¥ 1,944
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/15

5つ星のうち 4.8 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,950

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち
  • +
  • ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
総額: ¥2,873
ポイントの合計: 29pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

◎アメリカ人が、もうひとつのアメリカを知るためにこぞって読んでいる一冊

◎トランプ支持者、分断されたアメリカの現状を理解するのに、最適の書。

◎タイム誌「トランプの勝利を理解するための6冊」の1冊に選定。

◎トランプ大統領当選直後に、NHKニュースでも紹介。

◎2016年6月の発売以降、連続で「ニューヨークタイムズ」ベストセラーリストに入っています(2017年2月5日現在)。

◎アマゾン・コム、2016年間ベストセラー17位。

◎アマゾン・コムのカスタマーレビューが4640(2017年2月5日現在)。

◎ワールド・エコノミック・フォーラムが選ぶ、「影響力のある人たちが選ぶ読むべき本 トップ10」の第4位にランクイン。

【内容紹介】
無名の31歳の弁護士が書いた回想録が、2016年6月以降、アメリカで売れ続けている。著者は、
「ラストベルト」(錆ついた工業地帯)と呼ばれる、オハイオ州の出身。貧しい白人労働者の家に生まれ育った。
回想録は、かつて鉄鋼業などで栄えた地域の荒廃、自分の家族も含めた貧しい白人労働者階級の独特の文化、
悲惨な日常を描いている。ただ、著者自身は、様々な幸運が重なり、また、本人の努力の甲斐もあり、
海兵隊→オハイオ州立大学→イェール大学ロースクールへと進み、アメリカのエリートとなった。今や
ほんのわずかな可能性しかない、アメリカンドリームの体現者だ。そんな彼の目から見た、白人労働者階級の
現状と問題点とは? 勉学に励むこと、大学に進むこと自体を忌避する、独特の文化とは? アメリカの行く末、
いや世界の行く末を握ることになってしまった、貧しい白人労働者階級を深く知るための一冊。

【本文引用】
私は白人にはちがいないが、自分がアメリカ北東部のいわゆる「WASP(ホワイト・アングロサクソン・
プロテスタント)」に属する人間だと思ったことはない。そのかわりに、「スコッツ=アイリッシュ」の家系に属し、
大学を卒業せずに、労働者階層の一員として働く白人アメリカ人の一人だと見なしている。
そうした人たちにとって、貧困は、代々伝わる伝統といえる。先祖は南部の奴隷経済時代に日雇い労働者として働き、
その後はシェアクロッパー(物納小作人)、続いて炭鉱労働者になった。近年では、機械工や工場労働者として
生計を立てている。
アメリカ社会では、彼らは「ヒルビリー(田舎者)」「レッドネック(首すじが赤く日焼けした白人労働者)」
「ホワイト・トラッシュ(白いゴミ)」と呼ばれている。

内容(「BOOK」データベースより)

ニューヨーク生まれの富豪で、貧困や労働者階級と接点がないトランプが、大統領選で庶民の心を掴んだのを不思議に思う人もいる。だが、彼は、プロの市場調査より、自分の直感を信じるマーケティングの天才だ。長年にわたるテレビ出演や美人コンテスト運営で、大衆心理のデータを蓄積し、選挙前から活発にやってきたツイッターや予備選のラリーの反応から、「繁栄に取り残された白人労働者の不満と怒り」、そして「政治家への不信感」の大きさを嗅ぎつけたのだ。トランプ支持者の実態、アメリカ分断の深層。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 418ページ
  • 出版社: 光文社 (2017/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334039790
  • ISBN-13: 978-4334039790
  • 発売日: 2017/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.3 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 519位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
感銘を受けました。日経の記事で読み、トランプを支持する人たちの生活に興味を持ち、キンドルで購入し、引き込まれてしまうように、あっという間に読み終わりました。自分は、20年前にアメリカで大学院も卒業し、仕事でも頻繁にアメリカに訪れていながらも、ヒルビリーの人たちの考え方、生き方については、全く知りませんでした。米国には、経済的だけではなく、思想的にも、繁栄という言葉から取り残されてしまった人達がいることを改めて認識させられました。特に、恋人との挿話が、彼の生い立ちが如何に普通ではなかったのかを、痛いほど感じさせます。彼は恋人により、ヒルビリーの呪縛から解き放たれたのでしょうね。連休の終わりに読むに値する、考えさせられると同時に、素晴らしい内容でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私はこの本に書かれているヒルビリーの家程ではないが、貧しく暴力的な家で生まれ育った。
今は運良く大企業のおこぼれにあずかれる仕事をしており、エリートと接する機会も多い。
一方、ヒルビリー同様の友人もいる。
そのような私には、この本は自分のことが書かれているようだ。
自分の家庭がなぜ暴力的になったのか、自分がなぜ会社や取引先となんとなく壁を感じるのか、その理由が書かれている。

特に後半、筆者がイェールに入ってから、これまでのヒルビリー社会とエリート社会とのギャップに苦しむ点や、自分の破壊的な考え方の原因の一つに家庭環境があること、その課題をクリアした点等は、私にとって非常に参考になる。

エリートと貧困層のギャップは大きい。
単純に収入ではなく、生き方、考え方そのものが異なる為である。
この点において、非常に有意義なメッセージを伝えてくれる本である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んでいて、思い出した映画がある。プロボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いた『ザ・ファイター』という作品だ。クリスチャン・ベールがウォードにボクシングを教えた薬物依存の兄の役でアカデミー賞助演男優賞を、再婚を繰り返すダメ母の役でメリッサ・レオが助演女優賞を取った。この二人は『ヒルビリー・エレジー』の著者の家族を思い起こさせる。J.D.ヴァンスにとってのボクシングが、海兵隊への入隊だった。親族や友人の誰も大学など行ったことがない貧困地域で、薬物依存で離婚再婚を繰り返す母親に育てられたJ.D.は、未来、希望、自信、といた言葉とは無縁の人生を送ってきた。海兵隊の厳しい訓練を経て「学習性無力感」から抜けだし、「自分自身に力があるという感覚」を初めて体験し、「自分の選択なんて意味がないという思い込み」から脱することができた。そしてオハイオ州立大学を2年足らずで最優秀の成績で卒業する。その後、イェール大学のロースクールに奨学金付きで入学し、人生で会ったこともなかったようなとんでもなく裕福で寛容な人たちと出会い、自身もアメリカのエスタブリッシュメントの一角に居場所を得る。結果的に彼はアメリカンドリームを体現してしまったわけだけれども、依然として母親は薬物依存から抜け出せず、幼馴染は自分の腹を満たすだけの職業にもつけず、自身も子供時代のトラウマから完全には抜け出せていない。
...続きを読む ›
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全米売り上げトップ。トランプ政権がなぜ圧倒的に支持を受けたか。泡沫候補と最初は笑い飛ばしていたが、その答えがここにある。
と言われて、興味がある人が手に取っていると思う。
本のレビューの書き込みも留学経験がある人とか、アメリカ政治にある程度知識がある人のレビューが多い。
私はそんな大それた奴じゃないが、大変面白く読み終えた。
明日資格試験だっていうのに(笑)
旅行では何回か行っている。でもNYやSFやLAX、フロリダとか有名観光地だけ。
そこで見るアメリカはどうやら単なる1面だけだったらしい。
これがホントのアメリカなんだ。
なんか変な話になるかもしれないが、日本人は妙にアメリカコンプレックスがある感じがする。
私だけかもしれないが、アメリカがすべて正しいとか、日本の家は狭く、熱くとか、妙にコンプレックスがある。
なんだ、アメリカ人も同じじゃん。
白人でも食えない奴や仕事を途中放棄して首になったりしてるんだ。
妙に親近感が湧いてきた。
当然だが、すべてがすべてNYの摩天楼を見ながらワイン片手にセントラルパークを見ている奴だけじゃない
当然わかっているんだが、頭で理解しているんだが、納得できなかった感じ。体で。

たけし(ビー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー