通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 明記されていない場合は帯・付録・付属品などはございません。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後エコ簡易梱包にて迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫 文庫 – 1994/4/1

5つ星のうち 4.3 82件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 60

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
  • +
  • 働く君に贈る25の言葉
総額: ¥2,149
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (ビジネス本)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

 「財産や事業など残すより、いちばん大切なのは、一生の経験から学んだ人生の知恵やノウハウの集積である。これだけはぜひ息子に伝えておきたい」(まえがきより)

   本書は、ビジネスマンとして成功を収めた著者が、同じく企業家を目指す息子へ宛てて書いた手紙をまとめたものである。全部で30ある手紙は、試験、実社会への出発、企業での人間関係、部下とのコミュニケーション、友情、結婚など、ビジネスマンが人生で遭遇するあらゆる場面に言及している。著者が人生を通じて得た「礼儀正しさにまさる攻撃力はない」「友情は手入れしよう」「批判は効果的に」といった教訓は、いずれもビジネスにおける普遍の真理をついている。

   本書の魅力は、こうした教訓だけにあるのではない。「父親を超えられない」と不安に思う息子を励ます場面では、息子の成長を祈る父親の気持ちが伝わってきて、思わず涙しそうになる。父親と息子の、男同士の絆。厳しさと愛情の入り混じった複雑な感情が、読むものの心を強く打つ作品である。

   原書は『LETTERS OF A BUSINESSMAN TO HIS SON』で、全世界でミリオンセラーとなった。時代が変わっても輝きを失うことのない1冊。(土井英司)

内容紹介

父親が自分と同じ道を志そうとしている息子へ、男の言葉で語るビジネスの世界のルールと人間の機微。ここではビジネスマンがその生涯で遭遇すべきあらゆる局面が取り上げられ、その対応の姿勢が経験をもとに熟考されたウイットのある表現で語られている。若いビジネスマンのみならず、ミドルもトップも必読の、人生論のあるユニークなビジネス書としてミリオンセラーとなった本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 292ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1994/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102428011
  • ISBN-13: 978-4102428016
  • 発売日: 1994/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 82件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,403位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『私の考える成功者は、たいていの問題について知的な会話ができ、両手、両足の指に余る友達を持ち、心身の健康を保ち、人生の自由のきくあらゆる面で、中庸を信条とする人である。』

『二十歳から三十歳は、学ぶ期間として、最も重要である。将来の仕事に必要な勉強をこの期間にすませておかないと、最後までしないで終わることが多い。三十歳になれば生活は妻子のものになる。住宅ローン、生活のための仕事。キャリアのための勉強に向ける時間はごくわずかしか残らない。』

 著者は、公認会計士、化学関連野の会社を複数経営した人物である。その著者が息子に対して、子煩悩の親父、応援団長、同僚、親友となって書いた愛情あふれる手紙が、この本の内容である。

 本書の文章は、難しい表現はされておらず、息子への厳しくも温かい文章がユーモアを交えて表現されている。その文章には父のあふれるほどの愛情が盛り込まれており、読者に共感と感動を湧き起こさせる。

 ここで本書の手紙の一部を紹介しよう。

・教育の設計(第二通)
・実社会での最初の日々(第五通)
・「企業家」とは何か?(第七通)
・結婚を気軽に考えないで(第十一通)
・銀行融資をとりつけるには(第十六通)
・政府の検査官に
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いくつかの書評で高評価を受けているのを目にしたので購入しました。

経営に関する手ほどきも多分に含んでいるということだったので、読み終えるには時間がかかるかと思って読み始めましたが、口語で書かれていることもありスムーズに読み進めることができました。

企業経営に関する技術的な内容よりもむしろ、実業家という特殊な職業に対しての心構えが滔々と書かれており、経営者の心中を垣間見る事ができたのは興味深かったです。
ただ、この本が他の経営の本とは決定的に違う点であり、それによって後人からの評価を得ているともいえる、息子へのメッセージの部分は私にとっては消化不良甚だしい内容でした。

掲題したとおり、著者が経営者として、また父親として自分の価値観を押し付けているだけだと感じたのが読後の感想です。著者は、自分の経験の多さを無言の圧力として、経営者特有の弁解めいた表現を用いた論法で「親&創業者としての意向」を主張していきます。
スタンスとしては、子供を思いやる父親の手紙ですから、どの手紙であっても「君のこういった決断は素晴らしい」とか「君がこう考えたことはもっともであり、私も賛成する」といった始まり方をします。しかし、その直後に「しかし…」「ただ注意しなくてはならないのは」と怒涛のように脅迫めいたアドバイスが続くのです
...続きを読む ›
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
起業家であり、数々の会社の経営者である父が息子に送った30通の手紙。
息子の人生の節目に綴られた手紙には父親の愛情があふれている。
この本は父=メンター、息子=読者(つまりメンティ、プロテジェ)という図式になっている。
息子がビジネスマンとして成長していく中で、父は色々な分野で(公私に渡って)深い指導をしてくれる。
まるで、自分が教えてもらっているような疑似体験が出来るだろう。
自分も最初は、疑似体験の世界に入り込めなかったので、毎日1通ずつ読んだが、少しずつ引き込まれていき、最後の10通ぐらいは一気に読んでしまった。
メンターからの教えを疑似体験したいと思っている人にはおすすめの一冊だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これまでに読んだ本の中でも

ベスト5に入るくらいのお気に入りぶり。

調べてみたら、20年くらい前からのベストセラーでした。

要は父から息子へ向けて

いいたい放題書いた手紙なんです。

父:実業家として成功。子煩悩。

息子:実業家になることを意識して社会人として奮闘

20年前なのになんかそのいいたい放題ぶりと

プライベートな内容を他人に公開しているところは

現在のブログのようです。

お気に入りポイント

1.息子をあれこれ心配するお父さんが素敵です

2.ありがちな失敗を次々引き起こす息子ナイス

3.お父さんの助言は的を得ている

お父さんな人も、息子な人も、そうじゃない人も

ぜひ読んでみてください。

明日のための元気がアップします。 
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック