、金融商品取引法関連、コーポレート・ガバナンスなど、企業が直面する今日的問題の処方箋として、会社法を活用するためのポイントを掲示する。
ブログ『ビジネス法務の部屋』著者が書き下ろしで、ビジネスパーソンに贈る全15章。

(序章「何が会社法のグレーゾーンなのか」より)
企業が会社法を活用するということは、企業の経営者や担当者が主体となって行動予測を行い、紛争や裁判を事前に回避できなければならない。
たとえば、企業経営者にふりかかる株主代表訴訟のリスクの重大性については、外部の法律専門家の意見が重要であったとしても、経営判断にとって肝心なリスクの発生確率については自社で判断しなければならないのである。……したがって、
会社法ルールの実現を担保する事実上のエンフォースメントの存在は、これからの会社法の活用にも大きな影響を及ぼすものと考えられる。

<本書の構成>
・何が会社法のグレーゾーンなのか?
・社外取締役導入の目的について
・利益相反行動の開示とコンプライアンス経営
・企業不祥事と第三者委員会
・黄色信号理論と役員の善管注意義務
・企業集団内部統制で守るのは「安全」か「安心」か?
・社長解任の極意
・内部通報制度の適切な運用が経営者を守る
・監査等委員会設置会社に潜む不祥事リスク
・日本版スチュワードシップ・コードとガバナンス改革
・幻と消えた「会社法と金融商品取引法の交錯問題への道筋」
・株式買取請求権の合理化と差止請求権行使への期待
・キャッシュアウト法制と「取締役の品行方正義務」
・経営者が怖れる「重過失」の効用
・職業倫理は経理担当者を救えるか?――事例から考える

著者について

山口利昭(やまぐち・としあき)
山口利昭法律事務所所長、弁護士、公認不正検査士(CFE)、1979年大阪府立三国丘高校卒業。1985年大阪大学法学部法学科卒業。1990年大阪弁護士会登録(修習42期)、竹内・井上法律事務所勤務。1995年山口利昭法律事務所開設。2007年同志社大学法科大学院講師(会社法演習、~2010年3月)。2008年日弁連業務改革委員会企業コンプライアンスPT幹事(現任)、大阪弁護士会業務改革委員会委員(現任)。2012年日弁連司法制度調査会委員社外取締役ガイドライン検討チーム幹事(現任)。2013年株式会社ニッセンホールディングス(東証・大証1部)社外取締役(現任)、大東建託株式会社(東証・名証1部) 社外取締役(現任)。
著書に『法の世界からみた「会計監査」―弁護士と会計士のわかりあえないミゾを考える―』(同文館出版)、『国際カルテルが会社を滅ぼす―司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応―』(共著、同文館出版)、『不正リスク管理・有事対応―経営戦略に活かすリスクマネジメント―』(有斐閣)など多数。

ブログ「ビジネス法務の部屋」
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 252ページ
  • 出版社: レクシスネクシス・ジャパン (2014/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902625784
  • ISBN-13: 978-4902625783
  • 発売日: 2014/10/14
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 607,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年11月5日
Amazonで購入
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年11月16日
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告