この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ソウルスター~永遠の追撃者たち~ MCD 【メガドライブ】

プラットフォーム : Sega Megadrive
5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 19,800より 中古品の出品:1¥ 8,070より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報



登録情報

  • ASIN: B000148ARA
  • 発売日: 1994/12/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 47,402位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2010/8/14
「コアデザイン3部作」と称される、メガCDの誇る3Dシューティング名作シリーズの、最後を飾る超大作。そしてこの「ソウルスター」には、前2作をも遥かに凌駕するクオリティーと魅力がありました。

世界観は近未来・本格ハードSF。視点は前2作のようなコクピット視点ではなく自機の後方から見るタイプで、宇宙や惑星等を直進するスペースハリアー型あり、左右360°旋回できるサンダーホーク型あり、地上を自在に走り回れるタイプあり、水中バトルありと、多種多様な3Dシューティングの面白さがこの1本に凝縮されています。難易度は高いが、自分は超絶とまでは思いませんでした。

拡大縮小技術を用いて、滑らかな3D画面処理とスピーディーなスクロールを実現しています。オープニングムービーやゲーム中のグラフィック・画面演出も16Bit機最高レベル。デザインや色彩センスが素晴らしいので、今見ても美しいと感じる。サウンドもオーケストラによる、荘厳でシンフォニックな格調高いものです。

しかし圧倒的な完成度がありながら、1994年12月の発売当時、人々の興味は完全に次世代機セガサターンに移っており、ほとんど話題に上る事はありませんでした…

だが、自分の感覚的には、翌年3月の発売で大絶賛されたセガサターン「パンツァードラグーン」よりも、こちらの方がスケール感では上回っていると感じたものです。時代の狭間に埋もれてしまった、本当に不運なゲームだった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
昔、ゲームをやってみた第一印象が、「スペースハリアーのようなゲーム」、かと思いきや、自機はステージの環境(宇宙、地上、水中など)に応じて変形し、スペースハリアーのようなステージや「バトルテック」のような360°旋回可能なステージもある。16bitしかないパワーながら、メガCDの持つ拡大縮小機能と回転機能をフルに活かしたステージ構成、敵機、派手に暴れ回り、周囲の地形を壊しながらも迫り来る巨大なボス。そして「スターウォーズ」のようなスペースオペラ調の壮大な音楽、ゲーム開始に流れる派手なCGムービーは当時は驚嘆だった。画面から飛び出すくらいの迫力はまさに体感シューティングと言える。難易度は超絶。序盤で難易度分岐点があり、どんなに頑張ってもイージーコースしかクリアできなかった。コアなゲーマーにお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す