ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-r... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,458
価格: ¥ 4,552 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,906 (30%)
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 4,552より 中古品の出品:1¥ 5,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-ray]
  • +
  • ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
総額: ¥7,658
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アル・パチーノ, ロバート・デ・ニーロ, ヴァル・キルマー, ジョン・ヴォイト, トム・サイズモア
  • 監督: マイケル・マン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2017/03/03
  • 時間: 170 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01N0Q0TO9
  • JAN: 4988142248718
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 267位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

パチーノvs.デ・ニーロ
二大アカデミー賞俳優が激突する骨太アクションの傑作が、製作20周年を記念してマイケル・マン監督が監修したデジタルリマスターで甦る!
さらに90分以上の特典映像『映画製作者が語る「ヒート」』とテレビ版吹替音声を初収録!


<キャスト&スタッフ>
ヴィンセント・ハナ…アル・パチーノ(菅生隆之/青野 武)
ニール・マッコーリー…ロバート・デ・ニーロ(津嘉山正種)
クリス・シヘリス…ヴァル・キルマー(山路和弘/大塚芳忠)
ネイト…ジョン・ヴォイト(小林勝彦/中 庸助)
マイケル・チェリト…トム・サイズモア(大塚明夫/牛山 茂)
シャリーン・シヘリス…アシュレイ・ジャッド(深見梨加/渡辺美佐)
ローレン・グスタフソン…ナタリー・ポートマン(坂本真綾/川上とも子)

監督・脚本:マイケル・マン
製作:マイケル・マン/アート・リンソン
製作総指揮:アーノン・ミルチャン/ピーター・ジャン・ブルージ
撮影:ダンテ・スピノッティ,A.I.C.
音楽:エリオット・ゴールデンサール

●字幕翻訳:戸田奈津子
●吹替翻訳:平田勝茂<テレビ朝日版>/日笠千晶<ソフト版>

<ストーリー>
仕事に憑かれて一般的な家庭生活が送れない刑事ヴィンセント。冷徹無比の犯罪組織のボス、ニール。追う者と追われる者、虚々実々の駆け引きとせめぎ合い。やがて二人はそれぞれの抱える孤独のうちに、奇妙な共感を覚える。だが彼らには避けては通れない運命の直接対決が待ち受けていた。

<ポイント>
●パチーノvs.デ・ニーロ
二大アカデミー賞俳優が激突する骨太アクションの傑作が、製作20周年を記念してマイケル・マン監督自身が監修したデジタルリマスターで甦る!
●新規追加特典! 『映画製作者が語る「ヒート」』
・2016年 映画芸術科学アカデミー(約60分)
2016年9月にサミュエル・ゴールドウィン・シアターで行われた、米映画芸術科学アカデミー主催の『ヒート』キャスト・スタッフによるパネルディスカッションを収録!
ホストを務めるのはクリストファー・ノーラン監督。アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・マン監督らキャスト・スタッフを迎えて当時を振り返る。
・2015年 トロント国際映画祭(約35分)
2015年9月、トロント国際映画祭の『ヒート』の試写会で行われた、マイケル・マン監督によるパネルディスカッションを収録!
●テレビ朝日「日曜洋画劇場」版日本語吹替音声を初収録!
「テレビ朝日版」TV吹替音源協力:長谷川圭介、設楽昌文、井原清一郎、今井正幸、(株)フィールドワークス

※本編はマイケル・マン監督が再編集したファイナルカット版(170分)を収録

【Disc-1】
●日本語吹替音声 計約130分(テレビ朝日版)
※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

<特典>
※全てブルーレイディスクのみの収録特典
【Disc-1】
●マイケル・マン監督による音声解説
【Disc-2】
●映画製作者が語る「ヒート」
-2016年 映画芸術科学アカデミー
-2015年 トロント国際映画祭
●ドキュメンタリー
-ストーリーができるまで
-映画化への道のり
-銃撃戦の舞台裏
●対話 - パチーノ&デ・ニーロ
●犯行現場再訪
●未公開シーン集
-ホッケー・シーズンは早く始まる
-近所で一番善良な男
-アルバートとハナ(別テイク)
-強要
-C区画での殺人
-レッツダンス
-遅れて到着
-アンナはどこだ
-輪をかけて最悪な男
-ネイトの手配
-応答なし
●オリジナル劇場予告編集
-オリジナル劇場予告編(1)
-オリジナル劇場予告編(2)
-オリジナル劇場予告編(3)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演したアクション大作。仕事に取り憑かれて一般的な家庭生活が送れない刑事・ヴィンセントと、冷徹無比な犯罪組織のボス・ニールとの避けては通れない壮絶な戦いを描く。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
とは言っても解像度が大幅にアップされたレベルではなく、比較すれば判る程度ですね。
元々シャープさが甘いぼやけた画像でしたが、最近の新作には及ばずです。
ただ、旧盤を買い逃した方は当然買いですね。

