ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始ま... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語 [DVD]

5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,520より 中古品の出品:9¥ 299より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 池上花衣, おかもとまり, 岡駿斗, 澤那朱鳥, 戎怜菜
  • 監督: 柴山健次
  • 形式: Color, Letterboxed
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アムモ98
  • 発売日 2011/12/02
  • 時間: 69 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005ODDGQ8
  • JAN: 4571153233769
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 136,403位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

都市伝説「トイレの花子さん」の始まりを描いたホラー。荒廃した中学校に転校しクラスメートたちにイジメられた花子は、重大な過去の秘密を知られてしまう。その秘密とは、花子が彼女の母親が起こした一家惨殺事件の生き残りであるというもので…。

内容(「Oricon」データベースより)

あの「トイレの花子さん」には誰も知らない“始まり”があった―。荒廃した中学校に柊花子が転校してきた。早速その日から山本愛、熊谷奈菜、平野葉月のイジメの洗礼にあう。愛たちのイジメの対象となる花子は彼女の重大な過去の秘密を知られてしまう。その秘密とは彼女の母親が起こした一家惨殺事件の唯一の生き残りだという事実。担任は彼女を構い、イジメを止めさせようとする。そんな折、学校で失踪事件が発生するが…。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
イジメ 、犯罪 、思春期 … 全て を 網羅した 傑作 。
生田さん = 乃木坂 ※ だけど ? この作品 は 芸名 で 出ています 。
彼女 の 演技力 = 一応 ? 乃木坂 の イメージ が あるから ※
乃木坂 の ファン は 内容 に 集中 できない と 思う 。
ただ 、普通 の 映画 として ※ 観る と、
カナリ いい作品 。でした 〆
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作の特徴は「大根役者の競演」と言ったところでしょうか。登場人物が棒読みの台詞、感情のこもってない演技のオンパレードで、全員が大根役者という珍しい作品でした。ここまで来ると、何かの演出ではないかと思ってしまうほど。そして、脚本も良くないのか、感情移入できる登場人物がいないため、ホラーとしての怖さが全くありません。うーん、ここまで期待を外すと見事としかいいようがありません。

映画は、主人公の花子が新しく高校に転入してくるところから始まります。しかし、さっそく、いじめっ子グループに目を付けられ、いじめの標的にされる花子。更には、花子の母親が一家で無理心中しようとして、花子だけが生き残ったため、転校してきたという事情を知られ、ますますイジメはエスカレートします。

話の設定は陰惨であるのですが、いじめっ子も花子も一本調子の台詞回しで、花子に至っては無表情なので、いじめの陰湿さが全く際立たず、いじめを何とか阻止しようとする担任教師の演技も妙に調子外れなので、全体にすっとぼけた感じが漂っています。いじめの場面を描きながら、ここまで陰惨さを消し去り、すっとぼけ感を出せるのも、逆に見事な演出ではないのかと思わなくもないですが…。

その後、いじめっ子グループは、花子の母親の怨霊に取り憑かれ、次々と抹殺されていきます。本来であれば、この
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
花子さんも都市伝説の始祖的なキャラクターのひとつだが、某裂けている人と比べるとインパクトが弱く、うまく映像化しにくい印象がある。
子どもだまし的なキャラとしては適度なオバケ度でJホラー以前のトイレの花子さん作品は、人死にはあまりなく良質なジュニアホラーというイメージの作品作りだった。
一転Jホラーブーム以降は対象年齢層が拡大し、ひとつの対応策として大量呪殺キャラとして定着してきた感がある。他にも花子さんの来歴には「学校でいじめにあっていた」「精神に異常をきたした母親(父親の場合あり)に学校のトイレで惨殺された」というものもあり、花子さん作品には良く盛り込まれる。

本作も「いじめ」「精神異常の母」「大量呪殺」というキーワードの元に制作された作品ではあるが、「ビギニング」ということもあり、主人公=「花子さん」となっているのが特徴といえる。呪怨風の用語解説から物語が始まるのだが、実はそれが物語の種明かしだったりもする、しかし作中の演出ではそんな感じがあまりしないので、最後まで観賞してから、そのことに気づいたりした。
花子さんは「いじめっ子を皆殺しにする。」ついでに「あまり関係ない人も殺害する。」という現代風キャラクター像はしっかり?表現されているので、来歴に沿ったストーリーで「花子さん誕生!」という作品としてはまあ、いいのではないか、と
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す