Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 535

¥ 167の割引 (24%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中山七里]のヒートアップ
Kindle App Ad

ヒートアップ Kindle版

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 535
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 187
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 23

商品の説明

内容紹介

七尾究一郎は、おとり捜査も許されている厚生労働省所属の優秀な麻薬取締官。製薬会社が兵士用に開発した特殊薬物〝ヒート〞が闇市場に流出し、それが原因で起こった抗争の捜査を進めていた。だがある日、殺人事件に使われた鉄パイプから、七尾の指紋が検出される......。誰が七尾を嵌めたのか!? 誰も犯人を見抜けない、興奮必至の麻取(マトリ)ミステリ!

内容(「BOOK」データベースより)

七尾究一郎は、おとり捜査も許されている厚生労働省所属の優秀な麻薬取締官。製薬会社が兵士用に開発した特殊薬物“ヒート”が闇市場に流出し、それが原因で起こった抗争の捜査を進めていた。だがある日、殺人事件に使われた鉄パイプから、七尾の指紋が検出される…。誰が七尾を嵌めたのか!?誰も犯人を見抜けない、興奮必至の麻取ミステリ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 656 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2014/8/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MG9UH7E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,235位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
表紙の雰囲気やタイトルからは分らないが、魔女は蘇るの続編的位置づけの作品。
特に前作を読んでいなくても問題ないが、前作のネタを少々割っているので、やはり前作を読んでからの方が人物関係や背景は理解し易い。
麻薬取締官とヤクザが窮地に追い込まれてタッグを組む異色のバディものサスペンス。最期は予想していたのとは全く異なるスケールの大きい展開が楽しめる。
ミステリーとしては特に斬新な趣向はないが、展開がスピーディーなため飽きさせない。
日本の地味な警察捜査ものというよりはハリウッド映画的なプロットで押しまくる作品と言える。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何を期待するのかで、評価が大きく分かれる本だと思います。
私は、まず『カエル男』で
・超サイコな犯人&容赦のない展開
・超痛々しいド迫力の戦闘シーン
・大どんでん返し
という点に魅了され、次に『贖罪の奏鳴曲』で
・超サイコな犯人&容赦のない展開
・超痛々しいド迫力の戦闘シーン
・大どんでん返し
・プラス、「裁判もの」としての面白さもハイレベル!
で更に魅了されまくり!
こんな流れで中山さんのファンになり、3冊目の中山本として本作を読んだわけですが…
こんな感じでした↓
・超痛々しいド迫力の戦闘シーン
・大どんでん返し
・でも「サイコ&容赦無し」ではなく、「魅力的なコンビが繰り広げる
 スピード感溢れる冒険活劇」という感じ
・2つ目のどんでん返しは、たしかに驚いたけど…いきなりすぎないかこれ?
(危うく、気付かずに読み飛ばしそうになった)

ということで、「サイコ&容赦無し」という要素が大のお気に入りだった
私にとっては今ひとつでしたね。
「ヤクザらしからぬヤクザ」の妻&娘が出てきた時は、「絶対にこの二人、
後で惨殺される。中山さんの本だから間違いない!!!
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
非常に面白く、最後まで一気に読破しました。
この作品単体でも楽しめますが、やはり「魔女は蘇る」を先に読んだ方が良いかと。
手に汗にぎる展開と、最後のどんでん返し。作者の意中に心地よくはまりましたw
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
摂取すると恐怖心が消え失せ攻撃性が劇的に高まる新型ドラッグ「ヒート」。普通の人間を一瞬で鉄砲玉に仕立て上げることのできるこの新型ドラッグを巡り、薬物に対して一定の耐性を持つ主人公が奮闘する…というのがざっくりとしたストーリー。作者こそ違いますがつい最近読んだ『ダブル』を彷彿とさせる内容でした。
警察、暴走族、ヤクザ、チャイニーズマフィア、果てはアメリカ…と大小さまざまな組織がヒートを奪取せんと絡んできますが、規模が大きくなりすぎたせいか思ったよりあっさり終わってしまったという印象。しかし次から次へと不測の事態が起きるので中だるみせず一気に読めます。裏組織がたくさん関わってくるわりには心の痛む残酷な展開というのも特にないので、軽くアクション物を楽しみたいという方には最適かも。私はちょっと物足りなかったかな(笑)
人様のレビューを読んで気付きましたがこれ一応続編なんですね。単巻でも問題なく読めますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover