通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 コラボメイト
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、ヨレ、キズあり。中身は書き込みヨレ、汚れない状態です。万が一購読者に支障をきたす場合はアマゾンを通じて確実に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS) 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/17

5つ星のうち 3.6 65件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 254
単行本(ソフトカバー), 2012/8/17
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
  • +
  • アホの壁 (新潮新書)
総額: ¥1,760
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

わたしは知っている。
わたしがこの高校でいちばん美しい、
いちばん綺麗な女の子だということを――。
あらゆる男子生徒の視線をくぎ付けにする超絶美少女・ビアンカ北町の放課後は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ生物研究部員。そんな彼女の前に突然、“未来人”が現れて――。
文学界の巨匠・筒井康隆が本気で挑む、これぞライトノベル。
21世紀の“時をかける少女”の冒険が始まる!

内容(「BOOK」データベースより)

わたしは知っている。わたしがこの高校でいちばん美しい、いちばん綺麗な女の子だということを―。あらゆる男子生徒の視線をくぎ付けにする超絶美少女・ビアンカ北町の放課後は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ生物研究部員。そんな彼女の前に突然、“未来人”が現れて―!?文学界の巨匠・筒井康隆が本気で挑む、これぞライトノベル。21世紀の“時をかける少女”の冒険が始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061388371
  • ISBN-13: 978-4061388376
  • 発売日: 2012/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
筒井作品はデビュー作『お助け』から『東海道戦争』『メタモルフォセス群島』等の初期ショートショート、『俗物図鑑』『虚構船団』『旅のラゴス』等の長編、『家族八景』シリーズ、『時をかける少女』などの若年層向け、果ては『朝のガスパール』などの実験的作品まで数多くを貪るように読んできました。
知ってますか? 筒井康隆という大作家、実は昔、漫画を描いたこともあるんですよ?

そんなチャレンジングな精神を常に持ち合わせてる重鎮が「ライトノベル」として書いた今回の作品、私は久々の痛快な筒井節にニヤリとさせられました。
これは、帯にあるような「2010年代の『時をかける少女』」みたいな健全な物ではなく、ライトノベルのパロディであり、ライトノベルとその読者に対する『何か』なのです。

ストーリーは学園一の超絶美少女、ビアンカの常識外れな生物実験が、いつの間にか未来世界の人類の存亡を掛けた巨大バッタとの戦いに巻き込まれていくというドタバタコメディ。
しかし、ストーリーや登場人物自体は、この作品にとってそれほど重要ではありません。
筒井御大自身があとがきで記している通り、この作品はエンタメとしての読み方とメタ的な読み方が出来ます。

エンタメとして読むと、同じ若年層向け作品の「時をかける少女」ほど凝った作り
...続きを読む ›
コメント 168人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アハルテケ トップ500レビュアー 投稿日 2015/4/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
ビアンカの言葉(わたしはちっちゃなころから、宇宙人だの未来人だのが、わたしの前にあらわれてくれることを待ち望んでいたような気がするの)を読んで、のいぢのイラストをみて、これは涼宮ハルヒのパロディじゃないかと思った。3つの章がほぼ同じ記述で繰り返して始まるのは、いうまでもなくエンドレスエイトのスタイルだ。決定的にちがうのは、ハルヒ本が従来のラノベの世界観から一歩も踏み出さない性について、ビアンカは大胆不敵に境界をこえていく。まあ自分でセックスするわけではないが、男子高校生のオナニーのサポートはするし、もうバージンをなくしてるらしい準主役の女子高生はヤクザのキンタマを愛のコリーダ並みに切り取る。筒井さんはこれをラノベのふりをして書いているが、じっさいには形式を借りているだけで、ラノベではない。純粋な筒井精子文学ですよ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、筒井康隆に中学生からはまり、一部のジュヴナイル以外はほとんど読破しています。
ライトノベルは全く読んだことはありませんが、久々の筒井先生の作品ということで購入しました。

一言で言うと、

いつもの筒井康隆です(笑)。

多分、ラノベじゃないような気がします。筒井作品としては、エロやスプラスティックな表現は控えめ。
でもこれが書ける77歳は他にどこにもいないと思います。

先生、お元気そうで何よりです。こんな新作が読めるだけで有り難や、有り難や。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
エロ部分に女性ウケの懸念はあるものの,『文学界の巨人』という看板を横に置けば,
学園コメディに軽めのSFを交えた,短い時間でサラッと読めるお手軽な一冊という印象.
最後に少し説教,皮肉めいたやり取りが見られ,こちらはややありがちにも感じましたが,
そこを除けば,前向きな決意からのズッコケオチまで,ストンとキレイにまとまっています.

問題は横に置いたその看板であり,最後以外はどの章も冒頭の語りが同じであったり,
似た意味の言葉を重ねる書き方や,美少女やエロなどの『ラノベっぽい』部分について,
これが巨人の遊び心なのか,何かしらの揶揄を含むものなのかは判断に悩まされるところ.

ただ,裏を返せば,看板がなければよくある設定とキャラクタ,稚拙な文章となるわけで,
『あとがき(後述)』でのコメントも併せ,なかなか罪作りな作品とも思えてしまいますが,
このあたりは,著者のファン,ラノベのファンなど,読む側によっても違ってくると思います.

なお,話題(?)だったらしいその『あとがき』は,文庫版には収められていないのですが,
...続きを読む ›
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック