Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 324の割引 (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Facebook Twitter LINE
Kindle App Ad
[増村岳史]のビジネスの限界はアートで超えろ!

ビジネスの限界はアートで超えろ! Kindle版

5つ星のうち 3.7 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 1,296

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

かつて、ビジネスの世界では、MBAを持つことがステータスとなり、一つの勲章とされていました。しかしながら今、アメリカではMBAよりも、MFA(美術学修士:Master of Fine Arts)を持っている人材のほうが重宝されています。給料も待遇も、MBAを持っているより、MFAを持っている人のほうが圧倒的に高くなる時代になっているのです。
 不景気になってもモノだけはあふれ続ける世の中で、魅力的な商品を生み出せるか、商品を買いたくさせられるかには、デザイン性・アート性が鍵となります。そのため、それらを大学院で徹底的に研究してきたMFAを持っている人々は、右脳と左脳を統合してバランスよくものごとを考えることが可能であり、売上に直結するスキルを持っているということで高く評価されているのです。MFAは、当然、MBA取得者より人数が断然少なく、その稀少価値も評価されていることの一因です。
 複雑で変化がとても激しく、不確実性が高い今日のビジネス環境において、従来の知識や論理的思考・分析のみに頼った発想や思考では限界があります。ビジネスにおいても、全体を直感的に捉えることのできる感性や、課題を独自の視点で発見し、創造的に解決する力の重要性が日増しに高まってきています。
 今まで我々は、左脳が主につかさどるロジカルシンキングを鍛えてきました。論理が持つ力ももちろん重要ですが、これからの二十一世紀をしなやかに生き抜いていくためには、アートが持つ感性の力も同じぐらいに重要なはずです。
 本書では、さまざまな事例の紹介を交えながら、みなさんが日々対峙しているビジネスと、日頃あまり接することのないアートの相互関係について探っていきます。

出版社からのコメント

わたしは父を含め、父方の親族に芸術家が何人もいる特殊な環境に育ちました。
このやや変わった環境に育ったわたしは、小学校高学年の頃、一つの大きな疑問を抱いていました。
それは次の4人の共通点に関するものでした。

松任谷由実
村上龍
中尾彬
京本政樹

ユーミンこと松任谷由実は当時のポップ・ミュージックの女王、
村上龍は芥川賞作家、中尾彬は個性派俳優、そして、京本政樹は端正なマスクの二枚目俳優。
この4人の有名人の共通点、わかりますでしょうか?

正解は、みな美術大学を卒業(あるいは中退)していることです。
松任谷由実は美大で日本画を専攻していたのにもかかわらずミュージシャンになり、
村上龍は油絵を専攻していたのにもかかわらず小説家に、
中尾彬、京本政樹もそれぞれ油絵、デザインを専攻していたのにもかかわらず俳優になりました。

なぜ、美大を卒業したのにミュージシャンや小説家や俳優になり、そして大活躍しているのだろう?
父を含め、父方の家系がみな、美大を卒業し芸術家になっていたものですから、
そもそも、デザイナーや画家、陶芸家、彫刻家など、芸術家を目指している人たちが美大に入るものであると、
少年である当時のわたしは至極当然に考えていました。
それなのに、一体なぜ?

このわたしなりの大疑問は、解決しないまま数十年が経ちました。
そして、社会人としての経験を重ね、わたしは今、一つの仮説に至りました。
それは、「絵を描くということが、すべてのクリエイティブ(創造)の源になっている」というものです。
これはすなわち、松任谷由実は、絵を描くことから作詞作曲の着想を得て、
自ら歌うことが自分にもっとも適した表現手段であることに気づいたのではないか。
村上龍は、何百枚と絵を描くことで、自分にもっとも適した表現手段は文章を書くことであると帰結したのではないか、ということです。

つまり、絵を描くことで新たな知覚と気づきを手に入れ、眠っている自分の才能に気づき、火がついたということです。 (「はじめに」より)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7728 KB
  • 紙の本の長さ: 186 ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2018/10/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07JGQCB4N
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,975位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2019年2月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
VINEメンバー
2018年11月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover