中古品
¥351
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古商品のため、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化がある場合がございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。中身の見えない封筒にて発送致します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ビジネスパーソンのための自分プロデュース術 転職に役立つ「自分の強み」の作り方、活かし方 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2008/12/16

5つ星のうち3.7 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥351
¥1
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

著者からのコメント

生活の大部分を占める仕事時間だからこそ充実させ、活躍したいもの。そのためには、自分を知ることが大切です。しかし、ただやみくもに「自分探しの旅」をしても、やりたいことや自分の能力はなかなか見つからないものです。そんな人にもお勧めできる方法が「自分をプロデュースする」というアプローチなのです。
自分プロデュースとは「自分の資源を発掘する」「意識する」「行動する」ということです。それをひとりでも多くの方に知っていただきたいと思い、この本を著しました。
本書では、自己分析の仕方をはじめ、自分をプロデュースするための方法をご紹介しています。もちろん、「転職」という道を選ぶ方のために、採用面接で使える具体的なアドバイスも盛り込みました。決して難しいものではなく、今日からでも手軽に始められることです。必ずしも最初から順番に実行していく必要はありません。自分が始めやすいところから、少しずつ取り入れていってください。
意識や行動をほんの少し変えるだけで、仕事への取り組み方が変わり、気分が変わり、人生が変わります。本書を、皆さんの仕事、そして人生をより楽しくするために役立てていただければ幸いです。

出版社からのコメント

日々の事務や打ち合わせ・プレゼンから、大切な転職活動における自己分析・自己PR・採用面接まで、さまざまなシチュエーションで必ず役に立つ目からウロコの思考法が満載!

【本書内容】

Part1 Think

第1章 人材市場を知り、自分の相場を上げる
・一流企業で歓迎される「即戦力」の意味が変わってきた
・ガソリンが入っていない、ドライバーもいない高性能自動車はいらない!
・「柔軟性がある人」とは「ゴールを意識できる人」である
・広告には載せられない、企業が求める人材像の「本音」
・不景気になっても求められる人材とは?
・業種・職種が変わっても「持ち運び」できる能力を磨け!

第2章 「成長」に気付き、自分で決める
・あなたは自分の能力の1割にしか気付けていない!
・ちょっと離れてみることで見えてくることは多い
・自分の強みを整理する方法~「5W1H」に掘り下げる
・「マイナス要素」の中にも気付いていない能力がある
・自分のことは他人に聞け!
・自分ができることを「可視化」しておく~「エピソード」の発掘
・「幼く見えてしまう35歳」は転職ムリ!
・ベテランには若手にはない「直感力」がある
・「見切りが早い25歳」は成功を手にできない!?

第3章 逆の発想で自分の可能性を広げる
・「仕事力」とは「動かす力」だ!
・動かした結果から学ぶ、習慣化する
・興味のない仕事も、続けてみると愛着がわく。得意になれば面白くもなる
・「ビジネス筋力」は意識することで鍛えられる
・能力はすぐには鍛えられないが、5秒で100倍に増やせるものがある
・「やっていないこと」と「できないこと」は違う!
・「きっかけ」をつかめば視野が広がる。新しい選択肢が生まれる
・「きっかけ」と「目的」を混同しないように
・自分の道は「選ぶ」のではなく「探す」もの
・ビジネスも転職活動も「接点」を意識する
・「不満」は自分を動かすエネルギーになる
・「ストレスに負けた経験」、次にどう活かす?

Part2 Action

第4章 実績を振り返り、思いを表現する
・「分かっていること」と「伝えられること」は違う
・抽象的な言葉に注意! その意味、本当に理解して使っているか?
・「ロジカル」に傾くほど、「思い」は伝わりにくくなる!?
・「思いを込める」とは「丁寧にする」ことである
・「話が長い」のは「準備不足」でしかない!
・「それは存じ上げません」と堂々といえるようになろう
・「話を作って覚える」必要はない。「思い出す」「見つける」ことで乗り切れる
・饒舌であるほどうさんくさい!?
・失敗もアピール材料に変えられる!
・相手が対話、質問したくなる話し方とは
・相手に身を乗り出させる話し方とは
・見た目の印象は、気持ちの持ち方で変えられる
・面接はなぜ「緊張」するのか? 緊張への対策は......
・「最悪」をイメージして準備を。「最良」をイメージして本番へ

第5章 狙う企業の目線でゴールを想像する
・探偵の目で仕事をプロファイリングしてみよう
・先を読む妄想力を鍛えよう
・転職で大切なのは「シミュレーション」
・転職しても失敗しないための質問を考えてみよう
・バーチャルメンターを抱えよう
・「GTR」でたとえ話に差をつけよう
・自分の採用コメントを考えよう

第6章 ネタを洗い出して一番いい自分を選択する
・頭の中のイメージを吐き出そう
・とにかく書いて、書いて、書いて、自分を把握する
・声に出して話してみることで、伝わりやすさは変わる
・「直感」を言語化してみよう
・「こどもニュース」のキャスターになってみよう
・当たり前の「あいさつ」をおろそかにしない
・評価の基準は、「聞き上手かどうか」
・鏡に話しかけて「クセ」を自覚する

第7章 小さな変化で大きな発見を手にする
・まず、できることからやってみよう
・日記をつけて「自分の行動」を振り返ろう
・ネタ帳で観察眼を養い、チャンスをつかむ
・ビジネス書は、自分の特徴に合わせて活用する
・自分からほめてみることで受け身の自分を変える
・スタイルを変えて意識を切り替えよう
・「フォーカシング」で心の声に耳を傾けよう


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
評価の数 6
星5つ
14%
星4つ
42%
星3つ
43%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2009年2月25日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年7月27日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年12月28日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年1月4日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告