¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ビジネスマンのための中国労働法 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ビジネスマンのための中国労働法 単行本 – 2015/6/3

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/6/3
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,303

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビジネスマンのための中国労働法
  • +
  • Q&Aによる中国子会社の不正リスク管理と現地化の為の人事制度及び内部監査の留意点 -コンサルタントによるコンサルタント選定の為の注意点解説- (Parade books)
  • +
  • 中国現地法人の財務会計業務チェックリスト〔改訂版〕
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 156pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本から中国へ進出した企業は、製造業を中心に、今や大企業にとどまらず中小企業でも珍しくありません。しかし、現地の法体系や解釈の仕方は日本とは相当に異なっており、そのために苦戦を強いられるケースも実際は相当に多いのです。
中国に進出後、さまざまな人事労務トラブルに直面している企業向けに、日中双方の労働法に詳しい高橋孝治氏が、場面別に事例を取り上げながら詳しく解説します。中国の労働法を正しく理解し、円滑な人事労務管理に役立つ解説書です。

内容(「BOOK」データベースより)

“個別の事案は役に立たない!!”なぜ日本の常識が通用しないのか?中国労働法を理論的にわかりやすく解説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 労働調査会 (2015/6/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863194781
  • ISBN-13: 978-4863194786
  • 発売日: 2015/6/3
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 488,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

読みにくい独りよがりさがあふれた書籍である。おそらく一番の問題は、筆者が実務家でないところにある。実際の人事管理では、確かに法律は存在しても、その理論的面以外に必要な要素に取り囲まれるのが現場の実際であるし、各自治体で違う対応を迫られる部分が多い。そこでどのような対応が迫られるのか、そこに本書は答えを出していない。現地のミニコミ紙に連載されている筆者の文章でもそうだが、日本と違う神経や価値観を強調するのはいいのだが、それはあくまでも実践を知らない学生的な理想論の極端な表現にすぎず、現実に雇用者に向き合うものとしては、理論武装のみに偏った本書には疑問を覚えることばかりである。様々な地方の文書サンプルを出しているのはいいが、それも筆者の考える「多様性」からすれば、逆に困っているもののためにはならない例でしかない。もう少し様々な現場に入り込み、実例を拾い上げた上で、その判断が正しかったのか、また、どう処理するのが法的にも情的にも中国人に飲み込まれやすいのかを考える本になっていれば、もう少し良いのではないかと考える。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
読みやすい、分かりやすい、理解できると三拍子揃っています

レビュー者はこの作者の知り合いでよしみで購入したのですが、
まさかここまでの本とは思わなかった。

指導性案例、政策の効果など中国に関して知らなければならないであろうけど
他の類書には書かれていないことばかり、他の中国ビジネス本は一体何なんだと
思わせてくれる(そのため既に中国ビジネスの専門家として活動している人たちを
敵に回すだろうなぁと感じる)

「理論的に分かりやすく解説」、「真の中国ビジネス書」の看板に偽りはありません

作者には他の分野の中国の本も書いてほしい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 この本を手に取りながら、研究者でもある著者の実績を調べていました。
中国の郵便事情に関する考察など、中国法を理解していないと執筆できない文献がありました。こちらを読むことで著者が
述べたい本質が見えてくるとも考えています。また、日本において社会保険労務士での実務経験もあるため、表面的に中国を
知っているコンサル会社にアドバイスを依頼するより的を得た分析ができると考えています。

 ただ著者が北京在住のため地方での法律運用の現状が記されていないのが、不足を感じる一面ではあります。
しかし、中国に関する法源まで記した本がこれまで無かったため、中国でのモノの考え方に寄与する一冊として星5つの
評価を付けさせて頂きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ビジネスマンのための」と書いてあるが、理論に重きを置いて中国労働法が解説されている。

1章の内容はとにかく衝撃的で、中国の法律は日本と根本的に異なるということが丁寧に説明されている。しかし、理論的な説明に終始しているために、で?現地ビジネスマンはどう対応すればいいの?という感想を抱いてしまう。中国の法律は似たような問題があっても、同じ結論が出るとは限らないと特に力点を置いて書かれているが、制度趣旨を押さえて後は自分で考えろということらしい。不親切なことこの上ない。

今までの中国ビジネスの本がこんな事例があります。と説明していて、現地でその事例の通りにならないことは経験からよくある。その意味ではこの本に書かれていることはある意味中国の現場に身を置く者としては的を射ているように感じる。問題は、現地の日本人が現場で考えることができるかというところなのだろう。ほとんどの中国の現場の日本人にそんなことはできない。過去の事例を参考にしたいと思う。しかしその事例に意味はないと本書は断言している。中国の現場での外国人の差別的待遇についてもこの書は言及しており、なるほどと思わせる。だがその先をどう対処すればいい?が一切ないのだ。
行間を読めば、対処法なんかない、これが中国なのだと言っているようにも見える。

と、突っ込み所も
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告