通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビジネス書の9割はゴーストライター がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビジネス書の9割はゴーストライター 単行本 – 2014/5/25

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/5/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 307

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビジネス書の9割はゴーストライター
  • +
  • ゴーストライターになって年1000万円稼ぐとっておきの方法(発行・創幻舎)―大物タレント本を書くプロが公開―
  • +
  • 年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術 (DO BOOKS)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 114pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

経験豊富な著者が、ゴーストライターの仕事の実態や収入、トラブルとその対処法などを豊富な実例から紹介し、出版ビジネスの「正体」に迫る。そして、著者・出版社・ライターの関係性をふまえてライターの地位向上の必要性を説く。基礎知識Q&Aも所収。

内容(「BOOK」データベースより)

ゴーストライターの経験豊富な著者が、ビジネス書にまつわる仕事の実態や収入、トラブルとその対処法、ライティングの心構えなどを数多くの実例に基づいて紹介し、著者・出版社・ライターの関係性をふまえたうえで、ライターの地位向上などの必要性を説く。ゴーストライターの基礎知識をまとめたQ&Aも所収。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 青弓社 (2014/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787233785
  • ISBN-13: 978-4787233783
  • 発売日: 2014/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 413,372位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 「ビジネス書の9割は、ゴーストライターが書いている」
 このことを耳にしたら、あなたはどう思うだろうか?

 恐らく、出版業界に精通している人であれば、「そりゃ当然だろ!」と思うかも知れない。
 逆に、本をほとんど読まない人であれば、「一種の詐欺ではないのか?」と思うかも知れない。
 そこで、著者はゴーストライターの実態を、さまざまな視点から描いたわけであるが、残念ながら日本には、ゴーストライターの真の実態について書かれた本が全くと言って良いほどなかった。
 そのことを考えると、この本の存在価値は非常に大きいと言える。
 ただ、私がそれ以上に気になったのは、出版業界全体が、「超」のつくほどの売り上げ至上主義に毒されてしまっていることである。
 実際に、私は売り上げ至上主義や、ビジネス書を含めた「軽薄な本」の乱造を、拙著の『もう読みたい本がない!』(幻冬舎ルネッサンス新書刊)で強く批判しているが、残念ながら出版不況そのものは、私が『もう読みたい本がない!』を刊行した当時(2011年10月)よりも、さらに深刻化してしまっている。また、同時に1つの企画を、時間をかけてじっくりと温める余裕がほとんど無くなっている(余談だが、私は『もう読みたい本がない!』を、ライターの手を借りずに1人だけで書いている。しかも、
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
出版業界のタブーを暴露した著者の勇気に敬意を表したい。著者とてこの業界人であるのだから、よほどの覚悟がないと書けないと思う。
その覚悟とは、ライターという仕事をする者の社会的地位をなんとか少しでも向上させたいという真摯な願いだと思った。
内容的には、ライターの収入等の現実から始まり、本題のゴーストライターに至るまで詳細に観察、分析したドキュメントである。
とくに出版業界を志す者やフリーライターを志す者は、読んでおかないといけない本だと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ある大手出版社の編集長はこう語ったという。

「著者は、誰でもいいの。書くのはライターだから。著者に求められるのは、一日五十部のペースで本を売りまくるブランド力、営業力、ネットワーク力……。」

本書はゴーストライター経験を豊富にもつ著者が、ゴーストライターの仕事や収入、トラブルや業界の裏話を赤裸々に記したものである。

ビジネス書の世界では昨今、ひとりの編集者が年間、十二冊から二十冊前後の本をつくる。もし経営者や芸能人、政治家、コンサルタントなど、著者としてクレジットされる人たちが本当に書いたなら、こうしたハイペースを維持することはとうてい不可能。締め切りを守ることも疑わしいし、そもそもまともな日本語をを書いてくることすら期待できないからだ。そこでゴーストライターの出番となる。

だがなぜ、力量のない人間に本など書かせようとするのか。もちろん「売れる」と見込まれるからだ。本は増刷がかからないと利益が出ない。件の編集長は「一日五十部のペース」というが、書店に(平積み)で置いてくれる三カ月くらいの間にそのペースで売れなければ、増刷がかからない。となると求められるのは「初速」であり、したがって文章力などより、「ブランド力、営業力、ネットワーク力」が重要になるというわけである。

さて、ゴ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者の問題意識としては悪くない。
しかし、全体の構成や文章は優れているとは言えない。
結果としてあまり薦められる本ではない。

著者が言いたいことは単純だ。
要は、ゴーストライターの処遇が悪すぎるという嘆きだ。
本は定価の10%が著者の印税収入になるのが一般的らしいが、
この10%を名前を貸しているだけの「著者」と実際に書いたゴーストライターとで
山分けするそうだ。

その際、名義貸し、すなわち、「名ばかり著者」が10%のうち、半分以上、通常は
7%くらいはもらって、残りを実際に書いたゴーストライターがもらうことになるという。
下手をすると、ゴーストの取り分は1~2%にまで圧縮されることもあるらしい。
そのうえ、ゴーストであるから、本には名前も載らない。

苦労の割に、これではカネもうけもできないし、名誉も得られない、酷いではないか!
というのが本書の著者の言い分なのである。

労働に見合った対価を求めるという点では、確かに、名義貸しだけで印税の半分以上を
持って行ってしまうのは理不尽なような気もする。同情の余地はある。

しかし、ゴーストとしては、自分には知名度もないし、も
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告