日曜洋画劇場版吹替は、当時はレンタルビデオ全盛期で地上波放送はあまり観なくなっていたため、
記憶が無いんですよね。80年代後半頃までのTVの吹替えは思い出があるのですが…。
当時レンタル店に気軽に行けないお子さんだった人には、TV版吹替えは思い入れがあるかもしれませんね。
なお、放送時はカットしまくっているため、カット場面は当然英語音声・日本語字幕に変わります。

特典は、クリストファー・ノーラン監督が進行役の、マイケル・マン監督、パチーノ、デ・ニーロらの対談が
良かったですね。「ボーダー」観てるより遥かに楽しめました。後半にはヴァル・キルマーら共演者が大挙登場し、
当時の思いを熱く語ってくれました。そして、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの魅力を再認識できました。

なお、個人的にはジャケットケースは黒い旧盤のほうが渋くて良かったと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日曜洋画版の吹替が初見だったのでパチーノ=菅生隆之さんのイメージがかなり強かった。
ソフト版の青野武さんは犯罪捜査に取り憑かれたイカレっぷりが強烈でしたが、菅生パチーノの場合、キレて怒鳴るのは数シーンほど。
基本的に冷静沈着な犯罪捜査のプロを演じています。

津嘉山さんのデニーロはホントに渋くてスマートな冷徹なプロの犯罪者。
当時のデニーロ本人はもちろんカッコイイし、津嘉山さんの吹替と合わせてイメージにピッタリはまっている。

この二人がコーヒーショップで初めて対峙するシーンはホントにゾクゾクします。

旧盤BDのレビューでも書いてあるので詳細は省きます。
マイケルマン監督、パチーノ、デニーロを招いてのパネルディスカッション、トロント国際映画祭でのパネルディスカッション。
この二つの特典映像を見るだけでも買う価値は十分にあります。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ray VINE メンバー 投稿日 2016/12/21
メジャースタジオ扱いに戻ったいう感じです。
かつてヘラルド=ポニーで権利獲得して国内流通していたリージェンシー作品は、スタジオ側との権利の更新料がバカ高く、その結果、買い手がなかなかつかずに漂流するケースが多かったですが、FOX社扱いになったことで、今後は安定した供給になるであろうことを期待しています。
あとは『L.A.コンフィデンシャル 』『ホワイトハウスの陰謀 』『評決のとき 』あたりの発売を待っております。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以前ユニバーサルから発売されたブルーレイは所有しているが、再びマイケル・マン監督による監修されたデジタルリマスター版、90分にも及ぶ新規特典、テレ朝の吹替が追加収録ということで購入。

まず、なんと言っても新規収録特典の『映画製作者が語る「ヒート」』は見応えがあり、他の方もレビューに書いているが、この特典だけでも本商品を買う価値がある。米映画芸術科学アカデミーが主催したパネルディスカッションは、クリストファー・ノーランをホストに迎え、前半はアル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・マン監督、後半はヴァル・キルマー、イーディ役のエイミー・ブレネマンをはじめとするキャストと製作、音響、撮影スタッフのディスカッションで60分というボリューム。
さらに、マイケル・マン監督のトロント国際映画祭でのパネルも30分収録されている。

前者はアル・パチーノの撮影秘話、象徴的なコーヒー店でのシーンの撮影、銃撃戦の銃声の録音、夜景のシーンの撮影、それぞれのキャラクターについて、リマスターについてなどなど、今まで収録されていた特典でも聞けなかったような、かなりディープな話が満載。ホストがクリストファー・ノーランというだけあって、撮影方法やフレーム数の話など、聞いているこちらが置いていかれてしまうような話もあり、ファンは必見の映像特典となっている。そ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もうBlu-rayで発売してくれるだけで嬉しいのに!特典が豪華すぎる!パチーノとデニーロがヒートを語ったりテレビ朝日版の吹替を収録したりまさにヒートしてる!
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー